武岡トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武岡トンネルと新武岡トンネルの位置図

武岡トンネル(たけおかトンネル)は、鹿児島県鹿児島市田上七丁目から同市武三丁目に至る全長1,506mの国道3号鹿児島バイパス(一般道路)のトンネルである。

既存の武岡トンネルの南寄りにある鹿児島東西幹線道路(自動車専用道路)の新武岡トンネル(しんたけおかトンネル、全長1,513m)についても本項で述べる(新武岡トンネルの節を参照)。また、新武岡トンネルの本線と建部インターチェンジのランプ部が合流する部分の掘削断面積は378m2であり、日本一の掘削断面積となっている[1][2]

武岡トンネルが鹿児島市街地方向(下り線)、新武岡トンネルが鹿児島IC方向(上り線)として鹿児島東西幹線道路の下り線トンネルの開通まで暫定的に一体となった運用が行われている。

武岡トンネル[編集]

武岡トンネル
Takeoka Tunnel From Kagoshima Interchange side.jpg
鹿児島IC側より武岡トンネルを望む
概要
位置 日本の旗 鹿児島県鹿児島市
座標 北緯31度35分0.8秒
東経130度31分44.6秒
現況 供用中
所属路線名 Japanese National Route Sign 0003.svg国道3号鹿児島バイパス
起点 鹿児島県鹿児島市田上七丁目
終点 鹿児島県鹿児島市武三丁目
運用
開通 1988年3月29日
所有 国土交通省九州地方整備局
通行対象 自動車・原動機付自転車・歩行者
技術情報
全長 1,506m
道路車線数 2車線
設計速度 50Km/h
テンプレートを表示

武岡トンネル(たけおかトンネル)は、1988年昭和63年)に供用が開始された国道3号鹿児島バイパスにあるトンネル。九州自動車道南九州西回り自動車道指宿スカイラインなど高規格道路の結節点である鹿児島インターチェンジと鹿児島市街を結ぶ交通の要衝となっている。

下り線として運用される武岡トンネルには歩道が設置されており、両側出口までの歩行者及び自転車の通行が可能である。自動車専用道路ではないため、125cc以下の第一種原動機付自転車(原付)及び第二種原動機付自転車(小型二輪車)、50cc以下の自動車であるミニカーは通行が可能である。

武岡トンネルを鹿児島東西幹線道路の一部として整備する計画があり、武岡トンネルの中間部から新しくトンネルを掘削して天保山方面に接続させる案(分岐案)が武岡トンネルの北側にトンネルを新たに掘削する案(山岳トンネル案)と共に検討されているが、分岐案を採用した場合に工事の為武岡トンネルが2年程通行止めとなり周辺の交通状況へ与える影響が大きい他に[3]、事業費が分岐案では570億円、山岳トンネル案では600億円であり30億円程しか差が無く、分岐案にすると工事に伴う通行止めの期間中の経済損失が130億円となると見込まれたことから、天保山町方面への下り線の整備は北側にもう1本トンネルを掘る山岳トンネル案が採用されることとなった[4]

沿革[編集]

  • 1987年昭和62年)7月 - 武岡トンネルが貫通[5]
  • 1988年昭和63年)3月29日 - 九州自動車道及び指宿スカイラインが鹿児島ICまで開通し、同時に鹿児島市街へのアクセス道路として建設されていた国道3号鹿児島バイパスの一部として武岡トンネルが開通[6][7]
  • 2010年平成22年)3月19日 - 田上側出口のランプが九州自動車道及び指宿スカイライン方面へのランプの完成に伴い田上インターチェンジとして供用される[8]
  • 2013年平成25年)9月29日 - 新武岡トンネルの開通に伴い下り方向の一方通行に変更される[9]
  • 2013年平成25年)9月30日 - 車線の塗り替えなどの諸工事が終了し片側2車線となる[10]

深刻な渋滞と新武岡トンネル開通による渋滞の解消[編集]

鹿児島市街地はシラス台地に囲まれた平野部に形成されており、シラス台地が鹿児島市郊外と鹿児島市街地間の交通の阻害要因となっている[11]。このため鹿児島インターチェンジから流入する交通の他に鹿児島市郊外から鹿児島市街へ向けての交通が武岡トンネルに集積することから、渋滞が発生しやすく鹿児島インターチェンジから鹿児島市街地に向かう下りにおいては2005年平成17年)に建部神社前交差点での調査による混雑度の値が2.16(慢性的混雑状態)となっており、1988年昭和63年)の武岡トンネル開通時に比べ1.7倍の交通量に増加している[7]

2013年9月29日の新武岡トンネルの開通に伴い武岡トンネルは下り線専用の片側2車線となり、新武岡トンネル開通前の9月29日朝は下り線が建部神社前交差点から鹿児島西ICまで2.2km渋滞していたのに対し、開通後の9月30日朝には目立った渋滞が見られない程にまで解消され[10]、新武岡トンネル開通前は鹿児島西ICから建部神社前交差点までの所要時間11分であったのが開通後には所要時間が6分となり5分短縮された[12]

交通量[編集]

平日24時間交通量(台)(上下合計)[7][13]

測定場所 昭和63年度
(1988年度)
平成2年度
(1990年度)
平成6年度
(1994年度)
平成9年度
(1997年度)
平成11年度
(1999年度)
平成17年度
(2005年度)
平成22年度
(2010年度)
建部神社前交差点 19,539 26,211 32,816 32,925 34,439 33,945 31,261

ギャラリー[編集]

新武岡トンネル[編集]

新武岡トンネル
Shin-Takeoka Tunnel and Takeoka Tunnel.JPG
供用開始直前の新武岡トンネル
(2013年9月29日撮影)
概要
位置 日本の旗 鹿児島県鹿児島市
座標 北緯31度35分7.1秒
東経130度31分34.4秒
現況 供用中
所属路線名 鹿児島東西幹線道路
起点 鹿児島県鹿児島市田上七丁目
終点 鹿児島県鹿児島市武三丁目
運用
建設開始 2006年2月22日
完成 2012年2月12日
開通 2013年9月29日
所有 国土交通省九州地方整備局
通行対象 自動車
技術情報
設計技師 日鉄鉱コンサルタント
全長 912.25m(本線部)
695.8m(ランプ部)
道路車線数 2車線(一方通行)
設計速度 60Km/h
高さ 4.7m
8.5m
テンプレートを表示

新武岡トンネル(しんたけおかトンネル)は、鹿児島県鹿児島市田上七丁目から同市武三丁目に至る全長1,513m鹿児島東西幹線道路地域高規格道路)のトンネルである。既存の武岡トンネルの南側に並行している。

既存の武岡トンネルが伊集院方面から鹿児島市街方面へ向かう下り専用となり、新武岡トンネルは鹿児島市街方面から伊集院方面へ向かう上り専用となっている[2]

新武岡トンネルは自動車専用道路に指定されており、歩行者、軽車両及び、125cc以下の第一種原動機付自転車(原付)及び第二種原動機付自転車(小型自動二輪車)、50cc以下の自動車であるミニカーは道路法第48条11項の規定により通行できない。歩行者及び軽車両は武岡トンネルの歩道に、その他の車両は県道24号に迂回をする必要が生じる[14]

構造[編集]

武岡トンネルの南側に並行に通っており、本線は2013年時点で田上インターチェンジ付近から建部インターチェンジまでの区間が貫通しており、その先の天保山町甲南インターチェンジ(仮称)方面へ延伸する計画がある。

建部神社付近には建部インターチェンジが設置され、本線と建部神社前交差点からトンネルに向かうランプがある。本線とランプ部が合流する部分の掘削断面積が378m2で、日本一の掘削断面積となっている[1][2]。また山岳トンネルにおける地中での分岐はシラス台地など軟質な地盤では過去に事例がなく、超大断面部及び双設トンネル部においてはトンネルの安定を保つのが難しいことから掘削方法として側壁導坑先進工法が採用された[15]

また、田上インターチェンジ側の坑口から130m区間のトンネル直上は土被りが17m程と浅く、地表には住宅地である武岡団地があり家屋が密集しており、地表面沈下対策が執られた[16]

歴史[編集]

当初は2009年度末の供用開始を予定していたが、軟弱な地質であるシラスから構成される台地を掘削することから、掘削工事が難航し2012年度末供用開始に延期され、2011年末頃には一部で亀裂が発生したほか、掘削面の一部が崩壊したことから、地盤が予想以上に軟弱であることが判明し補修工事が必要となり、2013年末供用開始予定に延期された[17]

2012年2月12日には新武岡トンネルの貫通式が行われ[2][18][19]2013年9月29日に供用が開始された[9]

沿革[編集]

ギャラリー[編集]

[編集]

鹿児島東西幹線道路(鹿児島東西道路)
(29)鹿児島IC - 田上IC - 新武岡トンネル - 建部IC

新設トンネル[編集]

既存の武岡トンネルの北側に並行して建設を予定している鹿児島県鹿児島市田上七丁目から同市上荒田町甲南IC)に至る全長約2,700mの鹿児島東西幹線道路のトンネルの仮称である[3]

開通後は鹿児島ICから甲南ICへ向かう下り線専用の自動車専用道路となる予定であり、新武岡トンネル延伸部が開通した際には新武岡トンネルが上り線専用の自動車専用道路となり新設トンネルと一体となった運用が行われる予定である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 記者発表 田上小学校5年生の児童達による新武岡トンネル(国道3号鹿児島東西道路)の見学会を実施します! - 国土交通省鹿児島国道事務所 2011年8月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『南日本新聞』 2012年2月14日付 4面(新武岡トンネル貫通)
  3. ^ a b 『南日本新聞』2013年6月4日付 1面(山岳トンネル案採用へ)
  4. ^ 『南日本新聞』2013年9月7日付 4面(新設トンネルに決定、東西幹線道・田上-甲南間)
  5. ^ かごしま市民のひろば 1987年(昭和62年12月号)第247号 (PDF) - 鹿児島市(鹿児島市広報デジタルアーカイブ) 2012年12月2日閲覧。
  6. ^ かごしま市民のひろば1988年 (昭和63年3月号) 第250号 (PDF) - 鹿児島市(鹿児島市広報デジタルアーカイブ) 2012年11月28日閲覧。
  7. ^ a b c 国道3号 鹿児島東西道路 - 国土交通省鹿児島国道事務所 2013年5月2日閲覧。
  8. ^ 国道3号鹿児島東西道路の田上インターチェンジが3月19日(金)から通行できます!! (PDF) - 九州地方整備局鹿児島国道事務所、2013年8月29日閲覧。
  9. ^ a b c 『南日本新聞』 2013年9月30日付 1面(新武岡トンネル開通)
  10. ^ a b 『南日本新聞』 2013年10月1日付 26面(新武岡トンネル、朝夕の渋滞解消 内部標識に苦情)
  11. ^ 鹿児島東西道路の整備について ~ 現 状 ~ 資料1 (PDF) - 国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所、2013年9月27日閲覧。
  12. ^ 『南日本新聞』 2013年10月12日付 3面(新武岡トンネル開通効果、時短5分、交通量12%増)
  13. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(鹿児島県) (PDF)”. 国土交通省道路局. 2013年5月2日閲覧。
  14. ^ 『南日本新聞』 2013年8月30日付 31面(来月開通新武岡トンネル、原付き通れぬ)
  15. ^ 未固結シラス地山における道路トンネル分岐施工 –鹿児島3号新武岡トンネルの事例- (PDF) - 国土交通省、2013年9月27日閲覧。
  16. ^ しらす地山でのトンネル掘削における周辺地山挙動に関する一考察 (PDF) - 多寳徹・鈴木雅行・河邉信之・北村良介(土木学会掲載)、2013年9月27日閲覧。
  17. ^ a b 『南日本新聞』 2011年12月1日付 1面
  18. ^ a b 新武岡トンネル貫通式 - 南日本放送 2012年2月13日閲覧。
  19. ^ a b 「新武岡トンネル」貫通式 - 鹿児島テレビ 2012年2月13日閲覧。
  20. ^ 鹿児島東西道路(鹿児島IC〜建部IC)が開通します!! (PDF) (九州地方整備局鹿児島国道事務所2013年8月28日発表、同日閲覧)
  21. ^ 『南日本新聞』 2013年8月6日付 24面(来月末にも利用開始、新武岡トンネル3か月前倒し)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]