アラン・ジンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラン・ジンター
Alan Zinter
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州エルパソ
生年月日 (1968-05-19) 1968年5月19日(49歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 一塁手捕手
プロ入り 1989年 MLBドラフト1巡目(全体24位)でニューヨーク・メッツから指名
初出場 MLB / 2002年6月18日
NPB / 1999年5月14日
最終出場 MLB / 2004年10月3日
NPB / 1999年8月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

アラン・マイケル・ジンターAlan Michael Zinter, 1968年5月19日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州エルパソ出身の元プロ野球選手内野手)、野球指導者。右投両打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1986年MLBドラフト23巡目(全体584位)でサンディエゴ・パドレスから指名されたが、アリゾナ大学へ進学した。

プロ入りとメッツ傘下時代[編集]

1989年MLBドラフト1巡目(全体24位)でニューヨーク・メッツから指名され、6月20日に契約。この年は傘下のA-級ピッツフィールド・メッツ英語版とA級セントルーシー・メッツ英語版でプレー。A級セントルーシーでは48試合に出場して打率.239・3本塁打・32打点の成績を残した。

1990年はA+級セントルーシー[1]とAA級ジャクソン・メッツでプレー。A+級セントルーシーでは98試合に出場して打率.291・7本塁打・63打点・8盗塁の成績を残した。

1991年はAA級ウィリアムズポート・ビルズでプレーし、124試合に出場して打率.220・9本塁打・54打点・3盗塁の成績を残した。

1992年はAA級ビンガムトン・メッツ[2]でプレーし、128試合に出場して打率.223・16本塁打・50打点の成績を残した。

1993年もAA級ビンガムトンでプレーし、134試合に出場して打率.262・24本塁打・87打点・1盗塁の成績を残した。

タイガース傘下時代[編集]

1994年3月31日リコ・ブローニャ英語版とのトレードで、デトロイト・タイガースへ移籍した。この年は傘下のAAA級トレド・マッドヘンズでプレーし、134試合に出場して打率.238・21本塁打・58打点・13盗塁の成績を残した。

1995年はAAA級トレドでプレーし、101試合に出場して打率.222・13本塁打・48打点・4盗塁の成績を残した。オフの10月16日FAとなった。

レッドソックス傘下時代[編集]

1995年12月13日ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。

1996年は傘下のAAA級ポータケット・レッドソックスでプレーし、108試合に出場して打率.269・26本塁打・69打点・5盗塁の成績を残した。オフの10月15日にFAとなった。

マリナーズ傘下時代[編集]

1996年11月29日シアトル・マリナーズとマイナー契約を結んだ。

1997年は傘下のAAA級タコマ・レイニアーズでプレーし、110試合に出場して打率.287・20本塁打・70打点・3盗塁の成績を残した。オフの10月17日にFAとなった。

カブス傘下時代[編集]

1997年12月4日シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。

1998年は傘下のAAA級アイオワ・カブスでプレーし、129試合に出場して打率.287・23本塁打・81打点・3盗塁の成績を残した。オフの10月16日にFAとなったが、11月12日にカブスとマイナー契約で再契約した。

1999年はAAA級アイオワでプレーし、14試合に出場して打率.255・3本塁打・8打点の成績を残した。

西武時代[編集]

1999年4月28日西武ライオンズと契約。当時西武は、この年から入団していたグレッグ・ブロッサーアーキー・シアンフロッコが全く打てないのが災いし、深刻な貧打に陥っていたことからジンターの獲得が決まった。ちなみにAAA級アイオワで同僚だった野茂英雄とバッテリーを組んだ経験もあり、野茂は「日本で活躍できる」と太鼓判を押していた。5月14日オリックス・ブルーウェーブ戦で日本プロ野球史上6人目の「初試合満塁本塁打」を打つ(他には駒田徳広井口資仁などが記録)など来日当初はそこそこに打っており一時期は4番も打っていたが、日本の投手に慣れられるには時間はかからなかった。なぜか日本ハムファイターズ戦には強く、7月初めの3連戦では3試合とも本塁打を打っているが、全体としてはジリジリと打率は下がっていき、2割割れが近付いてきた8月中旬に二軍に落ちると、そのまま一軍に上がることなく解雇された。

カブス復帰・ダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

1999年11月7日に古巣のカブスとマイナー契約を結んだ。

2000年はAAA級アイオワでプレーし、90試合に出場して打率.227・14本塁打・35打点の成績を残した。8月23日にトレードで、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍。傘下のAAA級ツーソン・サイドワインダーズでプレーし、11試合に出場して 打率.361・1本塁打・5打点の成績を残した。オフの10月15日にFAとなった。

アストロズ時代[編集]

2000年11月1日ヒューストン・アストロズとマイナー契約を結んだ。

2001年は傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズでプレーし、104試合に出場して打率.265・19本塁打・65打点・1盗塁の成績を残した。

2002年はAAA級ニューオーリンズで開幕を迎え、63試合に出場。打率.231・11本塁打・39打点・2盗塁の成績を残した。6月17日にアストロズとメジャー契約を結んだ[3]。プロ13年目・34歳でようやくメジャーの舞台に立ち、翌18日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビュー。7回表に代打として出場したが、一塁ゴロに終わった[4]。この年は主に代打として39試合に出場し、打率.136・2本塁打・3打点の成績を残した。オフの10月15日にFAとなったが、12月20日にアストロズとマイナー契約で再契約した[5]

2003年はAAA級ニューオーリンズでプレーし、114試合に出場して打率.254・17本塁打・57打点・1盗塁だった。オフの10月15日にFAとなった。

ダイヤモンドバックス復帰[編集]

2003年11月12日に古巣のダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ。

2004年はAAA級ツーソンで開幕を迎えたが、6月8日にダイヤモンドバックスとメジャー契約を結んだ。昇格後は主に代打として10試合に出場していたが、6月21日に左足の故障で15日間の故障者リスト入りした。6月29日に60日間の故障者リストへ異動し、8月20日に復帰。この年は28試合に出場して打率.206・1本塁打・6打点の成績を残した。オフの10月11日40人枠を外れ、AAA級ツーソンへ降格した[6]

2005年はAAA級ツーソンでプレーし、47試合に出場して打率.216・2本塁打・14打点の成績を残した。オフの10月28日にFAとなった。

アストロズ復帰・独立リーグ時代[編集]

2006年1月9日に古巣のアストロズとマイナー契約を結んだ[7]。この年はAAA級ラウンドロック・エクスプレス[8]でプレーし、99試合に出場して打率.259・12本塁打・44打点・1盗塁の成績を残した。オフの11月1日にFAとなった。

2007年は独立リーグ・アトランティックリーグサマセット・ペイトリオッツに加入。93試合に出場して打率.261・13本塁打・43打点の成績を残した。この年限りで現役を引退した。

現役引退後[編集]

2008年にダイヤモンドバックス傘下でパイオニアリーグのルーキー級ミズーラ・オスプレイ英語版の打撃コーチに就任。オフの12月3日にA+級バイセイリア・ローハイド英語版の打撃コーチへ異動した[9]

2010年12月3日にAA級モービル・ベイベアーズの打撃コーチへ異動した[10]

2011年12月2日クリーブランド・インディアンス・マイナー組織の打撃コーディネーターに就任[11]。3年間務めた。

2014年11月4日にアストロズの打撃コーチ補佐に就任した[12]

2015年11月16日2016年シーズンよりパドレスの打撃コーチに就任する事が発表された[13][14]2017年9月1日に解任された[15]

エピソード[編集]

ジンターは来日直後に同僚となった当時ルーキーの松坂大輔に、「君は日本の(カブスで同僚だった)ケリー・ウッドだと聞いてきたよ」と言った。ウッドは前年にメジャーデビューし、メジャータイ記録の1試合20奪三振を記録するなど大活躍して新人王を取った投手であったため、この言葉はジンターにとっては松坂に対する最高の賛辞であった。しかし、当時からメジャー志向が強かった松坂はメジャーに関しても造詣が深く、ウッドが右肘を故障して1999年はシーズン絶望ということを知っていた。折りしも松坂は開幕からの投げ過ぎが原因で登録抹消中であったため、ウッドほどの重傷ではないにせよ、置かれた状況はウッドと似たようなものであった。このため、ジンターの言葉が不吉に聞こえてしまった松坂は苦笑するしかなく、その場は気まずい雰囲気になってしまったという。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1999 西武 61 210 173 20 35 8 0 8 67 28 2 1 0 1 35 2 1 59 3 .202 .338 .387 .725
2002 HOU 39 44 44 5 6 2 0 2 14 3 0 0 0 0 0 0 0 19 0 .136 .136 .318 .455
2004 ARI 28 40 34 2 7 2 0 1 12 6 0 0 0 1 5 0 0 15 0 .206 .300 .353 .653
NPB:1年 61 210 173 20 35 8 0 8 67 28 2 1 0 1 35 2 1 59 3 .202 .338 .387 .725
MLB:2年 67 84 78 7 13 4 0 3 26 9 0 0 0 1 5 0 0 34 0 .167 .214 .333 .548

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 42(1999年)
  • 43(2002年)
  • 25(2004年)
  • 55(2015年)
  • 22(2016年 - 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 1990年よりクラスがA級からA+級に変更
  2. ^ 1992年より球団名変更
  3. ^ Astros purchase contract of Alan Zinter”. MLB.com Astros Press Release (2002年6月17日). 2015年1月1日閲覧。
  4. ^ Scores for Jun 18, 2002”. ESPN MLB (2002年6月18日). 2015年1月1日閲覧。
  5. ^ Houston signs hurler Jared Fernandez”. MLB.com Astros Press Release (2002年12月20日). 2015年1月1日閲覧。
  6. ^ Diamondbacks outright three off 40-man roster”. MLB.com D-backs Press Release (2004年10月14日). 2015年1月1日閲覧。
  7. ^ Astros sign Miller to one-year contract”. MLB.com Astros Press Release (2006年1月9日). 2015年1月1日閲覧。
  8. ^ 2005年から2010年までアストロズ傘下
  9. ^ D-backs announce Minor League coaching staffs”. MLB.com D-backs Press Release (2008年12月3日). 2015年1月1日閲覧。
  10. ^ D-backs announce Minor League coaching staffs”. MLB.com D-backs Press Release (2010年12月3日). 2015年1月1日閲覧。
  11. ^ Indians announce 2012 Player Development staff assignments”. MLB.com Indians Press Release (2011年12月2日). 2015年1月1日閲覧。
  12. ^ Astros name Alan Zinter assistant hitting coach”. MLB.com Astros Press Release (2014年11月4日). 2015年1月1日閲覧。
  13. ^ Alan Zinter hired as Padres hitting coach - SanDiegoUnionTribune.com”. The San Diego Union-Tribune (2015年11月16日). 2015年11月18日閲覧。
  14. ^ パドレス 新打撃コーチに元西武の助っ人が就任”. スポーツニッポン (2015年11月17日). 2015年11月18日閲覧。
  15. ^ Dennis Lin (2017年9月1日). “Seeking a 'different voice,' Padres fire hitting coach Alan Zinter” (英語). San Diego Union Tribune. 2017年9月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]