フッ化ニトロイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フッ化ニトロイル
Nitryl-fluoride-2D-dimensions.pngNitryl-fluoride-3D-vdW.png
組成式 NO2F
式量 65.0039 g/mol
形状 無色気体
CAS登録番号 [10022-50-1]
融点 -166 ℃
沸点 -72 ℃

フッ化ニトロイル(フッかニトロイル、nitryl fluoride、NO2F)は、ロケットプロペラントやフッ素化試薬として使われる強力な酸化剤である[1]融点の低さと N-F結合の結合長の短さ (135 pm) より、イオン化合物ではなく共有結合性化合物であることが分かる[2]

フッ化ニトロイルは四酸化二窒素フッ化コバルト(III)とを高温で反応させると生成し、

常温では無色のガスで、容易に水分と反応して硝酸フッ化水素とに分解する[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Merck Index, 13th edition (2001), p.1193
  2. ^ F. A. Cotton and G. Wilkinson, Advanced Inorganic Chemistry, 5th edition (1988), Wiley, p.333
  3. ^ F. A. Cotton and G. Wilkinson, C. A. Murillo, M. Bochmann, Advanced Inorganic Chemistry, 6th edition (1999), Wiley, p.339

外部リンク[編集]

関連項目[編集]