中書島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中書島(ちゅうしょじま)は、京都市伏見区の地名。かつては伏見市(伏見区)中書島東柳、中書島西柳の地名があり、現在の伏見区東柳町、西柳町に相当する。

地理[編集]

現在の京阪中書島駅が最寄り駅であり、南北に竹田街道が通っている。四方を川(南は宇治川、西は濠川、北と東は宇治川派流)に囲まれており、かつて巨椋池に浮かぶ島であった名残をとどめている。

由来[編集]

文禄年間、中務少輔に任官していた脇坂安治宇治川の分流に囲まれた島に屋敷を建て住んだことから、「中書島」の名前が生まれたとされる。中務少輔の唐名が「中書」であったことから、脇坂は「中書(ちゅうじょう)さま」と呼ばれていた。その「中書さま」の住む屋敷の島という理由で「中書島」と呼ばれるようになった[1]。伏見には他にも、かつての大名屋敷にちなむ地名が多い。

歴史[編集]

中書島遊廓(花街) 紋章

桃山時代まで伏見港一帯は湿地であった。豊臣秀吉伏見城を政庁としたことによって、武家屋敷が立ち並ぶようになったが、江戸幕府は伏見城を廃城としたため江戸時代前期に荒廃した。一方で高瀬川が開削され京都と大坂が結ばれると、その河口としてふたたび水運における重要性が増した。その後、伏見城下にあった遊廓が移転され、繁栄するようになる。柳町遊郭とも呼ばれた。

酒の名所であるために遊びに来る人が多く、また、宇治川に近く、交通の便が良い中書島は遊廓であると同時に芸妓屋が集まる花街となり、祇園をしのぐほどの名妓を輩出してきた。

1910年(明治43年)、京阪電車の創業とともに中書島駅が開業。1914年(大正3年)には京都電気鉄道(のち京都市電伏見線)が中書島駅まで延長され、ますます栄えるようになった。この頃には貸座敷77軒、娼妓282人、芸妓45人であった[2]昭和初期には深草に司令部を置く第16師団の将校、兵士も遊郭、花街を利用していた。

1958年昭和33年)3月15日売春防止法によって遊廓としての役割を閉じ、当初、転業をめぐってお茶屋派と学生相手の下宿派に分かれ対立してきたが沈静化した。その後も芸妓屋は残ったが次第に衰退し、1970年(昭和45年)には花街としての長い歴史に終止符を打った。現在は普通の商店街、住宅地であり、わずかながら花街、遊廓時代の建物が残されている。

この地で生まれた西口克己の小説「廓」の舞台になったことでも知られる。

脚注[編集]

  1. ^ 「関西の鉄道」№53 2007年7月20日発行 95頁「中書島のはなし」
  2. ^ 1913年時点。『京都府誌』(1914年)p383。[1]

参考文献[編集]

  • 『京の花街』渡会恵介、大陸書房、1977年
  • 『日本花街史』明田鉄男、雄山閣、1990年
  • 『京都遊廓見聞録』田中泰彦編、京を語る会発行、1993年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]