富士紡ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富士紡から転送)
富士紡ホールディングス株式会社
Fujibo Holdings, Inc.
種類 株式会社
市場情報
大証1部(廃止) 3104
2013年7月12日上場廃止
略称 富士紡HD、富士紡、フジボウ
本社所在地 日本の旗 日本
103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-18-12
設立 1896年3月24日
業種 繊維製品
法人番号 3010001034927 ウィキデータを編集
事業内容 株式を所有する会社の事業活動の支配・管理(繊維工業品・化学工業品の製造・加工・販売業務などを営む会社の株式を所有)
代表者 代表取締役会長社長兼社長執行役員
中野光雄
代表取締役兼副社長執行役員
吉田和司
代表取締役兼常務執行役員
豊岡保雄
資本金 66億73百万円
発行済株式総数 1172万株
売上高 連結:369億32百万円
純資産 連結:372億82百万円
総資産 連結:557億89百万円
従業員数 連結:1,156名
決算期 3月
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 10.86%
日本カストディ銀行(信託口) 7.92%
GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL 5.05%
明治安田生命保険 4.66%
BBS (LUX) FIDELITY FUNDS PACIFIC FUND 4.50%
三菱UFJ銀行 4.37%)
主要子会社 フジボウテキスタイル
フジボウアパレル
フジボウ愛媛
柳井化学工業
関係する人物 日比谷平左衛門
和田豊治
広瀬貞雄
梅本茂夫
森村市左衛門
青木隆夫(元副社長)
外部リンク https://www.fujibo.co.jp/
特記事項:財務データは2021年3月31日現在[1]
テンプレートを表示

富士紡ホールディングス株式会社(ふじぼうホールディングス、英称:Fujibo Holdings Inc.)は、東京都中央区に本社を置き、紡績業化学工業などの事業を行う傘下企業の管理を行う持株会社である。前身は1896年(明治29年)3月に創業された富士紡績株式会社で、2005年9月に主要事業を会社分割して持株会社に移行するとともに現社名に改称した。

傘下の株式会社フジボウアパレルは、B.V.D.ブランド製品の企画・製造・販売をしていることでも知られる[2]

沿革[編集]

  • 1896年明治29年)3月 - 富士紡績株式会社が設立される。
  • 1898年(明治31年)9月 - 静岡県駿東郡に建設した小山工場で操業を開始する。
  • 1903年(明治36年)- 神奈川県都筑郡西谷村に保土ヶ谷工場立地[3](1945年に空襲を受け操業停止)。
  • 1906年(明治39年)9月 - 東京瓦斯紡績株式会社(1896年創業、初代社長・前川太郎兵衛(2代目))を合併し、社名を富士瓦斯紡績株式会社に変更。
  • 1910年(明治43年)2月 - 電気事業兼営を認可される。
  • 1927年昭和2年)5月 - 富士電力株式会社を設立し、電気事業の設備・権利を同社に譲渡
  • 1930年(昭和5年)11月 - 川崎工場で争議。「煙突男」で有名になる。
  • 1942年(昭和17年)- 既に発布されていた「配電統制令」に伴って設立された9配電会社に電気事業が吸収され、富士電力は解散する。
  • 1943年(昭和18年)- 戦争の影響で帝国製糸の資産譲渡を受ける。
  • 1945年(昭和20年)12月 - 社名を富士紡績株式会社に変更する。
  • 1949年(昭和24年)
  • 1950年(昭和25年)8月 - 柳井化学工業株式会社を設立。
  • 1951年(昭和26年)10月 - 小坂井工場を新設。
  • 1972年(昭和47年)4月 - 和歌山工場を新設。
  • 1973年(昭和48年)- 英国コーツ・ペイトンから帝国製糸を買収する。
  • 1975年(昭和50年)12月 - 株式会社フジボウアパレルを設立する。
  • 1976年(昭和51年)4月 - アメリカB.V.D.社とライセンス契約を締結する。
  • 1977年(昭和52年)6月 - 壬生川工場を分離して、フジボウ愛媛株式会社を設立。
  • 1979年(昭和54年)7月 - 小坂井工場を分離して、フジボウ小坂井株式会社を設立。
  • 1981年(昭和56年)4月 - 株式会社高田フジボウアパレル(2002年解散)、株式会社敦賀フジボウアパレル及び株式会社サドソーイング(2017年解散)を設立。
  • 1984年(昭和59年)12月 - 和歌山工場を分離して、フジボウ和歌山株式会社を設立。
  • 1985年(昭和60年)1月 - 株式会社中津フジボウアパレルを設立。
  • 1995年平成7年)
    • 9月 - フジボウ電子株式会社を設立(2014年解散)。
    • 12月 - フジボウ小坂井株式会社を合併。
  • 2005年(平成17年)
    • 5月 - フジボウ小山がフジボウテキスタイル株式会社に商号を変更。
    • 7月 - フジボウテキスタイルがフジボウ和歌山を合併。
    • 9月 - 主要事業を会社分割し、フジボウファイバー株式会社及びフジボウ小坂井株式会社を設立するとともに、持株会社に移行して富士紡ホールディングス株式会社に社名を変更。
    • 12月 - 中津フジボウアパレルが敦賀フジボウアパレルを合併し、株式会社フジボウソーイングに社名を変更。
  • 2007年(平成19年)9月 - フジボウテキスタイルが繊維製品事業をフジボウアパレルに吸収分割。残った繊維素材事業はフジボウファイバーが合併し、フジボウテキスタイル株式会社に社名を変更。
  • 2012年(平成24年)
    • 7月 - アングル・ミユキ株式会社を完全子会社化し、アングル株式会社に社名を変更する。
    • 10月 - フジボウ愛媛株式会社がフジボウ小坂井株式会社と合併する。
  • 2019年(平成31年)4月 - フジボウアパレルがフジボウトレーディングを吸収合併。
  • 2020年令和2年)10月 - フジボウアパレルがアングルを吸収合併。
  • 2021年(令和3年)1月 - フジボウテキスタイルがフジボウ愛媛の繊維事業を吸収分割により承継。

主要グループ企業[編集]

  • フジボウテキスタイル株式会社
  • 株式会社フジボウアパレル
  • フジボウトレーディング株式会社
  • アングル株式会社
  • 柳井化学工業株式会社
  • フジボウ愛媛株式会社
  • 三泰貿易株式会社
  • フジケミ株式会社

広報活動[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第201期有価証券報告書 (PDF)”. 富士紡ホールディングス株式会社 (2021年6月30日). 2021年7月25日閲覧。
  2. ^ ノーブラ派の落とし穴?! 専門家が恐れる「たんたんたん現象」 ノンワイヤーの「涼ブラ」でキレイとラクを両立”. 産経ニュース (2022年5月16日). 2022年5月30日閲覧。
  3. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]