古祖母山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古祖母山
Mt.Furusobosan.jpg
標高 1,633.1 m
所在地 日本の旗 日本
大分県豊後大野市緒方町
宮崎県西臼杵郡高千穂町
位置 北緯32度48分09.8秒
東経131度21分51.5秒
座標: 北緯32度48分09.8秒 東経131度21分51.5秒
山系 祖母傾山系
古祖母山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

古祖母山(ふるそぼさん)は、大分県豊後大野市緒方町宮崎県西臼杵郡高千穂町との境にあるである。標高1,633.1m。

概要[編集]

祖母山から、間に障子岳を挟んで、南側に位置する。頂上は南北2つの峰からなり、最高点は三等三角点のある南峰。

伝承では、神武天皇の祖母である豊玉姫が、この山に降臨した後に、祖母山へと移ったとされ、それが山名の由来となっている。

緒方町尾平登山口等からの登山道があるほか、祖母傾縦走の経路でもある。

外部リンク[編集]