東山女子技芸学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東山女子学園

東山女子技芸学校(ひがしやまじょしぎげいがっこう)は、京都市東山区宮川筋にある舞妓芸妓のための教育施設。

1968年昭和43年)創立。翌1969年(昭和44年)に学校法人の認可を受け、学校法人東山女子学園を設立している。修業年限は5ヶ年。(ただし、実際には芸舞妓でいる限りはこの年限を越えて在籍できる)

授業科目は日本舞踊若柳流)、長唄常磐津茶道鳴物地歌小唄端唄である(そのうち、日本舞踊、三味線囃子(鳴物、笛)茶道が必須科目である)。

ここでの教育の成果は普段の「お座敷」はもちろん4月に宮川町歌舞練場にて開催される「京おどり」や10月に開催される「みずゑ会」の舞台で観ることができる。そのほか、公開されているかは不明だが、舞踊や鳴物の勉強会も開かれている。

文献[編集]

  • 学校法人東山女子学園学校案内

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度59分58.50秒 東経135度46分15.74秒 / 北緯34.9995833度 東経135.7710389度 / 34.9995833; 135.7710389