山田雄三 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 雄三(やまだ ゆうぞう、1902年12月20日 - 1996年5月25日)は、日本経済学者(理論経済学)、一橋大学名誉教授。社会保障研究所長、国民年金審議会会長等を歴任。池田内閣所得倍増計画に参画した。

人物[編集]

山梨県出身。1927年旧制東京商科大学(現一橋大学)卒業。福田徳三門下。1929年同助手、1934年同予科教授、1935年助教授、1941年教授。1944年東京商科大学附属図書館[1]。1949年から1963年までは東京経済大学教授を兼任。一橋大学教授、1955年一橋大学経済学部長。66年定年退官。社会保障研究所(現国立社会保障・人口問題研究所)初代所長。

1951年「日本国民所得推計資料」は国民所得分析の先駆的業績。池田勇人政権の目玉政策であった『所得倍増計画』に参加。国民年金審議会会長。

指導学生に松田芳郎(一橋大学名誉教授)[2]小野旭(一橋大学名誉教授)、塩野谷祐一(第12代一橋大学学長)、今井賢一(一橋大学名誉教授、スタンフォード大学名誉フェロー)[3]佐藤隆三創価大学名誉教授)[4]筑井甚吉大阪大学名誉教授)[5]藤野志朗(元中央大学教授)[6]新田政則(元京都産業大学学長)[7]奥口孝二南山大学名誉教授)[8]城山三郎(小説家)[9]など。

妻は森泰吉郎経営学者森ビル創業者)の妹[10]

著書[編集]

  • チューネン分配論の研究 (森山書店 1934年)
  • 計画の経済理論 序説 (岩波書店 1942年10月)
  • 経済学の史的発展 (東洋経済新報社(東洋経済講座叢書) 1947年)
  • ピグー「厚生経済学」 その批判と展開 (春秋社(春秋社経済学選書) 1948年)
  • 資本主義経済計画と社会主義経済計画 (有斐閣(経済学選書) 1948年)
  • 世界各国に於ける国民所得の比較 (アカギ書房 1948年)
  • 富の生産と分配 (三省堂出版(社会科文庫) 1949年)
  • 国民所得の計画理論 (岩波書店 1949年)
  • 社会科学の基礎 「論理的実証主義」の立場にたちて (黎明書房(社会科学選書) 1950年)
  • 経済学はいかに進歩したか 経済学史要 (春秋社 1951年)
  • 経済学の歩み (宝文館(NHK教養大学) 1952年)
  • 日本経済の計画論的考察 (東洋経済新報社 1954年)
  • 経済学 (中央経済社(現代経済知識全集) 1955年)
  • 現代経済学の根抵にあるもの (白桃書房 1955年)
  • 国民所得論 (岩波書店 1959年)
  • 経済学のあゆみ (有信堂(文化新書) 1962年)
  • 経済の成長と型 国民所得の国際比較 (岩波書店 1963年)
  • 社会保障研究序説 (社会保障研究所(社会保障研究所研究叢書) 1968年)
  • 流動する経済体制 自由と計画のあいだ (日本放送出版協会(NHK市民大学叢書) 1970年)
  • 社会保障政策論 (東京大学出版会 1977年5月)
  • 寒蝉 マックス・ウェーバーからG.ミュルダールへ 読書抄録 喜寿記念文集 (中央公論事業出版 1980年4月)
  • 寒蝉 続 経済思想として福祉国家を考える (1985年1月)
  • 寒蝉 第3集 よりよき社会を求めて (1987年2月)
  • 寒蝉 第4集 経済学の転機に臨んで (1989年7月)
  • 寒蝉 第6集 価値・自由・人間を考える (1992年9月)
  • 価値多元時代と経済学 (岩波書店 1994年10月)

共著・編[編集]

  • 国民所得の分析 (日本評論社 1947年)
  • 国民所得の研究 (高橋長太郎森田優三共著 東洋経済新報社(東洋経済講座叢書) 1948年)
  • 所得・貿易の国際比較 (小島清共著 実業之日本社(叢書・経済理論と統計) 1949年)
  • 日本国民所得推計資料 (東洋経済新報社 1951年)
  • 近代経済学辞典 (小泉明篠原三代平共編 春秋社 1954年)
  • 経済分析シムポジウム 第1-8 (久武雅夫共編 日本評論新社 1957年)
  • 経済学の学び方 (板垣与一木村元一共編 白桃書房 1958年)
  • 経済計画 (山田勇共編 春秋社(日本経済の分析) 1960年)
  • 経済成長と産業構造 (塩野谷祐一今井賢一共編 春秋社 1965年)
  • 70年代社会の課題と目標 (至誠堂 1970年)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 「本年度学位授与論文および単位修得論文」
  3. ^ 「一橋大学の産業経営および情報問題の研究について 」一般社団法人如水会
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
  6. ^ 「本年度学位授与論文および単位修得論文」
  7. ^ [4]
  8. ^ [5]
  9. ^ 城山三郎『花失せては面白からず―山田教授の生き方・考え方』
  10. ^ 「実業界と学会にバランス取る 森泰吉郎氏」『日経ビジネス』1974年5月27日号、日経BP社、P.142

参考[編集]

  • 日本人名大辞典
  • 山田雄三「名誉教授山田雄三年譜 (PDF) 」 『一橋論叢』第55巻第1号、1966年1月1日、 155-160頁、2011年7月9日閲覧。