ピナコロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピナコロン
識別情報
CAS登録番号 75-97-8
特性
化学式 C6H12O
モル質量 100.16 g/mol
外観 無色~淡黄色の油状
密度 0.725 g/mL
沸点

103-106 ℃

への溶解度 わずか
危険性
安全データシート(外部リンク) [1]
EU分類 Flammable (F); Harmful (Xn)
Rフレーズ R11, R22
Sフレーズ S16, S20/21
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピナコロン (pinacolone) とはケトンの一種の有機化合物。ピナコールからピナコール転位により合成される。発見は 1866年で、ペパーミントに似た匂いを持つ。

殺菌剤のトリアジメフォンや除草剤のメトリブジンの合成中間体となるトリアゾリルピナコロンの合成に、ピナコロンが用いられる。

消防法に定める第4類危険物 第1石油類に該当する[1]

脚注[編集]

  1. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)