山本昇雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 昇雲(やまもと しょううん、明治3年11月9日1870年12月30日〉 - 昭和40年〈1965年5月10日)とは、明治時代から大正時代にかけての浮世絵師日本画家石版画家、報道画家。

来歴[編集]

出自と修行時代[編集]

名は茂三郎。昇雲、松谷、小斎と号す。高知県長岡郡後免町(現・南国市)に旧土佐藩郷士で、古物商を営む家の次男として生まれた。6歳頃から駿河台狩野家・狩野洞白の門人で、山内家の御抱絵師も勤めた柳本圭吾(号「洞素」)に師事する。さらに柳本の斡旋で明治12年(1879年)には狩野永岳門人である河田小龍に絵を学び、入門3年目に小龍から「小斎」の画号を贈られた。その後明治19年(1886年)、大阪に出て陶器の絵付けをしながら絵を独学した。また、明治21年(1888年)19歳の時に上京し、翌年から明治28年(1895年)頃まで南画家滝和亭にも学び、画号を「昇雲」「松谷」に改める。この頃は週2回の横浜の女学校の絵画教師勤めや、三越、貴金属商の天賞堂からの金銀銅器、指輪などのデザイン染織物の原図描きなどをして一家の生計を立てた。

『風俗画報』の報道画家・山本松谷[編集]

明治27年(1894年)、東陽堂のグラフ雑誌『風俗画報』に投稿した「土佐国早乙女図」が編集長の山下重民の目にとまり、『風俗画報』第73号に掲載され、東陽堂の絵画部員として入社。以降毎号のように、「山本松谷」の名義で、『風俗画報』に石版画の挿絵を描くようになった。当時の『風俗画報』の口絵や挿絵は今の報道写真に当たる意味があり、同僚に小林永濯川崎千虎尾形月耕富岡永洗久保田金僊らがいる。これに並行して、明治29年(1996年)9月から明治42年(1909年)3月まで全64編が出版された『風俗画報』の臨時増刊で、江戸時代の名著『江戸名所図会』になぞらえた『新撰東京名所図会』の挿絵により、石版画家としての名声は高まり、表紙、口絵、挿絵などおよそ1300点を描き、報道画家としてその名を知られるようになる。

日本画家・山本昇雲[編集]

昇雲は『風俗画報』の仕事を中心に出版文化の中で活躍するなか、日本画家として展覧会への出品も度々行った。明治31年(1898年)の日本美術院創立第1回展から欠かさず出品を続け、「野路雨」(第8回展)と「富岳」(第10回展)が、一等褒状を受ける。ただし、昇雲の挿絵で鍛えた腕は器用に過ぎ、画風は山水寺崎広業花鳥渡辺省亭、人物は富岡永洗の影響が色濃い。他に、明治39年(1906年)から明治42年(1909年)にかけて、版元大黒屋平吉から刊行された美人画の「いま姿」シリーズが、昇雲の代表作として挙げられる。この「いま姿」は54点の所在が知られ、彫りも摺りも最高の技術を施し、歌川派とは異なる新しい個性を持つ意欲作であった。日本美術院の中堅画家として活躍した昇雲であったが、明治40年(1907年)の第1回文展から官展に移って出品を続け、大正元年(1912年)の第6回文展での「花」(宮内庁が買い上げ)、大正3年(1914年)の第8回文展での「屠蘇」等を出品したことで、大正美人画界の一翼を担っていた。さらに昇雲は明治40年に結成された、高知出身者による美術団体「土陽美術会」の創立会員としても活躍した。

昭和の昇雲[編集]

東陽堂主人の死を機に、明治45年(1912年)12月東陽堂を退社。大正期は日本画家として美人画を描いて注目を集めたが、大正15年第7回帝展に「当たり狂言楽屋振舞の図」を出したのを最後に、昭和元年(1926年)画壇から引退する。しかし、絵は亡くなるまで描き続けており作品数は相当な数に及ぶ。昭和19年(1944年)福井県福井市、ついで越前市疎開。昇雲は求めに応じて絵を描き、地元の人々は昇雲の経歴を知らなかったが、子どもの希望でも快く応じる昇雲に野菜などの食べ物でお礼をしたという。昭和22年(1947年)疎開先から戻り、目黒区に転居し、市井で静かに絵を描き続けた。晩年再び注目され、昭和31年(1956年)8月『美術手帖』の紙上座談会に出席し、木村荘八安藤鶴夫槌田満文と対談。昭和36年(1961年岩田専太郎志村立美らの挿絵協会より挿絵の先駆者として表彰を受ける。昭和40年(1965年)昇雲は94歳の天寿を全うし世を去った。墓所は青山霊園

作品[編集]

錦絵[編集]

  • 「いま姿 おどろき」 大判 松木平吉版 町田市立国際版画美術館所蔵 1906年
  • 「今姿 高砂や」 大判 千葉市美術館所蔵 1906年
  • 「いま姿 ゆり園」 大判 千葉市美術館所蔵 1906年
  • 「いま姿 おどろき」 大判 千葉市美術館所蔵 1906年
  • 「いますがた つるし柿」 大判 千葉市美術館所蔵 1906年
  • 「今すがた 蚊屋の月」 大判 千葉市美術館所蔵 1906年
  • 「いま姿 絵まきもの」 大判 千葉市美術館所蔵 1907年頃
  • 「今すがた ひなまつり」 大判 千葉市美術館所蔵 1907年
  • 「今すがた 花のさと」 大判 千葉市美術館所蔵 1907年
  • 「いますかた 萩の園」 大判 千葉市美術館所蔵 1909年
  • 「今すがた 花やしき」 大判 千葉市美術館所蔵 1909年
  • 「いま姿 寒牡丹」 大判 千葉市美術館所蔵 1909年
  • 「今すがた 小蝶」 大判 千葉市美術館所蔵 1909年
  • 「四季のながめ」 1906年頃
  • 「子供あそび」 1906年12月版行の24点と1907年4月版行の12点の計36点

肉筆画[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
春園美人 絹本彩色 1幅 162.5x84 高知県立美術館 1902年頃
京の春図 絹本彩色 1幅 162.5x83.5 高知県立美術館 1902年頃
佳秋図 絹本彩色 1幅 163.5x84 高知県立美術館 1902年頃
山水 絹本墨画淡彩 1幅 146.8x67.6 ボストン美術館 1900年代
蕗の傘図 絹本彩色 1幅 205x106.6 個人 制作時期不明
享保の頃 絹本彩色 六曲一双 153.2x332、153.4x334.3 高知県立美術館 1914-1919年頃
双艶競芳 絹本彩色 1幅 142.5X56 高知県立美術館 制作時期不明
頼政故事図 絹本彩色 1幅 162x84 高知県立美術館 制作時期不明
秋色さくら・古さとへ・琴のしらべ・雪の庭 絹本彩色 4幅対 150.5x50(各) 土佐山内家宝物資料館 1926年
菊花双鶏 金地彩色 二曲一隻 167x163.3 土佐山内家宝物資料館 制作時期不明
野馬追図 紙本彩色 二曲一隻 203x234 高知県立美術館 制作時期不明
竜虎図 紙本彩色 1幅 140x71 高知県立美術館 1939年
高山彦九郎 紙本彩色 1幅 140x71 高知県立美術館 1939年
天岩戸 紙本淡彩 絵馬1面 91.6x109.1 水間神社 1945年
七福神 板地彩色 絵馬1面 74.5x106.6 八幡神社 1946年
鯉魚を楽しむ・群れ集う唐子の遊び 紙本彩色 六曲一双 171.2x361.5、171.2x362.5 個人 1946年
賢聖之図(賢聖愛鶴・賢聖興鳥) 紙本彩色 六曲一双 171.2x361、171x361.5 個人 1947年
八幡神社御開扉 紙本淡彩 1幅 130x68.2 個人 1947年
平和瑞兆鳳凰図 紙本淡彩 襖4枚表裏8面 168.4x85.2(各) 大鳥神社 (目黒区) 1955年

参考文献[編集]

画集
展覧会図録
雑誌
  • 美術誌『Bien(美庵)』Vol.34(藝術出版社) 特集「忘れられた明治の画家を再評価せよ!!」(柴田是真・小林永濯・渡辺省亭・尾形月耕・山本昇雲) 執筆・悳俊彦 ISBN 4-434-06595-5
概説書

関連項目[編集]