粟屋和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
粟屋 和彦
人物情報
生誕 1922年9月15日
日本の旗 日本 山口県宇部市
死没 (1995-05-11) 1995年5月11日(72歳没)
国籍 日本の旗 日本
学問
研究分野 医学
基礎医学
臨床系内科学
マクロファージ
脳神経科学
神経解剖学
研究機関 山口大学
宇部短期大学
京都大学
学位 医学博士
主な業績 「網内系とマクロファージ系に関する研究」(1976年 - 1978年)[1]
学会 日本技術振興会
日本解剖学会
日本口腔科学会
主な受賞歴 日本医師会医学研究奨励賞(1983年) [2]
テンプレートを表示

粟屋 和彦(あわや かずひこ、1922年9月15日 - 1995年5月11日[3])は、日本の教育者、医学者。山口大学第7代目学長。医学博士(1956年、京都大学にて取得)。

略歴[編集]

山口県宇部市出身[3]。1943年、九州帝国大学附属医学専門部卒業[3]。1955年、山口県立医科大学(現・山口大学医学部)解剖学教室にて「核酸と形質細胞反應」(共著)を著す[4]。1956年、京都大学にて「卵アルブミン刺戟に対するリンパ系の反応様式 : 特にリンパ球造血における二次小節の役割について」で医学博士となる [5]。1965年より山口大学医学部教授、1977年から1981年まで医学部長[3]。1984年同大学第7代目学長に就任(1990年まで)。1990年より宇部短期大学学長[3]。1995年5月11日、急性心不全のため死去[3]

研究・論文[編集]

  • 「造血器細網組織の構造と機能に関する研究」(山口大学医学部、1975年)[6]
  • 「拒否反応の形態学」(日本口腔科学会雑誌、1970年)[7]
  • 『血液・胸腺関門(blood-thymic barrier)は存在するか?』(共訳 粟屋和彦、原田史子、Japanese circulation journal、1970年)[8]
  • 「免疫系の系統発生に関する研究」(山口大学、1983年)

書籍[編集]

  • 『南半球の月ー基礎医学者の随想集』(近代文芸社、1991年)
  • 『尾曽越文亮教授研究業績目録』(山口大学医学部解剖学第一講座開講三十周年記念事業委員会、1979年)[9]

栄典[編集]

  • 1983年 日本医師会医学研究奨励賞を受賞。

人物[編集]

山口大学学長時代、学内や吉田地区周辺の環境整備について、学生の勉学と研究の場にふさわしいものにする為に尽力した[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ KAKEN 網内系とマクロファージ系に関する研究 日本の研究.com
  2. ^ 「日本医師会医学賞」ならびに「日本医師会医学研究奨励賞」一覧
  3. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.33
  4. ^ 粟屋和彦, 池田輝正, 田川二秋, 「核酸と形質細胞反應」『Archivum histologicum japonicum』 8巻 1号 1955年 p.81-86, 国際組織細胞学会, doi:10.1679/aohc1950.8.81
  5. ^ 粟屋和彦, 「卵アルブミン刺戟に対するリンパ系の反応様式 : 特にリンパ球造血における二次小節の役割について」 京都大学 博士論文, [報告番号不明], 1956年, NAID 500000511442
  6. ^ KAKEN 造血器細網組織の構造と機能に関する研究
  7. ^ 日本口腔科学会雑誌 19巻2号 メディカルオンライン
  8. ^ meddic.jp
  9. ^ 新潟大学図書館
  10. ^ 巻頭言 ― 環境整備によせて 学長 粟屋 和彦 - 山口大学