松山基範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松山基範
熊谷直一[1](左)と松山基範(中央)。1934年の写真。
人物情報
生誕 1884年10月25日
日本の旗 日本大分県
死没 (1958-01-27) 1958年1月27日(73歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学理工科大学物理学科
同大学院
学問
研究分野 地球物理学
古地磁気学
博士課程
指導教員
新城新蔵
志田順
学位 理学博士
称号 京都大学名誉教授
主な業績 地球磁場の反転説を世界で初めて提唱。
主な受賞歴 大阪毎日新聞東京日日新聞寄附東宮御成婚記念賞受賞(1932年)
帝国学士院賞
正三位(1945年)
脚注
謡曲においても造詣が深く、能楽師として今尾 始(いまお はじめ)を名乗った[2]
テンプレートを表示

松山 基範(まつやま もとのり、1884年10月25日 - 1958年1月27日)は、日本地球物理学者古地磁気学者。山口大学初代学長。能楽師京都大学名誉教授。理学博士1918年)取得。

来歴[編集]

大分県宇佐郡駅館村字上田(駅川町を経て現宇佐市)の曹洞宗の寺院雲栖寺の住職であった墨江天外と末原コウの間に出生。当時は、僧職の妻帯は認められていなかったため母の姓を名乗り、1896年に父が山口県豊浦郡清末村(現下関市)の高林寺の住持になると、姓を父方に改めた。少年期を過ごし両親の墓も存在する同地には現在顕彰碑が建てられている[3]。1898年清末尋常小学校高等科を卒業後、山口県尋常中学校豊浦分校に入学。翌1899年山口県立豊浦中学校として分校から独立し、1903年に同校を卒業。広島高等師範学校に進み教鞭をとる志田順と知遇を得る。師範学校卒業後、徳島県阿南市富岡中学校で1年教師を勤め、1907年京都帝国大学理工科大学物理学科入学、在学中の1910年に松山家に養子入りし、同家の息女と結婚し松山姓を名乗る。1911年同大学卒業。そのまま同大学院へ進み新城新蔵志田順の指導を受ける。1912年の志田の論文では共著の第6章で志田数を導き出すのに貢献している。1918年、同大学にて学位取得。1919年5月にシカゴ大学に留学し、氷の荷重による変動を研究。この研究は氷河学の発展に寄与したとされ後年の1960年イギリス南極地名委員会(UK Antarctic Place-names Committee (UK-APC))が業績を称え、南極半島のグレアムランド沖の海中の岩石群をMatuyama Rocksと命名。その後欧州に遊学の後1921年帰国し、翌1922年に創設された京都帝国大学理工科大学地質学鉱物学科第一講座(理論地質学講座)教授に就任。京都大学名誉教授山口大学初代学長。

その他の活動・研究[編集]

兵庫県の玄武洞ほか東アジア各地の岩石の残留磁化を測定し、1929年地球磁場の反転説を世界で初めて唱えた。当時彼の説は世界の学界からほぼ無視されたが、1950年代にイギリスを中心として古地磁気学が大きく発展したことで、その正当性が広く認められることとなった。その功績により、地質時代で最後の逆磁極期(249万~72万年前)は松山逆磁極期と名付けられた。

1930年代測地学の分野でも、朝鮮・満州・台湾・南洋諸島・日本近海の重力測定という業績を残している。特に、1934年10月に海軍の呂五十七型潜水艦ベニング・マイネス型海上重力測定装置を搭載して相模湾から日本海溝上を鋸歯状に航行し、釧路沖まで計29点の測定を実施、1935年10月に伊号第二十四潜水艦 (初代)相模湾より小笠原諸島まで計31点の重力測定を行い、得られた結果は、1936年にエディンバラで開催された国際測地学・地球物理学連合(IUGG) 第6回総会で報告され、松山らの日本海溝における負の重力異常の発見は、国際的に高く評価された[4][5][6][7]

栄典・受賞[編集]

  • 1932年(昭和7年)「重力偏差及岩石磁性に関する地球物理学的研究」で大阪毎日新聞東京日日新聞寄附東宮御成婚記念賞
  • 1945年(昭和20年)1月17日 - 正三位[8]

人物[編集]

謡曲においても造詣が深く、能楽師として今尾 始(いまお はじめ)の名を持つ[9]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京都帝国大学の名誉教授。当時は理学部地質学鉱物学教室理論地質学の助手として松山の研究に携わる。1999年7月没。
  2. ^ 『国立大学法人山口大学』 (PDF)
  3. ^ 松山基範の顕彰碑完成 下関・高林寺で近く除幕式山口新聞 2009年1月7日
  4. ^ 『松山基範先生の足跡 : 地球物理学教室時代を中心として』 (PDF)
  5. ^ 『松山基範に始まる京大地質学鉱物学教室における物理地質学的研究』 (PDF)
  6. ^ 松山基範「ロ號第五十七潜水艦に據る日本海溝上の重力測定」、『地球』第23巻第1号、博多成象堂、1935年、 1-12頁。
  7. ^ 「南洋群島及日本海溝上における重力測定 (一) (二)」、『天文月報』第28巻、1935年、 107-110,125-128。
  8. ^ 『官報』第5438号「叙任及辞令」1945年3月3日。
  9. ^ 『国立大学法人山口大学』 (PDF)

参考文献[編集]

  • 前中一晃 『日も行く末ぞ久しき: 地球科学者松山基範の物語』 文芸社2006年2月15日ISBN 9784286008103
  • Cox, A., R. R. Doell; G. B. Dalrymple. “Reversals of the earth's magnetic field”. サイエンス 144: 1537-1543. 
  • 今村明恒「関東大地震に関する本会の調査事業概要」、『震災予防調査会報告』100号(甲)、1924年、 1-20頁。
  • Matuyama. M (1918). “Determination of the Second Derivatives of the Gravitational Potential on the Jaluit Atoll”. Memoirs of the College of Science (Kyoto Imperial University) 3 (2): 17-68. 
  • Matuyama. M (1920). “On some physical properties of ice”. Journal of Geology 28 (7): 607-631. 
  • Matuyama. M (1929). On the direction of magnetisation of basalt in Japan. 5. Tyosen and Manchuria. Proc. Imp.Acad. Japan. pp. 203-205. 
  • 日本地学史編纂委員会, 編纂.「日本地学の展開(大正 13 年~昭和 20 年) <その 2> ―「日本地学史」稿抄―」、『地学雑誌』第110巻第3号、2001年、 362-392頁。
  • 『理学部・地質学鉱物学科』 地質学鉱物学科、1943年、923-936頁。
  • Shida, T (1912). “On the Elasticity of the Earth and the Earth’s Crust”. Memoirs of the College of Science and Engineering (Kyoto Imperial University) 4 (7): 1-286. 
  • 島田充彦 『阿武山地震観測所と京大高圧実験の歴史−志田順の深発地震存在の発見との関連で』、2010年、8-12頁。

関連項目[編集]