挂甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
挂甲を着用した武人の埴輪群馬県太田市より出土、国宝東京国立博物館所蔵)。

挂甲(けいこう)は、古代日本で用いられたの形式のひとつ。

発掘遺物が残る古墳時代の物が有名であるが、奈良時代の記録に残された「挂甲」という名称を、発掘された小札(こざね)形式に便宜的に当てはめた物で、古墳時代の挂甲が実際にどのような名称であったのかは明らかではない。また奈良時代の記録に残る「挂甲」が実際にどのような物であったのかは遺物が残っていないためこれも明らかではない。しかし現在までの研究ではかなり異なる形式であったという事が明らかになっている。

古墳時代の挂甲[編集]

鉄や革でできた小札を縦横に紐で綴じ合わせて作成され、胴体の周囲を覆い前面や両脇で引き合わせて着用する。や肩鎧・膝鎧などのパーツが付属する。大陸の騎馬民族の鎧の影響が強くうかがえる。

5世紀中頃以降に登場し、「裲襠式挂甲」(くびれがない形式)ののちに「胴丸式挂甲」が登場する。

後にこの挂甲から日本風の大鎧胴丸に変化していったとも考えられている。

奈良時代の挂甲[編集]

古墳時代の挂甲と同じく鉄・革製の小札を綴じ合わせた製造法である点は共通するが、形式はかなり異なっていると推定されている。奈良時代の製造や補修の記録から推定してや肩鎧・膝鎧などのパーツは付属していない可能性が高い。

少なくとも律令時代において、挂甲の訓読みは、「うちかけのよろい」と記されている(『日本思想体系3 律令』 岩波書店 1976年より)。「かけよろい」ともいう。

備考[編集]

  • 日本書紀』の記述として、飛鳥時代壬申の乱(7世紀末)時、「大分君稚臣(おおきだのきみ わかみ)という勇士が、矛を捨て、鎧を重ね着して、刀を抜いて(以下略)、射られながらも敵陣に突入した」といった記述があり、挂甲によって鎧の重ね着が可能となった事が分かる最初の記事である(重ね着をする事によって、余計なものを持たずに突入する戦法の先例でもある)。
  • 延喜式』の記述からも、律令期における挂甲の小札の枚数は大鎧の半分以下であり、造る時間および重量も少なかった。したがって、前述の『日本書紀』の記述にあるように、重ね着をしても歩戦は容易であったと考えられる。馬上鎧である大鎧においても、その弦走の下に腹当といった軽装甲を着用する事例はあるが、この場合、種類が異なる甲での重ね着である。

外部リンク[編集]