五条楽園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:五条楽園を象徴する画像の画像提供をお願いします。2014年9月

五条楽園(ごじょうらくえん)とは、京都市下京区河原町五条の南東にある旧遊廓、赤線である。五條楽園とも表記する。

概要[編集]

お茶屋と呼ばれる店舗があり、旅館のような構造をしている。京都花街組合連合会に加盟する花街におけるお茶屋と異なり、一部では性風俗も扱っていた。

もともとは五条橋下(五条新地)、六条新地、七条新地という隣接する複数の遊廓であったが、これらが大正時代に合併し、長らく七条新地の名で親しまれた。かつてより芸妓娼妓が混在する花街であり、戦後はいわゆる赤線となり、営業を続けていた。

1958年(昭和33年)の売春防止法施行後、五条楽園と名を変えた。当時はお茶屋84軒、置屋16軒、旅館15軒、バー・スタンド19軒で芸妓100人程度を擁していたという[1]

現状は、五条楽園歌舞練場を中心に、一般民家に混ざってお茶屋15軒、置屋4軒が残っている程度である[2]大正から昭和初期に建築された、独特な唐破風屋根が映える京町家も現存する。

営業休止[編集]

2010年(平成22年)10月28日、11月18日の両日にわたり、京都府警によりお茶屋と置屋の統括責任者、経営者ら5人が売春防止法違反容疑で逮捕された。これを受け、10月28日よりお茶屋と置屋は一斉に休業している。11月17日には一帯の入り口に掲げられていた『五條楽園』の看板も撤去された。お茶屋関係者によると、今後の営業再開の見通しは立っていないという[2]。また、一部はすでに廃業、建物も取り壊されている茶屋もある。

地理[編集]

京都市下京区の、河原町通五条通正面通鴨川の内側一帯を指す。但し、実際の店舗はさらに内側の範囲(鴨川と高瀬川の間の中州地帯)に点在する。

最寄り駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京都SWITCH [五条楽園] 五条楽園 その1 休日昼間の楽園はいかに?
  2. ^ a b 京都新聞 2010年11月20日朝刊

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度59分39.6秒 東経135度45分56.2秒