森田朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森田 朗(もりた あきら、1951年(昭和26年)[1] - )は、日本行政学者。津田塾大学総合政策学部教授。専門は、行政学地方自治研究。

兵庫県神戸市出身[1]東京大学大学院法学政治学研究科教授、東京大学公共政策大学院教授、東京大学政策ビジョン研究センター長、同シニア・フェロー、東京大学総長特任補佐、学習院大学法学部政治学科教授を歴任。東京大学公共政策大学院の初代院長、日本行政学会理事長も務めた。2008年(平成20年)に再就職等監視委員会委員に指名されたが参議院が不同意のため任命されなかった。西尾勝に師事[要出典]

経歴[編集]

略歴は以下の通り[2][3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『許認可行政と官僚制』(岩波書店, 1988年)
  • 『現代の行政』(放送大学教育振興会, 1996年/改訂版, 2000年)
  • 『会議の政治学』(慈学社出版, 2006年)
  • 『制度設計の行政学』(慈学社出版, 2007年)
  • 『会議の政治学 Ⅱ』(慈学社出版,2015年)

編著[編集]

  • 『アジアの地方制度』(東京大学出版会, 1998年)
  • 『分権時代の自治体職員(6)アカウンタビリティと自治体職員』(ぎょうせい, 1998年)
  • 『行政学の基礎』(岩波書店, 1998年)
  • 『シリーズ図説・地方分権と自治体改革(1)分権改革と自治体』(東京法令出版, 2000年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • スティーヴン・R・リード『日本の政府間関係――都道府県の政策決定』(木鐸社, 1990年)
  • クリストファー・フッド『行政活動の理論』(岩波書店, 2000年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール”. 2012年3月17日閲覧。
  2. ^ 東京大学学内広報1423号
  3. ^ メンバー紹介 森田朗 東京大学政策ビジョン研究センター

門下生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]