中村正二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 正二郎
人物情報
生誕 1913年5月9日
死没 (1977-12-04) 1977年12月4日(64歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学医学部卒業
学問
研究分野 基礎医学
生化学
研究機関 山口県立医学専門学校
山口大学
京都大学
学位 医学博士
学会 日本電気泳動学会
主な受賞歴 第3回日本電気泳動学会 児玉賞(1964年)
正三位(1977年)
勲二等旭日重光章(1977年)
テンプレートを表示

中村 正二郎(なかむら しょうじろう、1913年5月9日 - 1977年12月4日[1])は、日本の教育者医学者山口大学第5代目学長。専門は基礎医学生化学

略歴[編集]

京都帝国大学医学部卒業。1944年、山口県立医学専門学校(現・山口大学医学部)講師、同校助教授、同校教授を経て、1973年山口大学第5代目学長に就任(1977年まで)。 日本電気泳動学会総会第12回総会長を務めている[2]

論文・研究[編集]

  • 「ディスク電気泳動法による穀類の可溶性たん白質の分析 Disc Electrophoresis of the Soluble Protein Fractions of Cereals」(共著:清水二郎、栄養と食糧、1976年)NII論文ID(NAID) 130003682354 [3]
  • 「リンパ腺蛋白酵素の研究」(京都大学、1949年)NII論文ID(NAID) 500000535774

著書[編集]

  • 『新生化学 改訂第2版』(永井書店、1973年)

追悼論文[編集]

  • 「中村正二郎教授追悼」( 山口大学医学会、1978年6月) [4]が出された。

栄典[編集]

人物[編集]

就任当時は実験機器が不足していた為、必要な物は手作りで補い、実験に取り組んでいた[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引(昭和元年~平成23年)〈2〉学術・文芸・芸術篇』(日外アソシエーツ)p.794
  2. ^ a b 日本電気泳動学会 総会 歴代総会長
  3. ^ CiNii Articles 論文
  4. ^ 中村正二郎教授追悼掲載誌 山口医学 / 山口大学医学会 編 27(2) 1978.06 p.巻頭p1~30
  5. ^ 講座の歴史 山口大学大学院医学系研究科医学専攻 システムズ再生・病態医科学講座