近藤綸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 綸二(こんどう りんじ、1899年10月8日 - 1982年4月12日)は、日本弁護士裁判官[1][2]東京高等裁判所長官などを務めた[1][2]

経歴[編集]

東京市生まれ[1]。父は駿河台病院の創立者として知られる近藤次繁であった[3][4]1923年東京帝国大学法学部を卒業した[1]

1924年弁護士登録をし[2]原嘉道の事務所に入った後にフランスへ2年ほど留学した[4]。帰国後は、有馬忠三郎の事務所に入ったが、後に独立し、帝人事件の弁護なども担当した[4]。この間、1947年に、第一東京弁護士会の副会長となり、司法修習制度と弁護士法制定をめぐってGHQと折衝を重ねた[4]。同年には、海野普吉らとともに自由人権協会を創設し、以降、専務理事や副理事長などを務めた[1]。この頃には、松川事件の弁護にも関わった[4]1951年中央大学法学部教授となり[2]、フランス法を担当した[1]

法曹一元化の流れの中で、田中耕太郎最高裁判所長官の意を受けて裁判官に転じ[4]1952年に東京家庭裁判所所長[1]、以降、広島高等裁判所、名古屋高等裁判所で長官を務め[2]1963年に東京高等裁判所長官となった[1]。この間、1963年2月28日の名古屋高裁における、吉田岩窟王事件の無罪判決の言い渡しに際し、法廷での映像の収録を、名古屋高裁長官として許可した[1]

その後も、東京弁護士会に籍を置いて、弁護士としての活動を続けた[4]1969年には勲一等叙勲の内示があったが、人間に等級をつけるべきでないとしてこれを辞退した[2][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 20世紀日本人名事典『近藤 綸二』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f デジタル版 日本人名大辞典+Plus『近藤綸二』 - コトバンク
  3. ^ 他の著名な家族については、「近藤次繁#家族」を参照。
  4. ^ a b c d e f g h 『自由人 近藤綸二』 内藤頼博・川島武宜編著(日本評論社)”. 花水木法律事務所 (2011年9月1日). 2019年1月3日閲覧。

関連文献[編集]

  • 内藤頼博 『自由人 近藤綸二 - 法曹の生涯(復刻版)』、2003年、296頁。ISBN 978-4-535-57604-9