大内恒夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大内 恒夫(おおうち つねお、1922年3月24日 - 2018年2月8日)は、日本裁判官最高裁判所判事山形県出身。

概要[編集]

1943年(昭和18年)東京帝国大学法科を卒業[1]。同年司法官試補となる[1]東京地方裁判所判事、最高裁訴廷部などに勤務[1]。再び裁判事務に就いた後、1964年(昭和39年)5月に最高裁秘書課長兼広報課長に就任[1]。新聞記者との折衝も仕事の一つだが、懇切丁寧な大内の対応は記者から好評だった[1]。後に最高裁経理局長となり、現最高裁庁舎の建設に参画した[1]。78億円から126億円と膨らんだ建設予算獲得のために大蔵省との折衝をした[1]。国家的事業と考え、法廷内に吸音板を張り巡らして静穏に工夫したり、天井の高い大法廷の暖房にエアカーテンを流すなど最新の注文をつけるなどした[1]

その後、名古屋高等裁判所長官や東京高等裁判所長官を歴任[2]

1985年(昭和60年)11月5日に最高裁判所判事に就任[2]矢口洪一最高裁長官とは気心の知れた間柄である[2]

山中事件上告審では最高裁第一小法廷の裁判長として1989年(平成元年)6月22日に事実誤認があるとして、二審の死刑判決を破棄し名古屋高裁に審議を差し戻した(その後、殺人罪の無罪が確定)。

1992年(平成4年)3月に定年退官した。

2018年(平成30年)2月8日肺炎のため死去[3]。95歳没。

父の大内有恒は弁護士で元山形市長。長女の大内和子はいわき明星大学副学長。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)277頁
  2. ^ a b c 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)278頁
  3. ^ 大内恒夫氏が死去 元最高裁判事 日本経済新聞 2018年2月19日