墨染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

墨染(すみぞめ)は、京都市伏見区の地名。伏見区墨染町(後述の墨染寺が所在する)と伏見区深草墨染町が存在するが、「墨染」を冠した施設はその周辺にもある[1]

歴史[編集]

墨染の地名は、日蓮宗墨染寺深草山墨染寺桜寺)」(ぼくせんじ)という寺院に由来する。

この地は京街道奈良街道伏見街道が交差し、宿場町として栄えた。

この事もあり、1699年元禄12年)、茶屋株(お茶屋の営業権)が墨染の南部(現在のインクライン琵琶湖疏水)の伏見新放水路の西側)で許可される。

そこから、撞木町(しゅもくちょう)の花街が生まれ、忠臣蔵でおなじみの大石内蔵助もここのでも遊んだ伝説が語り継がれている。

天保の改革による取締りを受け、茶点女(ちゃたておんな、茶店で接待する女性)や飯盛女(めしもりおんな、旅籠で接待し売春をする娼婦のこと)を抱えることを禁じられたが、すぐに再開された。

1878年明治11年)、芸妓3名、娼妓11名の存在が確認されている。

しかし、花街としての墨染は衰退していくようになり、1911年(明治44年)頃、前年(1910年(明治43年))に開通した京阪電車によって客足がなくなり、大正時代に入り自然消滅した。なお、2012年現在、周辺は住宅地となり、大正時に当時の関係者たちによって建立された記念碑と、栄えていた当時から存在する門柱と祠が現存している。

※墨染遊郭と呼ばれた記述が見受けられるが、この名前は実際には使われたことがない。

墨染通[編集]

竹田街道国道24号線)から墨染町を抜け、深草大亀谷から八科峠を経て六地蔵までの東西の通りを墨染通と呼ぶ。竹田街道から師団街道までは東向きの一方通行となっている。墨染から六地蔵までは、明治時代には「郡山街道(奈良街道)」の一部として位置付けられた。

参考文献・出典[編集]

  • 『京都遊廓見聞録』 田中泰彦編集、京を語る会発行、1993年

脚注[編集]

  1. ^ たとえば、2015年現在、伏見墨染郵便局は深草山村町、京都銀行墨染支店は深草北新町に所在する。

関連項目[編集]