長守善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長 守善(ちょう もりよし、1900年明治33年)5月26日 - 1971年昭和46年)6月8日)は、日本の経済学者[1]中央大学名誉教授、松商学園短期大学第4代学長[2]

経歴[編集]

愛媛県松山市生まれ[3]第四高等学校から、東京帝国大学経済学部に進み[4]1926年に卒業した[1]。大学院在籍ののち満鉄調査部ベルリン大学留学を経て、1948年中央大学教授となり、経済学部長、経済学研究所長(1964年 - 1966年)などを歴任した[1]。その間、1959年に「福祉国家イギリスの研究 その理念、形成、政策」で一橋大学から経済学博士を授与された[5]

中央大学を退職して名誉教授となり[2]1970年4月1日から松商学園短期大学の第4代学長に就任して、4年制大学への昇格を目指すに取り組みに着手したが、在職中の1971年6月8日に急逝した[6]。葬儀は、日本基督教団本郷中央教会で執り行われた[2][6]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 経済的財価値の基礎理論 主観的価値と客観的交換価値 ボェーム・バウェルク 1932. 岩波文庫
  • 近代経済学説史 T.W.ハチスン 山田雄三武藤光朗共訳. 東洋経済新報社、1957.
  • 経済政策の目的 T.W.ハチスン 監訳 東洋経済新報社、1965.

脚注[編集]

  1. ^ a b c 松商学園短期大学三十年史編集委員会、1985、p.65.
  2. ^ a b c “長守善氏、杉谷岩彦氏 訃報”. 朝日新聞・朝刊: p. 3. (1971年6月9日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 松商学園短期大学三十年史編集委員会、1985、p.65.では、東京生まれとある。
  4. ^ 松商学園短期大学三十年史編集委員会、1985、p.65.では、法学部卒業とある。
  5. ^ 福祉国家イギリスの研究:その理念、形成、政策 長守善”. 国立国会図書館. 2016年7月29日閲覧。
  6. ^ a b 松商学園短期大学三十年史編集委員会、1985、p.66.

参考文献[編集]

  • 松商学園短期大学三十年史編集委員会 『松商学園短期大学三十年史』 松商学園短期大学、1985年3月11日、544頁。
  • 『マルク・フラン・ポンド』著者紹介


学職
先代:
竹内良三郎
松商学園短期大学学長
第4代:1970年4月 - 1971年6月
次代:
富永理