横山龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横山 龍之介
HT-Ryunosuke-Yokoyama.jpg
現役時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県中蒲原郡小須戸町(現:新潟市秋葉区
生年月日 (1988-09-29) 1988年9月29日(30歳)
身長
体重
184 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト4巡目
初出場 2010年6月27日
最終出場 2010年6月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横山 龍之介(よこやま りゅうのすけ、1988年9月29日 - )は、新潟県中蒲原郡小須戸町(現:新潟市秋葉区)出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

日本文理高では、一年生のときからベンチ入り。2006年春の甲子園夏の甲子園にはエースとして出場。センバツでは新潟県勢初勝利を記録し、ベスト8進出に貢献した。

2006年高校生ドラフト4巡目で阪神から指名を受け入団。

プロ入り後[編集]

2007年2008年は二軍でも2年で7試合と登板数が少なかったが、2009年は登板数が増え、二軍で初勝利を挙げる。

投球フォームをサイドスローに変えて挑んだ2010年6月22日に初の一軍昇格を果たし、6月27日東京ヤクルトスワローズ戦でプロ入り初登板。二軍では球団最多登板記録となる50試合に登板し、4勝1敗、防御率2.51、46回2/3を投げ、29奪三振、41被安打、18与四球でWHIP1.26の好成績を残し、球団が制定するファーム年間MVP(投手部門)を受賞するなど成長を見せた。

2011年シーズンは、一軍での登板は無かったが、二軍では35試合に登板し防御率1.06の好成績を記録した。

2012年シーズンも、一軍での登板は無く、二軍で18試合に登板し防御率3.46の成績であった。10月2日に戦力外通告を受け[1]、12球団合同トライアウトを受験したものの獲得球団は無く、現役を引退。引退後は郷里の新潟県へ戻り、胎内市の臨時職員となった[2][3]

選手としての特徴・人物[編集]

140km/h前後のストレートと縦横2種類のスライダーを武器とする上手投げの投手だったが、2009年のシーズンから腕を下げ、サイドスローに近い投法から変化球で打たせて取るピッチングが持ち味になっている。

特技は書道で、3段の実力を持つ。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 阪神 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 1.0 3 1 1 0 0 1 0 0 2 2 18.00 4.00
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 1.0 3 1 1 0 0 1 0 0 2 2 18.00 4.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 68 (2007年 - 2012年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 来季の選手契約について”. 阪神タイガース公式サイト (2012年10月2日). 2012年10月2日閲覧。
  2. ^ 元阪神の横山さん、胎内市で再出発”. 新潟日報 (2013年4月3日). 2013年4月10日閲覧。
  3. ^ 惜別球人 【阪神】横山龍之介 投手”. スポニチ Sponichi Annex (2012年12月14日). 2013年1月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]