久武雅夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久武 雅夫(ひさたけ まさお、1903年明治36年)9月24日 - 2003年平成15年)10月8日)は、日本経済学者。専門は数理経済学学位は、経済学博士(1958年)(学位論文「価格理論の基礎」)。一橋大学名誉教授。国際基督教大学第3代学長。

来歴[編集]

高知県生まれ。東京商科大学(現一橋大学)卒、同教授、一橋大学教授、1958年「価格理論の基礎」で経済学博士の学位を取得。1965年定年退官、名誉教授、1967年から69年まで国際基督教大学学長、名誉教授、駒澤大学教授、1981年定年。日本数理経済学会会長。2003年10月8日、急性呼吸不全のため川崎市川崎区の病院で死去。100歳没[1]。指導学生に藤田忠(元国際基督教大学教授)[2]など。

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 価値と価格の理論の数学的研究 アーヴィング・フィシアー 裳華房 1933
  • 純粋経済学要論 社会的富の理論 レオン・ワルラス 岩波書店 1983.5

脚注[編集]

  1. ^ “久武雅夫氏死去 国際基督教大元学長”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年10月9日). http://www.47news.jp/CN/200310/CN2003100901000051.html 2003年10月9日閲覧。 
  2. ^ 「昭和38年度学位授与・単位修得論文」

参考文献[編集]

  • 久武雅夫博士略歴・著作目録「駒大経営研究」1981-3
先代
鵜飼信成
国際基督教大学学長
1967年 - 1969年
次代
三宅彰