鴨川をどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鴨川をどり
Kamogawa Odori
先斗町歌舞練場 入口
先斗町歌舞練場 入口
イベントの種類 発表会
正式名称 鴨川をどり
開催時期 毎年5月1日 - 5月24日
初回開催 1872年(明治5年)
会場 先斗町歌舞練場
主催 先斗町歌舞会
先斗町歌舞練場への交通アクセス
最寄駅 京阪本線三条駅
駐車場 なし
公式サイト
鴨川をどり開催時の木屋町通(京都市中京区)

鴨川をどり(かもがわをどり)は明治5年から創演以来、毎年5月1日から24日にかけて先斗町歌舞練場で上演される舞踊公演。京の花街の中で最も上演回数の多いことで有名。

沿革[編集]

明治5年(1872年)に第1回京都博覧会の観光客誘致の一助として都をどりと共に「鴨川をどり」が創演されて以来、毎年上演回数を重ねている。第二次世界大戦で中断された時期もあったがすぐに再開され、途中から春・秋との二回公演の構成で上演され1998年まで続いた。鴨川をどりは総踊形式の都をどりに対し第一部が舞踊劇、第二部が舞妓らの出演による舞踊ショーの二部構成で人々の目を楽しませている(1950年までは都をどりと同じく総踊形式で上演されていた。)。

昭和初期の鴨川をどりには洋楽が使用され、中には少女レビューも上演されジャン・コクトーチャップリンをはじめ海外の著名人らを魅了した[1]

年表[編集]

  • 1872年明治5年) 鴨川をどり初演
  • 1884年1894年の10年間休演
  • 1895年(明治28年) 上演再開
  • 1944年1945年 第二次世界大戦で休演。
  • 1946年昭和21年) 上演再開
  • 1951年(昭和26年) 春・秋の二回公演開始。(1998年まで続く)
  • 2020年(令和2年) 新型コロナウイルスの感染拡大のため、中止[2]
  • 同年 クラウドファンディング(※2020.11.30成立)[3]や先斗町オリジナルグッズの発売を行うことによって、新型コロナウイルスの感染拡大のため、中止となった「鴨川をどり」をいつもと異なる季節にはなるが、翌年度の5月21日よりオンライン版にて公開される。「鴨川をどり」の演目の一部を先斗町歌舞練場にて開催し、インターネットによるライブ配信を計画している[4]
  • 2021年(令和3年) 新型コロナウイルスの感染拡大のため、昨年度と同様に中止。同歌舞会は新作舞台を映像に収め、「オンライン版鴨川をどり」として、5月21日から配信する準備を進めている[5]

出典、脚注[編集]

外部リンク[編集]