大城祐二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大城 祐二
エナジック硬式野球部 コーチ #47
HT-Yuji-Oshiro.jpg
阪神時代(2008年6月27日、阪神甲子園球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県豊見城市
生年月日 (1985-10-07) 1985年10月7日(33歳)
身長
体重
172 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 二塁手遊撃手外野手
プロ入り 2006年 大学生・社会人ドラフト5巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大城 祐二(おおしろ ゆうじ、1985年10月7日 - )は、沖縄県豊見城市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

沖縄水産高校から社会人野球TDK千曲川に進み、2005年には都市対抗野球大会社会人野球日本選手権大会に出場し、選手権予選では1試合5盗塁を決めるなど活躍した。2006年伏木海陸運送の補強選手として2年連続で都市対抗野球大会に出場。俊足のスイッチヒッター、かつ内外野の守備をこなすユーティリティープレイヤーであることが評価され、同年秋の大学・社会人ドラフト5巡目で阪神タイガースに指名され入団。

阪神時代[編集]

1年目の2007年は5月に右太ももの炎症、7月に右手の腱鞘炎と故障が相次ぎ、8月に手術を受けて以降はリハビリテーションに専念したが、二軍のウエスタン・リーグで41試合に出場して出塁率.391、6盗塁(失敗1)と、新人としてはまずまずの成績を残した。守備では二塁手として26試合、外野手として8試合に出場したが、二塁守備では3失策を記録しチームワーストの守備率に終わった。

2008年はウエスタン・リーグで50試合に出場したが打率.200、盗塁を6度試みて4度刺されるなど前年よりも成績を落とした。守備では外野手として32試合、二塁手として11試合に出場したが、前年同様無失策だった外野守備に対して二塁守備ではアーロム・バルディリスと並んでチームワーストの守備率に終わった。また、遊撃手としても1試合だけ出場した。

2009年よりそれまでのスイッチヒッター登録から左打ちに専念し、二軍で71試合に出場。打率.165, 本塁打2の成績だった。

2010年6月に結婚するが、このシーズンは野原将志らの台頭で出場が少なく結果が残せず、入団より一度も一軍出場のないまま10月1日に戦力外通告を受けた。12月3日に福岡ソフトバンクホークスと育成選手として契約した[1]。また、左打ちから再びスイッチヒッターとなった。

ソフトバンク時代[編集]

2011年10月9日に戦力外通告を受け[2]11月7日自由契約公示された。同年12月21日ベースボール・チャレンジ・リーグ福井ミラクルエレファンツへ入団した[3]

NPB退団後[編集]

2012年10月29日、現役引退の申し入れが受理され福井を退団した[4]

その後は、Tigers-aiのゲスト解説者を務める。2016年より、エナジック硬式野球部のコーチを務める。[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

独立リーグでの打撃成績[編集]











































O
P
S
2012 福井 65 221 28 58 3 3 0 67 15 6 2 1 29 5 52 2 .262 .359 .303 .662
通算:1年 65 221 28 58 3 3 0 67 15 6 2 1 29 5 52 2 .262 .359 .303 .662

背番号[編集]

  • 63 (2007年 - 2010年)
  • 135 (2011年)
  • 3 (2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 育成選手入団のお知らせ - 2010年12月3日
  2. ^ 選手契約について”. 福岡ソフトバンクホークス (2011年10月9日). 2011年11月8日閲覧。
  3. ^ 新入団選手のお知らせ”. 福井ミラクルエレファンツ (2011年12月21日). 2011年12月23日閲覧。
  4. ^ 退団選手のお知らせ”. 福井ミラクルエレファンツ (2012年10月29日). 2012年10月30日閲覧。
  5. ^ 大城会長と常務をお迎えしての歓迎会”. エナジック硬式野球部 (2016年2月12日). 2018年6月12日閲覧。

関連項目[編集]