河野鷹思

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河野 鷹思(こうの たかし、本名・河野孝[1]1906年3月21日[1] - 1999年3月23日[1])は、日本のグラフィックデザイナーエディトリアルデザイナー。日本における商業デザインの草分けの1人[1]

東京都出身[1]。1929年に東京美術学校(現・東京芸術大学)図案科卒業[1]。同年松竹の宣伝部に入り、その後、ポスター舞台美術、衣裳(コスチューム)、パッケージ、ディスプレイ、(屋外の)サインなど、幅広いデザインをこなした。

名取洋之助の日本工房にも参加し、雑誌NIPPONレイアウトグラフィックデザイン等も担当した。

1940年から1941年にかけては、日本写真工芸社に参加し、『VAN』と『NDI』という対外宣伝誌のデザインを担当した。

戦後は、日宣美(日本宣伝美術会)にも参加。デザイン界の重鎮として活躍を続けた。

また、妻静子とともにデザイン事務所「デスカ・DESKA (DESigners Kono Associates)]を1959年に会社組織として創設。仲條正義福田繁雄江嶋任森下俊彦日下弘らが参加した[2]

札幌オリンピックポスター[1]万国郵便連合100年記念切手[1]大阪万博日本政府館の展示デザインなど[1]を手がけたほか、企業のロゴマークの制作も行う。例えば、旧第一勧業銀行のハート(赤地に白のハート)のロゴマークは、河野の作品である。

1983年11月には、ロイヤルソサエティ・アーツから、ロイヤルデザイナー・フォア・インダストリー英語版に日本人として初めて選出された[1]

教職では、女子美術大学教授(1962年)を経て[1]愛知県立芸術大学で教鞭を執る。1966年講師、1968年教授、1973年客員教授、1983年12月から89年まで学長を務めた[1]。1989年愛知県立芸術大学名誉教授

1999年死去、享年93。

主要文献[編集]

  • 青春図會―河野鷹思初期作品集(川畑直道編、トランスアート、2000年)(紹介
  • 名取洋之助と日本工房[1931-45](白山眞理・堀宜雄・編、岩波書店、2006年)
  • 復刻版NIPPON(全3期)(金子隆一監修、国書刊行会、2002年-2005年)

主要展覧会[編集]

  • 河野鷹思のグラフィック・デザイン 都会とユーモア(東京国立近代美術館・2階ギャラリー4、2005年1月12日から2月27日まで)(紹介

脚注[編集]

関連項目[編集]