戸部良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸部 良一
生誕 日本の旗 日本宮城県
研究分野 歴史学
研究機関 防衛大学校国際日本文化研究センター帝京大学
出身校 京都大学学士修士博士
博士課程
指導教員
高坂正堯
主な受賞歴 吉田茂賞
プロジェクト:人物伝

戸部 良一(とべ りょういち、1948年 - )は、日本歴史学者。専門は日本政治外交史帝京大学文学部史学科教授、国際日本文化研究センター名誉教授防衛大学校名誉教授。昭和戦前・戦時期の日本外交、特に外務省革新派や日中関係、日本陸軍などの研究を行う。また、歴史研究と組織論を組み合わせたノモンハン事件太平洋戦争の学際的研究『失敗の本質』の著者の一人として知られる。猪木正道に師事したことがあるが、猪木が防衛大学校に転任した後、高坂正堯の指導を受けた。

経歴[編集]

学歴[編集]

研究歴[編集]

受賞[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ピース・フィーラー――支那事変和平工作の群像』(論創社 1991年)
  • 『日本の近代(9) 逆説の軍隊』(中央公論新社 1998年)。中公文庫〈シリーズ日本の近代〉 2012年
  • 『日本陸軍と中国――「支那通」にみる夢と蹉跌』(講談社選書メチエ 1999年)。ちくま学芸文庫 2016年
  • 『外務省革新派――世界新秩序の幻影』(中公新書 2010年)
  • 『自壊の病理―日本陸軍の組織分析―』(日本経済新聞出版社 2017年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『近代日本のリーダーシップ 岐路に立つ指導者たち』(千倉書房、2014年)

共編著[編集]

訳書[編集]


外部リンク[編集]