西口克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西口 克己(にしぐち かつみ、1913年4月6日 - 1986年3月15日)は、日本の小説家、政治家。

略歴[編集]

京都に生まれ、伏見の遊郭の子として育つ。第三高等学校から東京帝国大学文学部西洋哲学科卒業、1946年日本共産党に入党するが、1950年のいわゆる「五十年問題」による党分裂の際、不当に「除名」される。1955年には、日本共産党の統一・正常化と同時に党へ復帰。

この間に義母名義の娼家の片隅で小説「郭」を執筆。第一部・第二部を1956年に刊行、ベストセラーとなり、小説家として認められる。同作は第35回直木賞候補[1]となり、「『廓』より 無法一代」(1957年、監督滝沢英輔)として映画化された。(1958年に第三部を刊行)

1959年に京都市議会議員に当選(四期)、1975年に京都府議会議員となり蜷川虎三革新府政を支える立場として活動したが、三期目の1986年3月15日に急逝した。

小説家としては、京都に題材をとった作品が多い。日本民主主義文学同盟の結成(1965年)に参加し、1967年から1975年まで幹事もつとめた。

著書[編集]

代表作の多くは、西口克己小説集(全14巻、新日本出版社,1987-88)に収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 直木賞のすべて(第35回)
  2. ^ 『映画のなかの日本史』藤田雅之、地歴社, 1997