シアン化ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シアン化ナトリウム
IUPAC名 シアン化ナトリウム
別名 青酸ナトリウム、青化ソーダ
組成式 NaCN
式量 49.01 g/mol
形状 無色結晶
CAS登録番号 143-33-9
密度 1.6 g/cm3, 固体
水への溶解度 48 g/100 mL (10 ℃)
融点 563 ℃
沸点 1496 ℃
出典 ICSC

シアン化ナトリウム(シアンかナトリウム、sodium cyanide)、あるいは青酸ナトリウム(せいさんナトリウム)は青酸ソーダ(せいさんソーダ)、青化ソーダとも呼ばれ、工業的に最も主要なシアン化アルカリである。

性質[編集]

化学的および生理的性質はシアン化カリウム(青酸カリ)に類似する。シアン化水素水酸化ナトリウム中和反応によって生成し、水溶液中ではシアン化物イオンとナトリウムイオンに電離する。

用途[編集]

鍍金ほか、工業的に広く用いられる。

毒性[編集]

脊椎動物がこの物質を摂取するとシアン化物イオンがヘモグロビンイオンに配位して細胞呼吸を阻害し、さらには細菌以上の動物ミトコンドリアシトクロム酸化酵素 (COX) 複合体と結合・封鎖し、電子伝達系を阻害することでATP生産量を低下させ細胞死を引き起こすとされる。この点で植物ミトコンドリアはシアン耐性経路であるAOX酵素 (alternative oxidase) を備えるため耐性を持つ。

毒物及び劇物取締法で毒物に指定されている。経口致死量は成人の場合 200~300 mg/人 と推定されている。

亜硝酸アミルは、シアン化合物中毒を治療するために処方される。この薬品が気化しやすいことを利用して吸い込ませる方法が主にとられる。15秒おきに15秒間かがせることを、5回繰り返すことにより、シアンはメトヘモグロビンと結合しシアンメトヘモグロビンとなり無毒化される。亜硝酸アミルは、ヘモグロビンをメトヘモグロビンに変えることによって、メトヘモグロビンがシアン化合物と結び付き、毒性のないシアノメトヘモグロビンを形成する[1]。詳細は、シアン化物#シアン化合物の解毒剤を参照のこと。

事故[編集]

  • 1980年10月01日愛知県大府市で溶接工事の火花がシアン化ナトリウムなどが保管されている倉庫周辺にあった発泡スチロールに着火し、倉庫に延焼した。有害ガスの発生により市民8000人が避難した。[2]
  • 炭酸ガスアーク溶接用ワイヤーの製造事業所のメッキ工程において、被災者がシアン化ナトリウムが付着していた床面に塩酸が含まれる廃液を捨てた為シアン化水素が発生した事故では、被災者はシアン化水素ガス中毒の為、意識不明に陥り、2週間入院した。[3]
  • 2015年8月12日中国天津市の倉庫で大規模な爆発事故が起こり、シアン化ナトリウムが流出した。倉庫には、硝酸アンモニウム約800トン、硝酸カリウム約500トン、シアン化ナトリウム類約2000トンなど保管されており、消防隊による化学物質への放水が爆発の原因とされた。爆発の影響で避難所となっていた小学校にいた住民たちが再度避難することになった。また、救援作業中の部隊は爆発現場の半径3キロメートル以内から緊急避難するよう命じられた。[4][5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Vale, J. A. (2001). "Cyanide Antidotes: from Amyl Nitrite to Hydroxocobalamin - Which Antidote is Best?". Toxicology 168 (1): 37–38. 
  2. ^ シアン化ナトリウムなどの毒劇物貯蔵倉庫の溶接の不始末による火災
  3. ^ 銅メッキ製品の分析作業中、シアン化合物で中毒
  4. ^ http://www.jiji.com/jc/zc?k=201508/2015081500282/
  5. ^ http://www.sankei.com/world/news/150815/wor1508150039-n1.html
  6. ^ https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=178749&comment_sub_id=0&category_id=256

関連項目[編集]

外部リンク[編集]