しまざき由理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
嶋崎由理から転送)
移動先: 案内検索
しまざき 由理
出生名 嶋崎 由理
別名 嶋崎由理、島崎 由理
生誕 (1956-12-05) 1956年12月5日(60歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市千種区
学歴 1975年 菊華高等学校卒業
1979年 東京女子体育大学卒業
ジャンル 歌謡曲テレビアニメーション主題歌
職業 歌手
活動期間 1968年 - 1982年
2009年 -
レーベル 日本コロムビア
事務所 小学館プロダクション
共同作業者 菊池俊輔
公式サイト columbia.jp/shimazakiyuri

しまざき 由理(しまざき ゆり、1956年12月5日 - )は、日本の歌手である[1][2][3][4][5][6]。本名・旧芸名嶋崎 由理(読み同)[1][2][3][5]島崎 由理の表記も用いられていた[5]日本コロムビア所属[1][3][4]。1970年代には小学館プロダクション(現在の小学館集英社プロダクション)に所属した時期もあるが[3][4]、現在はフリーランス[6]。『ハクション大魔王の歌』(1969年)、『みなしごハッチ』(1970年)、『面影』(1975年)等で知られる[5][6]

概要[編集]

1956年(昭和31年)12月5日、愛知県名古屋市千種区に生まれる[1][3][4]

小学校6年生であった1968年(昭和43年)、フジテレビジョン視聴者参加番組日清ちびっこのどじまん』に出演、グランドチャンピオンになる[3][4][6]。当初は本名の嶋崎 由理で活動する[1][3]。同番組出身の少女歌手には、ほかに堀江美都子、小野木久美子(現在のかおりくみこ)、長谷川よしみ(現在の長谷川コッペ)らがいる。このころキングレコードから『真夏の女の子』をリリースしている。

翌1969年(昭和44年)、フジテレビジョンの『紅三四郎』の2代目エンディング『夕陽の男』を山尾百合子とともに歌い、日本コロムビアから正式に歌手デビューした。1970年(昭和45年)1月、『みなしごハッチ』の録音をしたとき、嶋崎は中学1年生で、ちょうど声変わりの時期だった[7]。その影響で声に艶がなく、最高音が伸びなかった[7]。竜の子プロダクション(現在のタツノコプロ)社長・吉田竜夫、同曲の作詞者・丘灯至夫が見守るなか、何度リテイクしても失敗し、嶋崎はとうとうトイレにこもって泣き出した[7]。その後、歌い直すと、声の艶がもどっており、一発でOKになった[7]。以来「泣かせるとうまく歌う」という評判がたった[7]

1975年(昭和50年)3月、菊華高等学校を卒業、同年4月、東京女子体育大学に進学する[3][4]。同年5月に放映を開始した連続テレビ映画Gメン'75』主題歌、シングル『面影』が7月1日に発売され、同シングルは140万枚を売り上げた[6][8]。同作以降、しまざき 由理と改称する[4]。1981年(昭和56年)、満24歳で見合い結婚[6]浅野ゆう子にしきのあきら、千昌夫らとならび『オールスター大運動会』の常連であったが、1982年(昭和57年)1月の『新春オールスター大運動会』以降、姿を消した[9]

2009年(平成21年)2月23日に放映された、『はっけん たいけん だいすき! しまじろう』第46話『ふしぎなこくばん』の挿入歌『アッパレ!いちばん』を歌った。2014年(平成26年)5月21日、『アフターアワー』『しまざき由理 Gメン'75を歌う』が再発売された[1]

ディスコグラフィ[編集]

日本音楽著作権協会の作品データベース検索結果を参考にした一覧である[5]。特筆以外は日本コロムビアである。

シングル[編集]

嶋崎由理
しまざき由理
  • 面影』/B面『Gメン75のテーマ』 : 1975年7月1日発売(P-418) - 『Gメン'75』エンディング曲、オリコンチャート最高位6位
  • 『追想』/B面『愛の終りの日』 : 1976年7月25日発売(PK-24) - 『Gメン'75』エンディング曲
  • 『我楽苦多ぐらし』/B面『明日は独りで』 : 1977年5月発売(PK-54)
  • 『別離のタンゴ』(わかれのタンゴ)/B面『一度だけ勇気を』 : 1977年9月発売(PK-71)
  • 『愛』 『Gメン'75』挿入歌 : 1978年4月1日発売 - 島かおり 『道』カップリング曲
  • 『遥かな母への讃歌』(B面ピーカブー『あこがれの旅』) : 1980年発売(CK-572) - 『銀河鉄道999』挿入歌
  • 『アゲイン』/B面同インストルメンタル : 1981年7月1日発売(AH-93) - 『Gメン'75』エンディング曲(ピエール・ポルト『黄金色の嵐』のカバー)
  • 『面影』『追想』 : 1994年12月21日発売

アルバム[編集]

  • 『Gメン'75 面影』サウンドトラック : 1975年発売(JDX-7074)、1994年10月1日再発売(COCA-11936)
    • 『面影』『再会』『別離』『出逢い』『孤独』『もう一度』を収録
  • 『追想・面影』 : 1976年12月25日発売(PX-7020)
    • 『追想』『哀愁の小部屋』『再会』『愛の終りの日』『新宿挽歌』『孤独』『面影』『小さな愛を』『もう一度』『青春の傷跡』『出逢い』『別離』
  • 『Gメン'75 遥かなる旅路』菊池俊輔 : 1980年発売(AX-7250)
    • 『面影』『孤独』『もう一度』『別離』『追想』を収録
  • 『アゲイン しまざき由理 Gメン'75を歌う』 : 1981年発売(AF-7070)
    • 『アゲイン』『遥かなる旅路』『レクイエム』『道』『追想』『面影』『蜉蝣』『愛』『漂泊』『愛の終りの日』『男と女のメロディー』
  • 『アフターアワー』 : 1981年発売(AF-7079)、2014年5月21日再発売(COCP-38551)
    • 『別れの情景』『おもいで蜃気楼』『やるせな愛』『紫煙』『アゲイン』『恋はグッドのちバイバイ』『One by One』『抱いて』『濡れた砂』『たわごと』『てさぐりのなかで』
  • 『しまざき由理 Gメン'75を歌う』 : 1994年10月1日発売(COCA-11938)、2014年5月21日再発売(COCP-38550)
    • 『アゲイン』『遥かなる旅路』『レクイエム』『道』『追想』『面影』『蜉蝣』『愛』『漂泊』『愛の終りの日』『男と女のメロディー』『Gメンの誓い』『哀愁の小部屋』『新宿挽歌』『小さな愛を』『青春の傷跡』
  • 『黄金時代シリーズ ちびっこソング編』 : キングレコード、1998年10月9日発売(KICS-2264)
    • 『真夏の女の子』を収録 - 「嶋崎由理」名義
  • 『昭和キッズTVシングルス Vol.8』 : 2003年5月21日発売(COCX-32223/32224)
    • 『あったこともない友だち』『微笑にふれてみたかい』を収録 - 「嶋崎由理」名義
  • 『新造人間キャシャーン全曲集』 : 2004年7月21日発売(COCX-32835)
    • 『戦え少女ルナ』を収録 - 「嶋崎由理」名義
  • 『はっけん たいけん だいすき! しまじろう おやこでハッピー! おでかけツインアルバム』 : 2009年6月24日発売(COCX-35631/35632)
  • 『しまざき由理 オール・タイム・ベスト ~Yuri's Choice~』:2016年11月2日発売(COCX-39741)

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f しまざき由理日本コロムビア、2014年7月15日閲覧。
  2. ^ a b しまざき由理テレビドラマデータベース、2014年7月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『愛と死のパスポート』シングルジャケット記述、日本コロムビア、1974年7月付。
  4. ^ a b c d e f g 『面影』シングルジャケット記述、日本コロムビア、1975年7月1日付。
  5. ^ a b c d e 作品データベース検索サービス検索結果、日本音楽著作権協会、2014年7月15日閲覧。
  6. ^ a b c d e f ベテラン歌手のしまざき由理さん日刊ゲンダイ、2013年4月12日付、2014年7月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e 木村[1999], p.43-46.
  8. ^ 木村[1999], p.174.
  9. ^ 週刊[1981], p.86.
  10. ^ 讀賣新聞夕刊 1981年7月13日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]