山野博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山野 博史(やまの ひろし 1946年 - )は、日本書誌学者政治学者。専門は書誌学、日本政治史。関西大学法学部特別契約教授、名誉教授。1971年京都大学法学部卒、1976年同大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。法学修士(京都大学)。

三宅雪嶺司馬遼太郎に詳しい。いしいひさいちのファンでもあり、『文藝別冊 総特集・いしいひさいち 仁義なきお笑い』において、「いしいひさいち博覧会」と題していしい関連のコレクションを発表している。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『本は異なもの味なもの』(潮出版社、1996年)
  • 『発掘 司馬遼太郎』(文藝春秋、2001年)
  • 『人恋しくて本好きに』(五月書房、2006年)

共著[編集]

  • 谷沢永一加地伸行)『三酔人書国悠遊』(潮出版社、1993年)
  • (谷沢永一)『知的生活の流儀――人生の深め方について』(PHP研究所、1998年)

共編著[編集]

  • (谷沢永一)『泣菫随筆』(薄田泣菫著、冨山房/[冨山房百科文庫]、1993年)
  • (谷沢永一)『われらの獲物は、一滴の光り』(開高健著、ロングセラーズ、2009年)

共訳書[編集]