鳩彦王妃允子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富美宮允子内親王から転送)
鳩彦王妃 允子内親王
朝香宮
Princess Nobuko Asaka portrait.jpg
1922年頃
続柄 明治天皇第8皇女

称号 富美宮(ふみのみや)
身位 内親王王妃内親王
お印
出生 1891年8月7日
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
死去 (1933-11-03) 1933年11月3日(42歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府東京市芝区白金台町、朝香宮邸
埋葬 1933年11月12日
豊島岡墓地
配偶者 朝香宮鳩彦王
子女 紀久子女王
孚彦王
正彦王
湛子女王
父親 明治天皇
母親 園祥子
テンプレートを表示

鳩彦王妃允子内親王(やすひこおうひ のぶこないしんのう、1891年明治24年)8月7日 - 1933年昭和8年)11月3日)は、日本皇族朝香宮鳩彦王の妃。明治天皇の第8皇女。母は権典侍・園祥子。旧名は允子内親王大正天皇は異母兄、昭和天皇は甥、明仁上皇は大甥、今上天皇は曽姪孫にあたる。

人物[編集]

1891年明治24年)8月7日父帝の明治天皇第8皇女として誕生。母は園祥子1910年(明治43年)4月29日、朝香宮鳩彦王との結婚の勅許が下りる[1]5月5日に勲一等宝冠章受章[2]。翌5月6日、朝香宮鳩彦王と結婚する[3]鳩彦王との間に2男2女を儲ける。1923年大正12年)、夫が留学先のパリでの自動車事故で重傷を負った。この時に運転をしていたのは北白川宮成久王で、成久王は即死、同乗していた実姉・房子内親王も重傷を負った。東京にいた允子内親王も急遽パリに向かうこととなる。その後、夫の静養に同行するとの名目で2年間パリに滞在。そのころ流行していたアール・デコへの造詣を深め、日本帰国後にアール・デコ仕様の新宮邸[注釈 1]を建設するのに尽力した。1933年(昭和8年)10月中旬頃から倦怠感や食欲不振が続き、10月21日に心臓肥大・肝臓腫瘍・気管支炎・腎臓炎性網膜炎等の症状から慢性腎臓炎と診断を受ける[4]。症状は一時快方に向かったが、同月30日から再び悪化し、心臓衰弱・気管支炎の併発によって、11月3日午前1時15分、朝香宮邸にて薨去した[4]11月12日斂葬の儀豊島岡墓地で執り行われた[5]。宮中は允子内親王の喪に服し、翌年の歌会始も中止された。

子女[編集]

系図[編集]

昭憲皇太后 (一条美子) (1849-1914)
 
 
 
 
 
子女無し
 
 
 
 
 
 
葉室光子 (1853-1873)
 
 
 
 
 
 
 
稚瑞照彦尊 (1873・第一皇男子/第一子・死産 )
 
 
 
 
 
 
 
 
橋本夏子 (1856-1873)
 
 
 
 
 
 
 
 
稚高依姫尊 (1873・第一皇女子/第二子・死産 )
 
 
 
明治天皇(第122代天皇)
 
 
 
 
 
 
 
 
梅宮薫子内親王 (1875-1876・第二皇女子/第三子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建宮敬仁親王 (1877-1878・第二皇男子/第四子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明宮嘉仁親王 (1879-1926・第三皇男子/第五子・大正天皇:第123代天皇)
 
 
 
 
 
柳原愛子 (1855-1943)
 
 
 
 
 
 
滋宮韶子内親王 (1881-1883・第三皇女子/第六子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
増宮章子内親王 (1883・第四皇女子/第七子・夭折 )
 
 
 
 
千種任子 (1856-1944)
 
 
 
 
 
 
久宮静子内親王 (1886-1887・第五皇女子/第八子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭宮猷仁親王 (1887-1888・第四皇男子/第九子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常宮昌子内親王 (1888-1940・第六皇女子/第十子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹田宮恒久王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周宮房子内親王 (1890-1974・第七皇女子/第十一子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北白川宮成久王
 
 
 
 
 
 
 
富美宮允子内親王 (1891-1933・第八皇女子/第十二子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝香宮鳩彦王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満宮輝仁親王 (1893-1894・第五皇男子/第十三子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰宮聡子内親王 (1896-1978・第九皇女子/第十四子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇宮稔彦王
 
 
 
 
 
 
 
貞宮多喜子内親王 (1897-1899・第十皇女子/第十五子・夭折)
 
 
 
園祥子 (1867-1947)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
(1852-1912)
在位
1867-1912
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇
(1879-1926)
在位
1912-1926
竹田宮恒久王
(1882-1919)
 
昌子内親王
(1888-1940)
北白川宮成久王
(1887-1923)
 
房子内親王
(1890-1974)
朝香宮鳩彦王
(1887-1981)
 
允子内親王
(1891-1933)
東久邇宮稔彦王
(1887-1990)
 
聡子内親王
(1896-1978)
昭和天皇
(1901-1989)
在位
1926-1989
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇
(1901-1989)
在位
1926-1989
竹田恒徳
(1909-1992)
永久王
(1910-1940)
朝香孚彦
(1912-1994)
盛厚王
(1916-1969)
 
成子内親王
(1925-1961)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上皇
明仁

(1933-)
在位
1989-2019
 
竹田恒正
(1940-)
 
 
 
 
 
北白川道久
(1937-2018)
 
 
 
朝香誠彦
(1943-)
東久邇信彦
(1945-2019)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
徳仁

(1960-)
在位
2019-
 
 
竹田家
 
 
 
 
(男系断絶)
 
 
 
 
朝香家東久邇家


栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 宮邸は、現在の東京都庭園美術館である。

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第8054号、明治43年4月30日(NDLJP:2951405/4
  2. ^ a b 『官報』第8059号、明治43年5月6日(NDLJP:2951410/3
  3. ^ 『官報』第8056号、明治43年5月3日(NDLJP:2951407/2
  4. ^ a b 『官報』号外、昭和7年11月3日(NDLJP:2958526
  5. ^ 昭和8年宮内庁告示第26号(『官報』第2055号、昭和8年11月12日)(NDLJP:2958528

関連項目[編集]

外部リンク[編集]