梨本真輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梨本 真輝 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム なしもと まさき
ラテン文字 Masaki Nashimoto
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
所属 NTN陸上競技部
大学 大東文化大学
生年月日 (1993-12-12) 1993年12月12日(24歳)
出身地 日本の旗 千葉県
身長 165cm
体重 63kg
成績
国内大会決勝 日本選手権
4x100mR 7位 (2011年)
4x400mR 6位 (2012年)
自己ベスト
100m 10秒38 (2011年)
200m 20秒97 (2011年)
400m 51秒29 (2013年)
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 陸上競技
ユースオリンピック
2010 シンガポール 100m
アジアユースゲームズ
2009 シンガポール 100m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

梨本 真輝(なしもと まさき、男性、1993年12月12日 - )は日本の陸上競技選手。専門は短距離走千葉県出身。流山市立南部中学校船橋市立船橋高等学校大東文化大学スポーツ科学科卒業。NTN在籍。100mの元日本中学記録保持者であり、2010年ユースオリンピック100mの銀メダリストである。

経歴[編集]

中学時代[編集]

2006年、流山市立南部中学校に進学。

当初はテニス部に入部する予定だったが、顧問が有名だったので陸上部に入部。陸上をやっていた5歳上の兄の記録を抜くことを目標に頑張り、中学2年時にその目標を達成した[1]

1年時から頭角を現すも、100mでは県内に全国トップクラスの実力を持つ同学年のライバルたちがいて常に3番手だった。そのため一時200mや400mに種目変更をしたが、10月のジュニアオリンピックC100mで6位になり、全国大会初で初の入賞を果たした[2]

2年時は、8月の全日本中学校選手権200mで準決勝まで進出。10月のジュニアオリンピックB100m決勝では、昨年のジュニアオリンピックC100m王者であり、8月の全日本中学100m王者である田子大輔に競り勝ち優勝を果たした。

3年時は、7月28日に行われた千葉県中学校総合体育大会100m決勝で10秒67(+2.0)の中学記録(当時)を樹立。8月7日の関東中学校陸上競技大会4×100mリレーでは千葉選抜(小池雄作-綱川隼人-梨本-田子大輔)の3走を務め、41秒26の日本中学記録(混成)を樹立した[3]。同月の全日本中学校選手権100mを制し[4]、10月のジュニアオリンピックA100mも制して中学2冠を達成[5]

高校時代[編集]

2009年、船橋市立船橋高等学校に進学。

1年時は、7月のアジアユースゲームズで初の海外大会を体験して100mで金メダルを獲得[6]。同月のインターハイでは1年生ながら100mで6位入賞を果たした。

2年時は、5月のユースオリンピックアジア地域予選100mで3位に入って本大会の出場権を獲得し[7]、6月16日に本大会の代表に選ばれた[8]。7月のインターハイ100mは5位になり2大会連続の入賞。8月のユースオリンピック100m決勝では、スタートを8人中最速の反応速度(0秒173)で飛び出して終盤までトップに立つが、残り20m付近でジャマイカオディーン・スキーンにかわされた[2]。しかし1位と0秒09差、3位と同タイム着差ありの2位に入り、10秒51の自己記録を出して銀メダルを獲得した[9][10][11][12]。これは全てのカテゴリーのオリンピックと世界選手権を通じ[13]、日本人初の100mでのメダル獲得だった[14]。10月の日本ユース選手権100mでは、決勝で大会記録(当時)を樹立した大瀬戸一馬に0秒09差で敗れ2位に終わったが、200mでは21秒33の大会タイ記録(当時)を樹立して大瀬戸一馬に0秒01差で競り勝ち優勝した[9]

3年時は、5月の千葉県高校総体陸上競技大会100m準決勝で10秒38(+1.3)の自己記録を出した[15]。8月のインターハイでは、100m決勝で大瀬戸一馬やケンブリッジ飛鳥らを破り初制覇[16]。2冠がかかった4×100mリレー決勝では4走を務めて40秒35を記録したが、高校歴代2位(当時)の記録を出した東京高校(40秒20)に敗れ2位[17]。200mでは決勝で唯一の20秒台となる20秒97(-0.4)の自己記録で優勝し、100mとの2冠を達成した[18]。10月の国体少年A100mでは大瀬戸一馬に敗れ2位[19]日本ジュニア選手権100mでも山縣亮太に敗れて2位に終わり[20]、インターハイとの高校2冠を逃した。

大学時代[編集]

2012年、大東文化大学スポーツ科学科へ進学。

1年時は、5月の関東インカレ2部100mでは2位に[21]、2部200mで3位になった[22][23]。6月はアジアジュニア選手権日本代表に選出されたため、日程が被る日本選手権は棄権した。アジアジュニア選手権100mでは決勝に進出するも怪我をして8位、7月の世界ジュニア選手権代表にも選ばれていたが[24]、怪我のため欠場した[25]

2年時は、5月の関東インカレ2部100m決勝では原翔太に競り勝ち(同タイム着差あり)優勝。2部4×100mリレー決勝では2走を務めて40秒17の大会新記録を出すが、平成国際大学と0秒01差の2位に終わった[26][27]

3年時は、6月の日本学生個人選手権100mで3位(同着)になり、大学生になって初めて全国大会の表彰台に上った[28]。3度目の出場となった9月の日本インカレでは、100mで初めて予選を突破して準決勝に進出、4×100mリレーでも初めて予選を突破して7位入賞を果たした[29]

4年時は、5月の関東インカレ2部で100m・200m・4×100mリレーの3冠を達成し、2部の男子最優秀選手に選出された[30]

社会人時代[編集]

2016年、NTNに入社。

記録[編集]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風、-は向かい風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
100m 10秒38 (+1.3) 2011年5月13日 日本の旗 千葉市
200m 20秒97 (-0.4) 2011年8月6日 日本の旗 北上市
400m 51秒29 2013年3月17日 日本の旗 鴻巣市

年次ベスト[編集]

  • 100メートル競走
    • 2006年(中学1年) 11秒68
    • 2007年(中学2年) 11秒07
    • 2008年(中学3年) 10秒67=中学歴代3位
    • 2009年(高校1年) 10秒64
    • 2010年(高校2年) 10秒51
    • 2011年(高校3年) 10秒38=自己ベスト
    • 2012年(大学1年) 10秒47
    • 2013年(大学2年) 10秒53
    • 2014年(大学3年) 10秒46
    • 2015年(大学4年) 10秒44
    • 2016年(社会1年) 10秒60
    • 2017年(社会2年) 10秒60
  • 200メートル競走
    • 2007年(中学2年) 22秒48
    • 2008年(中学3年) 22秒65
    • 2009年(高校1年) 22秒05
    • 2010年(高校2年) 21秒33
    • 2011年(高校3年) 20秒97=自己ベスト
    • 2012年(大学1年) 21秒29
    • 2013年(大学2年) 21秒39
    • 2014年(大学3年) 21秒19
    • 2015年(大学4年) 21秒05
    • 2016年(社会1年) 21秒75
    • 2017年(社会2年) 21秒88

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 (高1) アジアユースゲームズ シンガポールの旗 シンガポール 100m 優勝 10秒82 (-1.2)
4x200mR 予選 DQ (1走)
2010 (高2) ユースオリンピック
アジア予選
シンガポールの旗 シンガポール 100m 3位 10秒85 (-1.6)
ユースオリンピック シンガポールの旗 シンガポール 100m 2位 10秒51 (+0.1) 自己ベスト
動画 - YouTube
メドレーR 5位 1分54秒14 (1走) アジア混成チーム
2011 (高2) 3カ国ジュニア交流室内 日本の旗 大阪市 60m 4位 6秒85
2012 (高3) 日台交流ジュニア室内 日本の旗 大阪市 60m 2位 6秒75
2012 (大1) アジアジュニア選手権 スリランカの旗 コロンボ 100m 8位 12秒69 (-2.3)

日本選手権[編集]

リレー種目日本選手権リレーの成績

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2011 (高3) 第95回 横浜市 4x100mR 7位 40秒36 (1走)
2012 (大1) 第96回 横浜市 4x400mR 6位 3分10秒43 (3走)
2013 (大2) 第97回 横浜市 4x100mR 予選 40秒49 (1走)
2014 (大3) 第98回 横浜市 4x100mR 予選 40秒55 (3走)
2016 (社1) 第100回 名古屋市 100m 予選 10秒90 (-1.4)

その他[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 (中1) ジュニアオリンピック 横浜市 100m 6位 11秒80 (-0.6)
2007 (中2) 全日本中学校選手権 利府町 200m 準決勝 22秒69 (0.0)
ジュニアオリンピック 横浜市 100m 優勝 11秒34 (-2.5)
2008 (中2) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 3位 7秒04
2008 (中3) 全日本中学校選手権 新潟市 100m 優勝 10秒84 (-0.7)
国民体育大会 大分市 100m 3位 10秒86 (+0.7)
4x100mR 優勝 40秒03 (1走)
ジュニアオリンピック 横浜市 100m 優勝 10秒72 (+1.3)
4x100mR 優勝 42秒85 (4走)
2009 (中3) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 優勝 6秒96
2009 (高1) インターハイ 奈良市 100m 6位 10秒68 (+1.1)
国民体育大会 新潟市 100m 準決勝 DNS 予選10秒80 (-0.3)
2010 (高2) インターハイ 沖縄市 100m 5位 10秒88 (-2.1)
200m 準決勝 22秒05 (-0.2)
4x100mR 準決勝 41秒74 (2走)
国民体育大会 千葉市 100m 準決勝 10秒62 (+2.4)
4x100mR 3位 40秒25 (1走)
日本ユース選手権 名古屋市 100m 2位 10秒61 (+1.5)
200m 優勝 21秒33 (+1.0) 大会タイ記録
4x100mR 4位 41秒72 (2走)
2011 (高3) インターハイ 北上市 100m 優勝 10秒50 (-0.5)
200m 優勝 20秒97 (-0.4) 自己ベスト
4x100mR 2位 40秒35 (4走)
国民体育大会 山口市 100m 2位 10秒58 (-0.1)
日本ジュニア選手権 名古屋市 100m 2位 10秒67 (-0.8)
2012 (高3) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 優勝 6秒77
2012 (大1) 織田記念国際 広島市 100m B決勝5位 10秒52 (+1.2)
静岡国際 袋井市 200m 決勝 21秒29 (+1.0)
4x100mR 7位 39秒47 (1走)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 4x100mR 5位 39秒69 (1走)
関東インカレ (2部) 東京都 100m 2位 10秒66 (-1.6)
200m 3位 21秒40 (+0.3)
4x100mR 準決勝 42秒63 (1走)
日本インカレ 東京都 100m 予選 11秒10 (-0.1)
4x100mR 予選 40秒39 (1走)
国民体育大会 岐阜市 4x100mR 準決勝 40秒96 (1走)
日本ジュニア選手権 名古屋市 100m 準決勝 10秒79 (-1.4)
200m 準決勝 21秒63 (+1.6)
2013 (大2) 水戸招待陸上 水戸市 100m B決勝1位 10秒75 (-1.0)
関東インカレ (2部) 東京都
横浜市
100m 優勝 11秒01 (-3.8)
200m 3位 21秒12 (+2.6)
4x100mR 2位 40秒17 (2走)
日本学生個人選手権 平塚市 100m 準決勝 10秒91 (-2.3)
日本インカレ 東京都 100m 予選 10秒80 (+1.2)
4x100mR 予選 40秒41 (1走)
2014 (大3) 出雲陸上 出雲市 100m 5位 10秒56 (+0.6)
関東インカレ (1部) 熊谷市 100m 準決勝 10秒62 (+2.1)
200m 準決勝 21秒38 (+0.8)
4x100mR 6位 40秒01 (1走)
日本学生個人選手権 平塚市 100m 3位 10秒59 (+0.5)
200m 予選 21秒43 (+2.8)
布勢スプリント 鳥取市 100m 7位 10秒55 (+1.8)
トワイライト・ゲームス 東京都 100m 決勝 10秒66 (-0.1)
日本インカレ 熊谷市 100m 準決勝 10秒51 (+0.5)
200m 予選 21秒34 (+1.0)
4x100mR 7位 40秒04 (3走)
2015 (大4) 織田記念国際 (NGP) 広島市 100m 5位 10秒71 (+0.1)
関東インカレ (2部) 横浜市 100m 優勝 10秒52 (+1.0)
200m 優勝 21秒05 (+0.8)
4x100mR 優勝 39秒81 (3走) 大会記録
日本学生個人選手権 平塚市 100m 5位 10秒45 (+0.4)
トワイライト・ゲームス 東京都 100m 6位 10秒49 (+1.3)
4x100mR 6位 40秒25 (3走)
日本インカレ 大阪市 100m 準決勝 10秒69 (+0.5)
4x100mR 予選 39秒90 (3走)
国民体育大会 和歌山市 4x100mR 準決勝 40秒60 (3走)
2016 (社1) 布勢スプリント 鳥取市 100m 決勝 10秒90 (+1.4)
全日本実業団選手権 大阪市 100m 準決勝 10秒66 (+0.5)
4x100mR 3位 39秒58 (1走)
2017 (社2) 水戸招待陸上 水戸市 100m B決勝3位 10秒75 (+1.0)
全日本実業団選手権 大阪市 4x100mR 優勝 39秒06 (1走)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中学記録更新、インターハイ優勝から怪我に泣いた1年間、そして復活の『今』をお聞きしました。/大東文化大学陸”. ガクセイ基地 (2013年12月12日). 2014年10月30日閲覧。
  2. ^ a b あした輝く:ちばRookies 陸上男子百メートル・梨本真輝さん /千葉”. 毎日新聞 (2010年10月19日). 2014年10月30日閲覧。
  3. ^ 日本中学校記録 千葉県小中学校体育連盟陸上競技専門部 (PDF, 83.0 KB) 2014年5月10日閲覧
  4. ^ 第35回全日本中学校陸上競技選手権大会・男子100mリザルト 第35回全日本中学校陸上競技選手権大会・大会公式サイト (PDF, 153 KB) 2014年11月03日閲覧
  5. ^ 第39回ジュニアオリンピック陸上競技大会・2日目リザルト 日本陸上競技連盟 (PDF, 1.9 MB) 2014年11月03日閲覧
  6. ^ 2009年8月1日号 広報ふなばし (PDF, 3.8 MB) 2014年10月29日閲覧
  7. ^ ユースオリンピックアジア地域予選 リザルト 日本陸上競技連盟 (PDF, 80.8 KB) 2014年10月30日閲覧
  8. ^ ユース五輪に梨本ら男女各7人を派遣”. 日刊スポーツ (2010年6月16日). 2013年5月12日閲覧。
  9. ^ a b ユース五輪・陸上100メートルで銀メダル 南部中出身の梨本真輝君”. 流山市公式サイト (2010年10月18日). 2013年5月12日閲覧。
  10. ^ 2012年入学 8期生”. 大東文化大学陸上競技部. 2013年5月12日閲覧。
  11. ^ 【ユースオリンピック】8月21日、日本代表選手団は銀メダル2つ獲得”. 日本オリンピック委員会 (2010年8月21日). 2013年5月12日閲覧。
  12. ^ シンガポールユースオリンピック4日目リザルト”. シンガポール陸上競技連盟 (2010年8月22日). 2014年11月2日閲覧。
  13. ^ オリンピックユースオリンピック世界選手権世界ジュニア選手権世界ユース選手権
  14. ^ 全てのカテゴリーのオリンピックを通じ、日本人初の短距離個人種目でのメダル獲得でもあった。
  15. ^ 男子100mリザルト 千葉陸上競技協会 (PDF, 119 KB) 2014年5月10日閲覧
  16. ^ 男100m梨本が高校で初栄冠/総体”. 日刊スポーツ (2011年8月4日). 2014年10月30日閲覧。
  17. ^ 東京が男子400R歴代2位記録/総体”. 日刊スポーツ (2011年8月5日). 2014年10月30日閲覧。
  18. ^ 男子200m制し梨本短距離2冠/総体”. 日刊スポーツ (2011年8月6日). 2014年10月30日閲覧。
  19. ^ 少年男子100m大瀬戸がV/国体”. 日刊スポーツ (2011年10月7日). 2014年10月30日閲覧。
  20. ^ 2011年日本ジュニア・ユース陸上競技選手権大会・決勝結果一覧 日本陸上競技連盟 (PDF, 405 KB) 2014年11月03日閲覧
  21. ^ 関東インカレ”. スポーツ大東編集部 (2012年5月18日). 2013年5月12日閲覧。
  22. ^ 関東インカレ”. スポーツ大東編集部 (2012年5月23日). 2013年5月12日閲覧。
  23. ^ 100mは佐藤大志(今大会2部100m、2部200m、2部110mハードルの3冠を達成して2部MVPに輝く)と0秒07差の2位、200mは大会記録で優勝した佐藤大志と0秒30差の3位
  24. ^ 世界ジュニア陸上に五輪競歩西塔ら派遣”. 日刊スポーツ (2012年6月27日). 2013年5月12日閲覧。
  25. ^ 短距離で世界の舞台に”. 大東文化大学 (2012年10月). 2013年5月12日閲覧。
  26. ^ 陸上競技部 関東インカレ 男子2部総合優勝で3年ぶり1部昇格”. 大東文化大学 (2013年5月26日). 2014年11月2日閲覧。
  27. ^ 第92回関東学生陸上競技対校選手権大会・決勝結果一覧 関東学生陸上競技連盟 (PDF, 173 KB) 2014年11月03日閲覧
  28. ^ 【陸上競技部】2014日本学生陸上競技個人選手権大会3日目”. スポーツ大東編集部 (2014年6月23日). 2014年11月2日閲覧。
  29. ^ 天皇賜盃第83回日本学生陸上競技対校選手権・記録集 日本学生陸上競技連合 (PDF, 4.0 MB) 2014年11月03日閲覧
  30. ^ 女子総合3位、ユニバーシアード代表に3選手選出-関東インカレ”. 大東文化大学 (2015年5月20日). 2015年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]

記録
先代:
池上洋二郎
楊井佑輝緒
(10秒68)
男子100m
日本中学記録保持者
(10秒67)

2008年7月28日 - 2010年8月23日
次代:
日吉克実
(10秒64)
先代:
神奈川県選抜
(42秒46)
寺尾俊祐、野口修平、田中雄治、鈴木雄大
男子4×100mリレー
日本中学記録保持者(混成)
(41秒26)

千葉県選抜
小池雄作、綱川隼人、梨本真輝、田子大輔

2008年8月7日 -
次代:
未定
受賞
前年:
原翔太
関東インカレ2部
男子最優秀選手

2015年
次年:
柏倉飛鳥
功績
過去:
なし
ユースオリンピック
100m日本人メダリスト
(銀)

2010 シンガポール
2人目:
大嶋健太
(銀)
2014 南京