挂甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
復元された古墳時代の挂甲と衝角付冑大阪府立近つ飛鳥博物館所蔵)。近年では「札甲」と呼ぶべきとする意見も強まりつつある[1]

挂甲(けいこう/かけよろい/うちかけのよろい[2][注 1])は、古代奈良平安時代日本で用いられた甲(鎧)[注 2]の形式のひとつ。古墳時代の同形態の甲に対しても用いられてきた名称であるが、近年、古墳時代のそれについては「小札甲」または「札甲」として区別すべきとの意見が出てきている。

概要[編集]

鉄製や革製の短冊状の小板である「小札(こざね)」に穿孔し、組紐・革紐で縦横に縅して連接する構造(札造り)の甲である[注 3]。『挂甲』の語は、聖武天皇崩御77回忌にあたる天平勝宝8年6月21日(756年7月22日)に、光明皇太后が亡帝の遺品を東大寺に献納した際の目録『東大寺献物帳』に見え、それによると「短甲10具・挂甲90領」が献納されたとある。

古墳時代の挂甲は、奈良時代の『献物帳』などの史料に記されたこの「挂甲」という名称を、古墳から出土する小札造りの甲に便宜的に当てはめたもので、古墳時代の挂甲が実際にどのような名称であったのかは明らかではない。

また奈良時代の史料にみえる「挂甲」も、実際にどのような姿であったのかは遺物がほとんど残っていないため明確ではなかったが、現在では「裲襠式挂甲」(りょうとうしきけいこう)と呼ばれる形態だったと推定されている[4][1]

古墳時代の挂甲(札甲)[編集]

埴輪 挂甲武人』(国宝東京国立博物館所蔵)。なお、この形式の札甲(胴丸式挂甲)は、奈良時代の「短甲」にあたると考えられている。

研究略史[編集]

古墳出土甲冑についての考古学的な研究史明治期に遡る。1898年(明治31年)に千葉県木更津市祇園大塚山古墳から出土した小札造りの甲(現在、古墳時代の「挂甲」と呼ばれているタイプ)について、小杉榲邨が『東大寺献物帳』にみえる「短甲」であろうと報告したが[5]、3年後の1901年(明治34年)に岡山県小田郡新山古墳から出土した幅広の鉄板を連接した板造り形式の甲を、沼田頼輔有職故実研究の大家として知られていた関保之助の教示を受けて「短甲」と呼んでして報告した[6]。これ以降、古墳時代の板造りの甲を「短甲」、札造りの甲を「挂甲」と呼ぶ傾向が定着していき、1913年(大正2年)には高橋健自が「短甲」「挂甲」の呼び分けを既に用いている[7]

初期の古墳時代研究において、当時代の甲冑形式の枠組みを構築したのは末永雅雄である。末永は、板造り甲と札造り甲の形態的・技術的な分析と分類をしたうえで「短甲」「挂甲」の形式名を定め、今日まで引き継がれる当時代甲冑研究の基礎を築いた[1]。札造り甲については奈良県奈良市円照寺墓山古墳や和歌山県有田市淑古墳(はじかみこふん)の出土例などを検討して「裲襠(両当)式挂甲(りょうとうしきけいこう)」と「胴丸式挂甲(どうまるしきけいこう)」の2形式を設定した[8]

古墳から出土する札甲(挂甲)は、縅紐が腐朽すると形状が崩壊し、小札も銹化してしまうため、部分的にしか残らず全体像の復原が容易でない。そのため研究の進展が遅れていたが、埼玉県行田市埼玉稲荷山古墳奈良県斑鳩町藤ノ木古墳の出土例などの類例増加により、バラバラの状態から全体を復原する方法や、縅紐の連接法などによる分類が可能となり、1980年代頃から研究が進展し始めた。2000年代以降、中国韓国でも札甲の研究が進展したため、東アジア的な視点での形態や技術の分析、系譜論などが検討されるようになってきている[9]

2012年(平成24年)には、群馬県渋川市の金井裏東遺跡で甲冑(小札甲と衝角付冑)を着たまま榛名山火砕流に飲まれた人物が発見されたが、その近くで同時に発見された別の甲冑で、小札が鹿角製(ろっかくせい)のものが見つかり新発見となった[10]

分類[編集]

裲襠式は、小札を紐で連接して構築した2枚の装甲板(札板)を肩上(わたがみ)で繋ぎ、胴の前後にサンドイッチマンのようにかけて装着し、両脇は脇盾(わいだて)状の別部品の装甲で覆うタイプである。

これに対し胴丸式は、小札を縅した札板を、胴に巻き付けるように一周させ、前方で引き合わせて装着するタイプである。「衝角付冑」や「眉庇付冑」などの冑()や、肩甲・膝甲などのパーツが付属する。同時代の板甲(短甲)とはまったく異なる構造をしており、導入時から大陸の技術的影響を強く受けて成立したものとみられている[9]

5世紀中頃以降に登場し「裲襠式挂甲」ののちに「胴丸式挂甲」が登場する[注 4]

用語の問題[編集]

前述の考古学上の研究史に見るように、古墳時代甲冑の形式名称は、奈良・平安時代の文献史料にある語を引用し、板甲に「短甲」、札甲に「挂甲」の語が当てられて成立したものであったが、これについては美術史学者や甲冑研究者の中から早くから問題が指摘されていた[12][13][14][15]。宮崎隆旨による『東大寺献物帳』など史料記載内容からの構造分析によると、史料に見える「挂甲」「短甲」はともに「貫(縅紐)」を用いる製作法であることから両者とも小札甲であり、「挂甲」は脇盾を持つことから考古学にいう「裲襠式挂甲」を表し、「短甲」は縅紐の量の多さから「胴丸式挂甲」を表しており、現在「短甲」と呼ばれているような板造り甲(帯金式甲冑)を示していないことが確実視されている[16]

考古学者の橋本達也(鹿児島大学総合研究博物館)は、東アジア的視点での古墳時代~古代甲冑の研究が志向されている現代において、文献からの明らかな誤用が指摘される「短甲」「挂甲」の語を使用し続けるのは不適切であるとして、美術史界の甲冑研究者である山上八郎や山岸素夫らの呼称法(板物甲、小札甲)や[12][14]、日本の帯金式甲冑と技術的に共鳴関係にある韓国南部の同形態の甲が「板甲」と呼ばれていることを参考として、「板甲」「札甲(または小札甲)」とするべきではないかと提言している[17]

津野仁[18]や内山敏行[19]など、古墳時代~古代の甲冑に対して「小札甲(札甲)」や「板甲」を使用する研究者は増加しつつある。

奈良時代の挂甲(裲襠式挂甲)[編集]

律令時代において挂甲の訓読みは、「うちかけのよろい」また「かけよろい」という[20]

古墳時代の挂甲と同じく鉄・革製の小札を縅して連接した製造法である点は共通するが、製造や補修記録から推定してや肩甲・膝甲などの付属品は具備していない可能性が高い。宮崎隆旨らの文献検討により「裲襠式挂甲」であろうとされている[4]。また、8世紀代の小札は、古墳時代やより後世の小札に比べて細長くなることがわかっている[21]。ただし、奈良時代の甲は小札の一部残欠しか伝存しないため、それが「挂甲」(裲襠式)のものか、「短甲」(胴丸式)のものか判断が困難とされる[22]

平安時代の小札甲[編集]

秋田市教育委員会による1999年(平成10年)度の秋田城跡第72次調査では、小札甲の部品である漆塗りの小札(こざね)が大量に発見された。小札は9世紀前半のもので、革製だと考えられている[23]

備考[編集]

日本書紀』の記述として、飛鳥時代壬申の乱(7世紀末)時、「大分君稚臣(おおきだのきみ わかみ)が、矛を捨て、鎧を重ね着して、刀を抜いて(以下略)、射られながらも敵陣に突入した」といった記述があり、札甲によって甲の重ね着が可能となった事が分かる最初の記事である(重ね着をする事によって、余計なものを持たずに突入する戦法の先例でもある)。

延喜式』の記述からも、律令期における挂甲の小札の枚数は大鎧の半分以下であり、造る時間[注 5]および重量も少なかった。したがって、前述の『日本書紀』の記述にあるように、重ね着をしても歩戦は容易であったと考えられる。馬上鎧である大鎧においても、その弦走の下に腹当といった軽装甲を着用する事例はあるが[24]、この場合、種類が異なる甲での重ね着である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ これに対し、短甲の訓読みは「たんこう/みじかよろい」という。
  2. ^ 古代の甲冑は、考古学用語の慣習上「鎧」・「兜」ではなく「甲」・「冑」と表記される。
  3. ^ 綴(とじ)・鋲留(びょうどめ)が鉄板同士を完全に固定する連接法であるのに対し、縅(おどし)は鉄板に可動性を与えた連接法である[3]
  4. ^ 出土土器との比較から430年(5世紀初め)より以後に登場したと判断されている[11]
  5. ^ 『延喜式』の製作日数からわかる。

出典[編集]

  1. ^ a b c 橋本 2009, pp. 27-30.
  2. ^ 平凡社 2014.
  3. ^ 阪口 2001, p. 35.
  4. ^ a b 宮崎 2006, pp. 6-18.
  5. ^ 小杉 1898.
  6. ^ 沼田 1901, pp. 27-29.
  7. ^ 高橋 1913.
  8. ^ 末永 1934.
  9. ^ a b 清水 2009, p. 22.
  10. ^ 群馬県埋蔵文化財調査事業団 2016, pp. 1-2.
  11. ^ 田中 1991.
  12. ^ a b 山上 & 山岸 1975.
  13. ^ 宮崎 1983.
  14. ^ a b 山岸 & 宮崎 1990.
  15. ^ 橋本 2009, p. 28.
  16. ^ 宮崎 2006, pp. 13-15.
  17. ^ 橋本 2009, p. 30.
  18. ^ 津野 1998a.
  19. ^ 内山 2008.
  20. ^ 岩波書店 1976.
  21. ^ 津野 1998b, pp. 13.
  22. ^ 橋本 2009, p. 29.
  23. ^ 伊藤武士, 「秋田城跡の発堀調査成果」『日本考古学』 2000年 7巻 10号 p.127-137, 日本考古学協会, doi:10.11215/nihonkokogaku1994.7.10_127
  24. ^ 新村 1971.

参考文献[編集]

  • 小杉, 榲邨「上古の甲冑」『考古學會雑誌』第2巻第4号、考古學會、1898年8月。
  • 沼田, 頼輔「備中小田郡眞山古墳発見の鎧について」『考古界』第1巻第2号、考古學會、1901年7月。
  • 高橋, 健自『考古學』聚精堂、1913年8月。NCID BN11481405
  • 宮崎, 隆旨「文献から見た古代甲冑の覚え書き-「短甲」を中心として-」『関西大学考古学研究室開設参拾周年記念・考古学論叢』関西大学、1983年3月。NCID BN02825671
  • 阪口, 英毅「武具の種類と変遷」『季刊考古学』第76巻、雄山閣、2001年8月1日、 34-38頁、 ISSN 02885956
  • 宮崎, 隆旨「令制下の史料からみた短甲と挂甲の構造」『古代武器研究』第7巻、古代武器研究会、2006年12月28日、 6-18頁。
  • 清水, 和明「小札甲の製作技術と系譜の検討」『考古学ジャーナル』第581巻、ニューサイエンス社、2009年1月30日、 22-26頁、 ISSN 04541634NAID 40016610200
  • 橋本, 達也「古墳時代甲冑の形式名称-「短甲」・「挂甲」について-」『考古学ジャーナル』第581巻、ニューサイエンス社、2009年1月30日、 27-30頁、 ISSN 04541634NAID 40016610201
  • 群馬県埋蔵文化財調査事業団, 編纂.「小札甲が鹿角製とわかりました! (PDF) 」 『金井東裏遺跡・甲を着た古墳人だより』第19号、公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団、2016年3月31日、 1-2頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]