呂五十七型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呂五十七型潜水艦(L3型)
呂58
艦級概観
艦種 二等潜水艦
艦名
前級 呂五十三型潜水艦(L2型)
次級 呂六十型潜水艦(L4型)
性能諸元
排水量 基準:889トン 常備:920.1トン
水中:1,102.7トン
全長 72.72m
全幅 7.16m
吃水 3.96m
機関 ヴィッカース式ディーゼル2基2軸
水上:2,400馬力
水中:1,600馬力
速力 水上:17.1kt
水中:9.1kt
航続距離 水上:10ktで5,500海里[1]
燃料 重油:98トン
乗員 46名
兵装 短8cm高角砲1門
53cm魚雷発射管 艦首4門
魚雷8本
備考 安全潜航深度:60m

呂五十七型潜水艦(ろごじゅうなながたせんすいかん)は日本海軍潜水艦の艦級。L3型とも。同型艦3隻。

概要[編集]

L2型潜水艦の改良版で、魚雷発射管が45cmから53cmのものに変えられたほか、凌波性向上のため乾舷が高められるなど、艦形に若干の変更が加えられた。また本型からKチューブ(水中聴音機)が装備されている。

全部で3隻が1922年(大正11年)から翌年にかけて竣工した。第二次世界大戦時にはまだ就役していたが、老齢であったため予備艦として扱われ、主に練習潜水艦として活用された。戦争終結後の1945年およびその翌年に米軍によって処分された。

1934年10月に地球物理学者の松山基範は海軍の呂五十七型潜水艦にベーニング・マイネス型海上重力測定装置を搭載して相模湾から日本海溝上を鋸歯状に航行し、釧路沖まで計29点の測定を実施、1935年10月に伊号第二十四潜水艦 (初代)相模湾より小笠原諸島まで計31点の重力測定を行い、得られた結果は、1936年にエディンバラで開催された国際測地学・地球物理学連合(IUGG) 第6回総会で報告され、松山らの日本海溝における負の重力異常の発見は、国際的に高く評価された[2][3][4][5][6]

同型艦[編集]

1922年(大正11年)7月30日竣工(三菱神戸)。当初の艦名は第四十六潜水艇[7]1924年(大正13年)11月1日呂号第五十七潜水艦に改称。終戦時、小豆島甲標的の訓練支援。戦後付近で海没処分。1945年(昭和20年)11月20日除籍。
1922年(大正11年)11月25日竣工(三菱神戸)。当初の艦名は第四十七潜水艇[7]。1924年(大正13年)11月1日呂号第五十八潜水艦に改称。終戦時、横須賀で訓練艦。1945年(昭和20年)9月15日除籍。1945年(昭和20年)10月、清水付近で海没処分。
1923年(大正12年)3月20日竣工(三菱神戸)。当初の艦名は第五十七潜水艇[7]。1924年(大正13年)11月1日呂号第五十九潜水艦に改称。終戦時、大竹海軍潜水学校で訓練艦。1945年(昭和20年)11月20日除籍。1946年(昭和21年)5月、伊予灘で海没処分。

脚注[編集]

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第12巻』による。水中航続力は不明。
  2. ^ 『松山基範先生の足跡 : 地球物理学教室時代を中心として』 (PDF)
  3. ^ 『松山基範に始まる京大地質学鉱物学教室における物理地質学的研究』 (PDF)
  4. ^ 松山基範「ロ號第五十七潜水艦に據る日本海溝上の重力測定」、『地球』第23巻第1号、博多成象堂、1935年、 1-12頁。
  5. ^ 日本地学史編纂委員会, 編纂.「日本地学の展開 (大正13年~昭和20年) 〈その2〉「日本地学史」稿抄」、『地学雑誌』第110巻第3号、日本地学史編纂委員会, 東京地学協会、2001年、 362-392頁。
  6. ^ 「南洋群島及日本海溝上における重力測定 (一) (二)」、『天文月報』第28巻、1935年、 107-110,125-128。
  7. ^ a b c 大正13年11月1日付 海軍大臣官房 官房第3305号。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]