比叡山 (宮崎県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
比叡山
標高 760 m
所在地 日本の旗 日本 宮崎県延岡市北方町
位置 北緯32度39分10.5秒
東経131度26分51.9秒
座標: 北緯32度39分10.5秒 東経131度26分51.9秒
山系 大崩山地
の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

比叡山(ひえいざん)は宮崎県延岡市北方町に位置する標高760mのである[1][2]。なお、山頂については、本来は、標高918mの三角点のある地点[註釈 1]を山頂とするのが正しいが、登山者の大部分は西の標高760m地点への到達をもってして、登頂とすることが多いという[註釈 2][2]

概略[編集]

宮崎県北部にある大崩山を中心として、矢筈岳丹助岳などともに大崩山地を構成するこの山は、1000mには、遠く及ばない標高ではあるものの、一枚岩からなる花崗岩の連なりが生んだ独特の山容と、その山容が織りなす中国山水画のような渓谷美、そして、760m地点からの展望が非常に優れていることなどから、名勝にも指定されているほどである[1][2][3]五ヶ瀬川支流の一つ、網ノ瀬川を挟んで、矢筈岳と向かい合うその様相は、まるで門柱のようであるという[2]1939年に国の天然記念物にも指定されたこの山独特の山容と花崗斑岩質の岩が生み出したロッククライミングに最適な岩場の数々は、秩父山地瀬戸内海沿岸に点在する各岩場を軽く凌駕する規模のものである[2][4][5]。それゆえに、この山は西日本を代表するロッククライミングの殿堂としても有名である[2]。また、4月中旬から下旬にかけては、オンツツジコバノミツバツツジアケボノツツジヒカゲツツジの、あわせて4種のツツジが同時に咲き乱れるため、その美しさからクライミングのメッカとしてのみならず、花の山としてもつとによく知られている[1]。また、クライミングのメッカとして知られている一方で、足場は悪いものの一般向けの登山道も整備されており、岩壁にそって伸びる道に従って歩けば、岩登りをせずとも、山頂に立つこともできる[1]

脚註[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 位置情報 : 北緯32度39分7.9秒 ・ 東経131度27分43.5秒の地点。参考(ウォッちず)国土地理院
  2. ^ この記事においても、標高760m地点を以って山頂としている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 月刊『山と溪谷』2013年5月号
  2. ^ a b c d e f 比叡山 (ヤマケイオンライン 2013年4月20日閲覧)
  3. ^ 比叡山 宮崎県地場産品ポータルサイト みやざき地どれ市場 2013年3月31日閲覧
  4. ^ 比叡山CLIMBING-net 2013年4月21日閲覧)
  5. ^ トップページ >> 観光名所 >> 比叡山(ひえいざん) (郷ナビ(宮崎観光コンベンション協会) 2013年4月11日閲覧)