安田晃大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安田晃大 Football pictogram.svg
名前
愛称 コーダイ
カタカナ ヤスダ コウダイ
ラテン文字 YASUDA Kodai
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-08-08) 1989年8月8日(29歳)
出身地 日本の旗 大阪府吹田市
(生まれは兵庫県神戸市)
身長 165cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム 南葛SC
ポジション MF
背番号 28
利き足 右足
ユース
2005-2007 ガンバ大阪ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2010 ガンバ大阪 0 (0)
2011-2012 ギラヴァンツ北九州 72 (3)
2013-2015 東京ヴェルディ 31 (1)
2014 ガイナーレ鳥取 (loan) 16 (1)
2015 愛媛FC (loan) 12 (0)
2016-2017 愛媛FC 32 (2)
2018- 南葛SC
代表歴
2004-2006 日本の旗 日本U-15/16/17
日本の旗 日本U-18/20
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

安田 晃大(やすだ こうだい、1989年8月8日 - )は、大阪府吹田市出身のプロサッカー選手ポジションミッドフィールダー。同じくプロサッカー選手の安田理大は実兄。

来歴[編集]

2歳年上の兄・理大と同様、ガンバ大阪のジュニアチーム、ジュニアユースチーム、ユースチームと進んだ経歴の持ち主。

2007年、プリンスリーグU-18関西第31回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会の双方の大会において、中盤の司令塔としてガンバ大阪ユースを優勝に導き、本人もMVPを受賞している。

2008年、ガンバ大阪のトップチームに昇格。しかし遠藤保仁を始め多くのA代表経験者が名を連ねるガンバの中盤でのポジション争いに割って入れず、2010年までの3年間で公式戦出場はなかった。

2011年、J2のギラヴァンツ北九州に完全移籍。開幕戦のジェフユナイテッド市原・千葉戦でJリーグ初出場を果たすと、J2第17節栃木SC戦でJリーグ初得点を決めた。37試合に出場し、前年最下位だったチームの8位に貢献した。 2012年は背番号を10に変更、35試合に出場した。

2013年、北九州時代の監督だった三浦泰年が監督を務める東京ヴェルディ1969へ完全移籍[1]。しかし出場機会に恵まれず、2014年7月にガイナーレ鳥取へ期限付き移籍[2]

2015年、東京ヴェルディへ復帰した[3] が、同年8月に愛媛FCへ期限付き移籍 。 2016年、愛媛FCへ完全移籍[4]。2017シーズン限りで契約満了に伴い退団。

2018年、南葛SCへの移籍が発表された[5]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2008 G大阪 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 0 0 0 0 0 0 0 0
2011 北九州 21 J2 37 3 - 2 0 39 3
2012 10 35 1 - 1 0 36 1
2013 東京V 18 1 - 1 0 19 1
2014 17 3 0 - - 3 0
鳥取 21 J3 16 1 - - 16 1
2015 東京V 22 J2 10 0 - 0 0 10 0
愛媛 9 12 0 - - 12 0
2016 20 2 - 2 0 22 2
2017 10 12 0 - 2 0 14 0
2018 南葛 28 東京都1部 -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 147 7 - 8 0 155 7
日本 J3 16 1 - 0 0 16 1
日本 東京都1部 -
総通算 163 8 0 0 8 0 171 8

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2008 G大阪 12 0 0 -
2009 31 0 0 -
2010 0 0 -
通算 AFC 0 0 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース
ガンバ大阪

個人[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]