横浜市中央卸売市場南部市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜港 > 横浜市中央卸売市場 > 横浜市中央卸売市場南部市場
南部市場正門付近

横浜市中央卸売市場 南部市場(よこはましちゅうおうおろしうりしじょう なんぶしじょう)は、神奈川県横浜市金沢区鳥浜町にかつて存在した横浜市の中央卸売市場2015年(平成27年)3月31日中央卸売市場としては廃止となり、横浜市中央卸売市場 本場神奈川区山内町)へ統合。以降は民営化され、「横浜南部市場」に改称されている[1]

概要[編集]

横浜市民を中心とする地域住民(湘南方面・三浦半島)のための流通拠点として「卸売市場法」に基づき開設・運営されていた市場である。1973年昭和48年)開場。1987年(昭和62年)には全国で初めて市場に面した海から海水をくみ上げて利用する「活魚用海水供給施設」が造られる。

2010年平成22年)には、2014年(平成26年)度までに南部市場を本場に統合する中央卸売市場の再編計画が横浜市経済局により発表された[2]2013年(平成25年)2月に公表された進捗状況では、計画通り2014年度末までに南部市場を中央卸売場としては廃止し、本場の一部整備が完了するが、統合に伴う本場全体の整備完了および供用開始は2016年(平成28年)度になるとしている[3]。このスケジュール通り南部市場は2015年(平成27年)3月末で廃止となり、本場に統合された[4](詳細は「横浜市中央卸売市場#統合・再編計画」を参照)。

当市場廃止後の活用については「本場を補完する加工・配送および流通の場」(前述の通り民営化され「横浜南部市場」に改称)とする他、「賑わいを創出するエリア」(「」に関連した集客施設等)として跡地の一部を整備する方針である[5]。また、花き部は民営地方卸売市場「花き地方卸売市場横浜南部」として開場している[6]

施設[編集]

中央卸売市場廃止以前の施設概要

  • 敷地総面積:168,227平方メートル
  • 水産物部
  • 青果部
  • 花き部
  • 冷蔵庫棟
  • バナナ発酵室
  • 関連商品売場(関連棟)
  • 食品衛生検査所

イベント[編集]

中央卸売市場の頃(廃止以前)に開催されていたイベント
  • 横浜南部市場まつり(毎年10月に開催)
    雨天決行・入場無料。本場の「横浜市場まつり」と同時開催されていた。
民営化後に開催されているイベント
  • 横浜南部市場大感謝祭(毎年10月〜11月頃に開催)[7]
    民営化後も「横浜南部市場まつり」を引き継ぐイベントとして、「横浜南部市場大感謝祭」が開催されている。
    2015年11月29日に第1回目となる「大感謝祭」を開催[8]、翌2016年の第2回は10月30日の開催となった[9]

交通[編集]

電車[編集]

バス[編集]

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]