麻田雅文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

麻田 雅文(あさだ まさふみ、1980年 - )は、日本のロシア満洲中国の近現代史研究者、岩手大学准教授。

略歴[編集]

東京都生まれ。2003年学習院大学文学部史学科卒業。2010年北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。2011年「中東鉄道経営史 ロシアと「満洲」、1896-1935年」で博士(学術)。ジョージ・ワシントン大学客員研究員、2013年東北大学東北アジア研究センター教育研究支援者、2015年岩手大学人文社会科学部准教授。専門はロシアと東アジアの近現代史[1]、近現代の日露中関係史[2]、東アジア国際政治史[3]

著作等[編集]

著書[編集]

  • 『中東鉄道経営史――ロシアと「満洲」 1896-1935』名古屋大学出版会、2012年 ISBN 978-4815807115
  • 『満蒙――日露中の「最前線」』講談社選書メチエ、2014年 ISBN 978-4062585835
  • シベリア出兵――近代日本の忘れられた七年戦争』中公新書、2016年
  • 『日露近代史――戦争と平和の百年』講談社現代新書、2018年
  • 蔣介石の書簡外交――日中戦争、もう一つの戦場』上巻、人文書院、2021年 ISBN 978-4-409-51088-9
  • 蔣介石の書簡外交――日中戦争、もう一つの戦場』下巻、人文書院、2021年 ISBN 978-4-409-51089-6

共編著[編集]

解説[編集]

  • (スチュアート・D・ゴールドマン著・山岡由美訳)『ノモンハン 1939――第二次世界大戦の知られざる始点』みすず書房、2013年

脚注[編集]

  1. ^ 『満蒙 日露中の「最前線」』著者紹介
  2. ^ 『シベリア出兵』、『日露近代史』著者紹介
  3. ^ 『蒋介石の書簡外交』著者紹介

外部リンク[編集]