田岡嘉寿彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田岡 嘉寿彦(たおか かずひこ、1894年7月27日 - 1985年7月21日)は、日本弁護士法学者。専門は、私法学。元大阪経済大学理事長。

来歴・人物[編集]

香川県三野郡上高瀬村(現 三豊市高瀬町)出身。旧制香川県立三豊中学校、旧制第三高等学校を経て、京都帝国大学法律科卒業。

1918年(大正7年)京都帝国大学卒業後、1920年(大正9年)大阪地方裁判所判事に任官。1922年(大正11年)大分高等商業学校教授に就任後、1923年(大正12年)イギリス・ドイツに留学。帰国後、彦根高等商業学校教授に転任。

1944年(昭和19年)彦根高等商業学校校長に就任。同年4月に高商を高工(工専)化しようとする軍部の圧力から彦根経済専門学校と改名され、同年5月には彦根工業専門学校へと変更[1]、彦根高等商業学校の最後の校長となった。1945年(昭和20年)11月から1947年(昭和22年)6月まで山口経済専門学校校長を務めた。

GHQにより公職追放となり、1947年(昭和22年)8月に大阪にて弁護士開業。また近畿大学教授に就任。1953年(昭和28年)大阪経済大学教授に転任後、1964年(昭和39年)5月から1974年(昭和49年)4月まで同大学理事長を務めた。その間、彦根高等商業学校教授であった藤田敬三が、1960年(昭和35年)12月から1969年(昭和44年)11月まで大阪経済大学第3代学長を務めた。1979年(昭和54年)同大学退職[2]

また、歌人としても知られ、雅号は、「田岡雁来紅」。1923年(大正12年)「香蘭短歌会」に入り村野次郎に師事する。1966年(昭和41年)近畿地方の歌友と「夢短歌会」を結成し短歌雑誌『夢』を発行。1955年(昭和30年)1月に処女歌集『大閒集』、1970年(昭和45年)11月に第二歌集『風塵抄』を出版。随筆集には、『馬の足跡』、『私の横顔』、『雁来紅漫筆』がある[3]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『会社法綱要』(巌松堂書店)(1932年)
  • 『法学概論』(共著 経大私法研究会)(1955年)
  • 『約束手形法講座』(綜文館)(1959年)
  • 『歌集 風塵抄』(大阪教育図書)(1970年)

脚注[編集]

  1. ^ 『しが彦根新聞』平成25年11月7日付 2015年5月12日閲覧
  2. ^ 『2008年度事業報告書 - 大阪経済大学』 2013年12月27日閲覧
  3. ^ 『雁来紅漫筆』(大阪教育図書)(1976年) 著者略歴

参考文献[編集]

  • 『香川県人物・人名事典』(四国新聞社)(1985年)
  • 『香川県人物・人材情報リスト 2011』(日外アソシエーツ)(2011年)