橋本 (八幡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遊郭の面影を残す橋本の街並み

橋本(はしもと)は京都府八幡市の地名。

山城国の西端、淀川左岸、石清水八幡宮の西に位置し、古くは山崎橋の最寄りであったことが地名の由来とされる。江戸時代からは京街道の宿場町として栄えた。明治以降は遊廓としての役割を果たした。 遊廓は1958年昭和33年)3月15日売春防止法施行により廃止となり、現在は住宅地として当時の面影を残す建築物が数多くある。

交通[編集]

関連項目[編集]