実況パワフルプロ野球'99開幕版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
実況パワフルプロ野球'99開幕版
ジャンル プロ野球ゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 ダイヤモンドヘッド
発売元 コナミ
人数 1~2人
メディア PS:CD-ROM
発売日 1999年7月22日
売上本数 初週:32万本
累計:75万本
テンプレートを表示

実況パワフルプロ野球'99開幕版』(じっきょうパワフルプロやきゅう99かいまくばん)は1999年7月22日にコナミ(後のコナミホールディングス)から発売されたプレイステーション用野球ゲームである。

概要[編集]

球場のポリゴン化、ドラマティックペナントの導入、サクセスモードに猪狩兄弟や矢部明雄が登場するなど、同年に発売された『実況パワフルプロ野球6』をはじめとするNINTENDO64で発売されたメインシリーズの影響を大きく受けている。一方でプレイステーションCD-ROMの容量を生かした1998年公式戦記録を参照できるモードが搭載されており、各選手のカウント別成績や、ランナー別成績、得意選手・苦手選手との対戦成績など細かい成績が閲覧できる。

また、データあれこれでは本作のパスワードはもちろん、『パワプロ6』や『パワプロクンポケット』の選手データを入力し、使用することも出来た(後のシリーズでは任天堂ハードとプレイステーションシリーズのパスワードの互換性は無くなっている)。

ロード中には投げられるボールを打ち返すミニゲームが搭載されている。ただし『'99決定版』では搭載されていない。

モード説明[編集]

サクセスモード[編集]

社会人として3つの会社のなかから1社を選び、3年間でプロ野球選手を目指す。そのほかにも裏野球大会を勝ち抜いていく冥球島編がある。社会人編は『実況パワフルプロ野球2000』、パワプロワールド(パワプロシリーズのiアプリ版)でも採用された(『パワプロ2000』では対戦相手の一つであるどすこい酒造編が追加されている)。

社会人編らしく仕事コマンドがあったり、給料という形でお金を手に入れる。『パワプロ6』では所持金の使い道が少なかったが、今作ではショップコマンドが新設され、練習効率を上げる野球用品を購入できるようになったが、アルバイトコマンドのように定期収入以外の収入を得るコマンドは原則としてない。借金をしすぎると解雇されてしまう場合もある。

今作品から変化球を覚える場合以外の投手のパラメータ上昇も内部ポイントではなく経験点を使用して上げるようになった。それに伴い、技術ポイントが野手技術と投手技術ポイントに分かれ、変化球ポイントが追加された。

今作品以降、PS版でもゲームをセーブせずにリセットや電源オフなどで終了するとセーブデータが消滅してしまうようになった。ただし、PS用ソフトのセーブデータはコピー制限が設定されておらず、セーブしたデータをメモリーカード管理画面でコピーすることによりファイル複製が可能なため、手間を惜しまなければペナルティなしのリトライは可能である。

  • パワフル物産
最初に選べる企業。納期までに仕事をして製品を完成させることで社内の評価を上げていく。社内の評価が上がると階級が昇進し、下の役職の選手に練習か指示できるようになる。
監督でもある社長は「CR熱闘パワプロクン」でも監督として登場している。
  • たんぽぽ製作所
2番目に選べる企業。主人公は最初からレギュラーに選ばれ、1年目の日本選手権終了後からキャプテンに指名される。主人公が仕事をしないと業績が下がり、倒産してしまう場合もある。フォーム改造や守備位置のコンバートイベントが発生するのはここだけ。
  • 猪狩コンツェルン
3番目に選べる企業。猪狩守の父親、茂が社長を務める。途中で守の弟である進が入団するため、チーム力は高い。猪狩がいることや途中の入れ替え試験で一軍に昇格しないと試合に出場できないことなど、パワプロ6のあかつき大学に似た特徴を持つ。野球部員の仕事は短時間のデスクワークとされており、通常時に仕事コマンドが無い。

冥球島編[編集]

他の3社とは違い、試合だけを行うタイプのモードである(「裏日本選手権」という設定のトーナメント)。対戦相手はパワプロクンポケット(初代)を含む過去の作品のチームも含まれる。このモードでつけられた選手の名前などが後の作品の設定に生かされているチームもある(田中・鮫島以外のするめ大学の選手、アンドロメダ高校の大西など)。

初めのうちは対戦相手を自分で選べる(特定のチームと戦うと固定される場合もある)ので自分のレベルに合わせた相手と対戦できる。試合に勝利すると主人公も含めた選手の能力が上昇し、相手から4人(例外あり。その場合でもチーム総員は最終的に同じになるように調整されている)が仲間になる。仲間になる選手はあらかじめ決まっている。ポジション別ではセカンド、サード、キャッチャーは集まりやすく逆に能力の高いショートと右ピッチャーが集まりにくい。

仲間になる選手以外の選手名は、全員の名前が固定されている極亜久商業、するめ大学、聖皇学園を除き、本作登録のプロ野球選手の苗字からランダムにつけられる(自分のチームの初期メンバーも、主人公と矢部を除きプロ選手からランダムに名前がつけられる)。負けるとゲームオーバー(決定版では負けた後セーブしなければ、最後にセーブしたところから続行も可能)。

主人公が活躍すれば能力の上昇値が大きいパワプロ6のするめ大学と同様の成長システムだが、弱いチームと戦っていくと能力の低い選手が仲間になるのであとあと難しくなっていく(主人公以外の選手も成長するが、主人公ほどは強くはならない)。最終戦のプロチームとの戦いに勝利すると、アレンジチームに登録して他のモードでも遊べるようになるが、選手登録はない。なお、自分のポジションを投手にしたときに限り、DH制がある試合でも投手が打席に立つようになる(DH制が採用されない)。かなりの低確率で1回戦終了後に矢部が死んでしまう場合があるが、最終戦で「真矢部」として能力が大幅にパワーアップして復活し、エンディングも武井田の正体が分かるエンディングに変わる。


登場チーム[編集]

チーム名の後の()は本作までの登場作品と戦える試合。なお、パワプロ5とパワポケ1の両方に登場するチーム(極亜久商業、白鳥学園)は、パワポケ1の設定が使われているため、登場作品は「5・パワポケ1」として扱う。

  • 聖マリアンヌ高校('98、1回戦)
髪型・顔立ち・口調共に女っぽい選手ばかりで強さも最弱。試合には勝ちやすいが、仲間になる選手の能力も著しく低い。
  • 極亜久商業(5・パワポケ1、1回戦)
外藤と亀田が率いるチーム。メンバー全員が固定選手である。亀田は矢部(主人公のチームメイト)の容姿が瓜二つなので、どっちが本物か勝負しようという展開になる。打撃はそこそこ上手いが守備が弱く、勝つのは楽である。ゲーム内の漢字に「鷹」の字がないため三鷹の登録名が「みたか」(平仮名)になっている。聖皇学園のへび島(蛇島)も同様。
なお、チーム名とユニフォームはパワプロ5準拠。
  • 白鳥学園(5・パワポケ1、1回戦)
パワプロ5ではマネージャーで、パワポケ1では選手としても登場する冬野率いるチーム。全体的に能力が低い。仲間になる選手は野手のサブポジションの多さ以外の魅力に乏しい。
  • 官僚大学(6、1回戦)
白鳥学園が少し強くなったようなチーム。守備がそこそこ上手い。仲間になる野手二人は足が遅いが守備が高い。
  • 霊盟社('98,1回戦、2回戦)
先発投手の影浦がスローカーブと「重い球」を持っている。野手はパワーと走力がない。仲間となる野手二人は特に弱い。
  • 一番星自動車('99,1回戦、2回戦)
阿畑率いる快速集団。阿畑はナックル(自称アバタボール)とシュートを駆使してくる。2回戦の中で2番目の強さ。仲間になる選手も走力が高い。
  • ドリル電器('99,1回戦、2回戦)
松倉(投)、香本(捕)の最強バッテリー(自称)を擁するチーム。守備が良い。松倉はカーブとフォークを持っている。香本を仲間にできると序盤からキャッチャーが安定する。一回戦で戦えるチームの中では強さは一二を争うチーム。
  • 流星高校(5,1回戦、2回戦)
足が速いチーム。チーム全員に「盗塁○」「内野安打○」「バント○」がついており、盗塁とバントをかなり仕掛けてくるチーム。投手では阿久根(後の作品では「阿久津」)のフォークと堀のHスライダーの変化量が大きい。入ってくるメンバーは、右打者だが走力を含め能力がそこそこ高い。
  • 青龍高校('98,2回戦)
滝本を中心としたパワーの高いチーム。なお、このチームと戦うと3回戦が強制的に橘商業になる。
  • 大漁水産('98,2回戦、3回戦)
ここも打力中心のチーム。ただ投手力は高くなく、守備力は最低レベル。仲間になる選手も守備が低いため、パリーグのチームと対戦する場合ならDHとして使える。
  • 鬼が島分校('98,2回戦、3回戦)
菅野の速球と打撃の能力が高いが守備のCPUレベルは低い。仲間に入るメンバーは投手の長井の能力は低いが、菅野はコントロールに難あり。外野手の佐賀は仲間にできる選手の中でもトップクラスの能力を持つ。
  • するめ大学(6,2回戦、3回戦)
全員が1つ以上特殊能力を持ちCPUレベルも高い。投手はエースの乙女1人だけだが「スロースターター」と「尻上がり」を持っているので序盤で点を取らないと打つのに苦労する。打撃は球三郎に注意がいる。このチームは田中、乙女、九州以外の1人はランダムで選ばれる。
  • むつご大学(6,3回戦)
六つ子の金村兄弟が所属している。パワプロ6同様、金村の打順の時は、六つ子ということを利用してアウトカウントと走者の状況に合わせて選手を入れ替える、というイカサマをしてくる。このチームに勝つと金村兄弟が全員加入するが、イカサマは使えない。また、それ以降は野手が追加されない。
  • 橘商業('98,3回戦)
守備力はあるが、オープニングで大言壮語を吐くエースの久方の能力がパっとせず、攻撃力も低い。2回戦で青龍高校の強打者2人が加入することを考えれば比較的楽な対戦相手。
  • 仏契大学(6,3回戦)
球速160km/hの大豪月率いるチーム。このチームと戦った後に4回戦であかつき大附属と戦わなければ5回戦が強制的に黒獅子重工株式会社になる。
  • 大東亜学園(パワポケ1,3回戦)
エースの鋼は投打のレベルが高く、アンソンとドナルドも好打者である。ここと戦うと4回戦がアンドロメダ高校、5回戦が聖皇学園となる。
なお、鋼の髪の毛は青で、パワプロシリーズ独自の設定である。(パワプロ9、パワプロ10超決定版の再登場時も同様)。
  • どすこい酒造('99,3回戦、4回戦)
パワー重視で足は遅く投手力・守備力も弱い。勝ちあがるだけなら楽なチーム。
  • あかつき大付属(5,4回戦)
主人公のライバル猪狩守率いるチーム。攻守にバランスの取れた好チームだが、猪狩兄弟に気をつければさほどの強敵でもない。
  • 帝王大学(6,4回戦)
エースの山口は140km/h後半の速球と落差のあるフォークで翻弄してくる。ただ変化球を投げすぎてばてるのでそこが狙い目になる。
  • アンドロメダ高校(5,4回戦)
エースの大西は球速が速く変化球も多いがコントロールが悪いので、そこに付け込めば比較的楽に点が取れる。仲間になる野手の落合と五十嵐は打力がかなり強力。また、ほとんどのモブ選手がオールAに近い能力の持ち主ばかりである。
  • キューバ('99,5回戦)
抑え投手に三種のレベル7変化球を使う怪物投手スミスがいる。また、打線は全員が一発を狙える脅威のものである。しかし先発投手のゴメスはあまりスタミナがない。選手名は収録されているプロ野球の外国人選手の使い回しであり、スペイン語圏であるキューバには相応しくない英語圏の名前の選手が混ざっている。
  • 裏あかつき大付属(5回戦)
猪狩守がアフロ猪狩としてパワーアップしている。アフロ猪狩以外は特筆すべき選手はいない。猪狩進はいなくなっている。低確率(攻略本によれば1/100の確率)でキューバの代わりに出現。
  • 黒獅子重工株式会社(6,'99,5回戦)
エースの部長は変化球レベルも高く打ちにくいが、スタミナは低いため、スタミナ切れさせて降板させればコールドも狙えるほどになる。
  • 聖皇学園(パワポケ1,5回戦)
脅威のスタミナとコントロールを持つ野球マスクがいる。打力も高いため、いかに失点を防ぐかが重要となってくる。野球マスクは「一発病」なので失投を狙う手もあり。この3連戦(大東亜、アンドロメダ、聖皇)を乗り越えるとバランスのいいチームが完成する。
  • プロチーム(最終戦)
チーム名として最初に選んだチームが対戦相手となる。チームとしての能力は5回戦のチームより劣るものの、COMレベルがパワフルで全員絶好調なのでかなり強い。絶好調のため、「三振男」などのマイナスの特殊能力が機能しない。

なお、4回戦のあかつき大付属戦と5回戦、最終戦はミット移動が使えない。そして、最終戦はストライクゾーンも表示されない(決定版では最終戦のみミット移動とストライクゾーンが表示されない。ただし、あかつき大附属と裏あかつき大附属はミット移動なしのまま)。

「決定版」の変更点[編集]

実況パワフルプロ野球'99決定版
ジャンル プロ野球ゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 ダイヤモンドヘッド
発売元 コナミ
人数 1~2人
メディア PS:CD-ROM
発売日 1999年12月25日
テンプレートを表示

1999年12月25日に、選手データを1999年のペナントレース終了時のデータに更新した『実況パワフルプロ野球'99決定版』が発売されている。以下は、主な変更点である。

  • オープニングムービーが削除された。
  • 「公式戦記録モード」は、1999年のペナントレース終了時のものに変更された。
  • 『'99開幕版』で作ったオリジナル選手・チームをメモリーカードやパスワードを使って『'99決定版』に移行することができる。
  • サクセスのイベントで、オリジナル選手にも「威圧感」を習得させることができるようになった。
  • 冥球島では負けてもセーブしたところからやり直すことができるようになった。

DreamcastEdition[編集]

『実況パワフルプロ野球DreamcastEdition』は2000年3月30日ドリームキャストで発売された作品であり、ドリームキャスト唯一のパワプロシリーズであり、セガ(後のセガゲームス)製ハードとしてでは3作目であり、最後の作品となった。サクセスモードが'99開幕・決定版と同じ社会人野球編であり、冥球島編も収録されている。