塩化シアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塩化シアン
識別情報
略称 CK
CAS登録番号 506-77-4 チェック
PubChem 10477
ChemSpider 10045 チェック
EINECS 208-052-8
国連番号 1589
MeSH cyanogen+chloride
RTECS番号 GT2275000
特性[1]
化学式 CNCl
モル質量 61.470 g mol−1
外観 無色透明の気体
匂い 刺激臭
密度 2.7683 mg mL−1 (at 0 °C, 101.325 kPa)
融点

−6.55 °C, 267 K, 20 °F

沸点

13 °C, 286 K, 55 °F

への溶解度 溶ける
溶解度 エタノールエーテルに溶ける
蒸気圧 1.987 MPa (at 21.1 °C)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo 137.95 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 236.33 J K−1 mol−1
危険性
主な危険性 強い毒性[2] 体内でシアニドを形成する[3]
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
4
2
引火点 不燃性
許容曝露限界 なし[3]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

塩化シアン(えんかシアン)またはシアン化塩素(シアンかえんそ、cyanogen chloride)は、化学式がNCClで表される無機化合物である。化学兵器として用いられる血液剤の一種である。 その毒性はシアン化水素と同等であるが、塩素の働きによって皮膚や粘膜への刺激がある。

致死量は、

  • LCt50:11,000 mg・min/m3
  • ICt50:7,000 mg・min/m3

出典[編集]

  1. ^ Lide, David R., ed (2006). CRC Handbook of Chemistry and Physics (87th ed.). Boca Raton, FL: CRC Press. ISBN 0-8493-0487-3. 
  2. ^ CYANOGEN CHLORIDE (CK)”. The Emergency Response Safety and Health Database. NIOSH. 2015年7月12日閲覧。
  3. ^ a b NIOSH Pocket Guide to Chemical Hazards 0162