山名文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山名 文夫
Ayao Yamana
Yamana Ayao.jpg
1953年
生誕 1897年7月17日
日本の旗 日本 広島県広島市
死没 1980年1月14日(満82歳没)
日本の旗 日本 東京都
出身校 旧制 和歌山県立和歌山中学校 卒業
赤松麟作洋画研究所 第2期生
職業

イラストレーター
グラフィックデザイナー


プラトン社 図案家
東京広告美術協会 代表
日本工房 図案家
多摩造形芸術専門学校 図案科教授
日本宣伝美術会 初代委員長
日本デザイナー学院 初代学院長
資生堂宣伝部制作室長

山名 文夫(やまな あやお、1897年7月17日 - 1980年1月14日)は、日本のイラストレーターグラフィックデザイナーである。日本のグラフィックデザインの黎明期における先駆者の一人で、大正期から昭和初期にかけてのモダンなアール・デコスタイルで知られ、資生堂の現在にもつづくキーデザイン、紀ノ国屋のロゴ、新潮文庫の葡萄マークのデザインで知られる。

経歴[編集]

1897年(明治30年)7月17日広島県広島市に生まれる。

山名に影響を与えたビアズリー

少年期から竹久夢二北野恒富オーブリー・ビアズリーに憧れ、模写に没頭する。旧制・和歌山県立和歌山中学校(現和歌山県立桐蔭中学校・高等学校)後、1916年(大正5年)[1]大阪へ出て、赤松麟作が主宰する「赤松麟作洋画研究所」第2期生となり、絵画を学ぶ[2]。同研究所の第1期生には佐伯祐三がいた。20歳になる1917年(大正6年)、同人誌『Chocolate』(チョコレート)に加わり、夢二や北野、ビアズリーらの絵に影響を受けた作品や詩を発表した[3]

1923年(大正12年)、「クラブ化粧品」で知られる大阪の化粧品会社・中山太陽堂が併設する出版社「プラトン社」に入社し[1][2]図案家として雑誌『女性』や『苦楽』の表紙装丁やカットなどに腕をふるう。同期入社は、デザイナーには山六郎、編集者には、小山内薫の推薦で入社し、のちに小説家となる直木三十五(当時「直木三十二」)、川口松太郎の2人がいた。1924年(大正13年)、第一回「大阪市美術協会展覧会」に入選。同年、雑誌『サンデー毎日』(毎日新聞社)に挿画を連載し始めた。

参考・アール・デコ建築、クライスラービル

1928年(昭和3年)、プラトン社を退社、翌1929年(昭和4年)、東京・新橋の化粧品会社・資生堂の意匠部に入る[1][2]。プラトン社で培われた実力がここで花開き、アール・デコ調の「モダン・ガール」を資生堂広告紙上で完成させてゆく。西洋のものまねや技術の習得に終始していた修練を終え、大正期の日本に、女性をめぐって起こりつつあった新風俗や新文化にいち早く呼応して、それを目に見えるかたちに置き換えた。

1931年(昭和6年)、34歳になるころ資生堂を退社し、「東京広告美術協会」を設立した。1933年(昭和9年)、写真家土門拳藤本四八、グラフィックデザイナーの河野鷹思亀倉雄策らとともに、写真家の名取洋之助の第2次「日本工房」に参加し[1]、雑誌『NIPPON』のレイアウトなどを行う。このころ、熊田五郎が山名に師事し、ともに『NIPPON』のデザイン等に従事した。

1936年(昭和11年)、「日本工房」を退社して資生堂に戻り、1939年(昭和14年)、東京市世田谷区成城町392番地(現在の東京都同区成城6丁目)に自宅兼アトリエを開いた[4]。このとき資生堂には1943年(昭和18年)まで在籍[4]、その後、「報道技術研究会」(報研)にも参加した。

1945年(昭和20年)、48歳で第二次世界大戦の終戦を迎え、1947年(昭和22年)[1]から1967年(昭和42年)まで、多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学)の図案科教授を務めた。当時の教え子に湯村輝彦がいる。1948年(昭和23年)、資生堂に復帰した[4]。54歳になる1951年(昭和26年)、亀倉雄策、早川良雄らと「日本宣伝美術会」(日宣美)を設立、初代委員長に就任[1]した。69歳になる1965年(昭和40年)には、日本デザイナー学院を設立し、初代学院長を務めた。同年12月、世田谷区成城の自宅兼アトリエを閉じ、終生の住まいとなる多摩市桜ヶ丘に転居した[4]

70歳を迎える1967年(昭和42年)、勲四等瑞宝章を受章した。1969年(昭和44年)、72歳のとき、資生堂の宣伝部制作室長を辞する[5]

資生堂の「花椿マーク」(原型は福原信三)や「de Luxe」(ドルックス)の唐草模様のほか、スーパーマーケットの「紀ノ国屋」のロゴ(1953年)、新潮社の「新潮文庫」の葡萄マーク(1950年)のデザインも手がけている。

1980年(昭和55年)1月14日、死去する。82歳没。山名は愛煙家で、缶ピースを好んだ[4]。亡くなるまで資生堂とかかわり[4]、現役デザイナーとして活躍した。没後、日本宣伝賞委員会(日本宣伝クラブ)が、その年業界の隆盛に功績のあったクリエーターに贈る「日本宣伝賞山名賞」を創設した。

2007年(平成19年)、世田谷美術館に山名文夫の成城時代のアトリエが再現され、会期を終え解体された[4]

山名と資生堂デザイン[編集]

TOKYO GINZA SHISEIDO

有名な資生堂の「花椿マーク」は、意匠部を創設した福原信三が原案を起こし、山名が最終的に完成させたものである。資生堂在職中はもちろん、資生堂退社後も、顧問や宣伝部制作室長として、資生堂の一連の仕事を行い、繊細な女性美を表現した。資生堂のイメージアップに貢献し「資生堂スタイル」のデザインを確立した。1974年(昭和49年)には、主要な漢字と、ひらがな・カタカナ、欧文アルファベットの書体(タイプフェイス)の手引書を作成している(いわゆる、資生堂書体)。資生堂の新入社員のデザイナーは現在も、この手引書をもとに、必ず先輩の指導で、1年間手書き練習して身につけるという[6]

主要展覧会[編集]

  • 「山名文夫展: 永遠の女性像・よそおいの美学」 (目黒区美術館、1998年)
  • 「SHISEIDO ART HOUSE 山名文夫作品展」 (2001年)
  • 「もうひとりの山名文夫」 (ギンザグラフィックギャラリー、2004年 - 2005年)

著作[編集]

  • 愛育文庫10『子供部屋 - 童詩集』 (竹内てるよと共著、愛育社、1949年3月)
  • 『Yamana-Ayao装画集』 (美術出版社、1953年)
  • 『広告のレイアウト』 (ダヴィッド社、1962年)
  • 『山名文夫新聞広告作品集 - イラストレーションとレイアウト』 (ダヴィッド社、1963年)
  • 『山名文夫イラストレーション作品集』 (1971年)
  • 『体験的デザイン史』 (ダヴィッド社、1976年)
  • 『山名文夫作品集 - プラトン社から資生堂まで女性を描いて50年』 (誠文堂新光社、1981年8月 / 1982年6月)

[編集]

  1. ^ a b c d e f ギャラリー「ときの忘れもの」公式サイト内「山名文夫」の記述を参照。
  2. ^ a b c #外部リンク内の「SHISEIDO ART HOUSE 山名文夫作品展」リンク先の記述を参照。
  3. ^ 「財団法人吉田秀雄記念事業財団」公式サイト内の記事、中島祥文大正の美意識と広告デザイン」(『AD STUDIES』Vol.17、p.23、2006年)の記述を参照。
  4. ^ a b c d e f g 世田谷美術館公式ブログ「セタビブログ」内の「こだわりの山名文夫アトリエ再現・その1」(2007年10月19日)の記述を参照。
  5. ^ 資生堂公式サイト内の「資生堂ものがたり」の記述を参照。
  6. ^ 朝日新聞、日曜版「be on Sunday」2面、2008年3月2日付。

主要文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]