国連裁判権免除条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国及びその財産の裁判権からの免除に関する国際連合条約
通称・略称 国連裁判権免除条約
署名 2004年12月2日(ニューヨーク
効力発生 未発効
主な内容 国家及びその財産に関する他国裁判権からの免除の範囲を規定
条文リンク 条文正訳
テンプレートを表示

国連裁判権免除条約 (こくれんさいばんけんめんじょじょうやく, : United Nations Convention on Jurisdictional Immunities of States and Their Property)は、2004年12月2日の第54回国連総会で採択された条約である。2005年1月17日ニューヨークにて署名のため開放され、28カ国が署名した。30カ国の批准により発効するが、現在は未発効。正式名称は国及びその財産の裁判権からの免除に関する国際連合条約。略称は国連国家免除条約

概要[編集]

国家及びその財産に関して他の国の裁判所の裁判権からの免除が認められる具体的範囲等について定める条約。

成立[編集]

2004年12月2日 - 第54回国連総会にて採択
2005年1月17日 - ニューヨークにて署名のため開放
発効に必要な批准数に達していないため未発効

加盟[編集]

署名 - 30カ国
批准 - 11カ国(2010年9月1日現在)

締約国[編集]

2019年11月17日現在、以下の19カ国が条約の締約国となっている。(条約加盟順)

国名 署名 批准
 ノルウェー 2005年7月8日 2006年3月27日
 オーストリア 2007年1月17日 2006年9月14日
ポルトガルの旗 ポルトガル 2007年2月25日 2006年9月14日
 ルーマニア 2005年9月14日 2007年2月15日
イランの旗 イラン 2007年1月17日 2008年9月29日
レバノンの旗 レバノン 2005年11月11日 2008年11月21日
 スウェーデン 2005年9月14日 2009年12月23日
 カザフスタン 未署名 2010年2月17日
スイスの旗 スイス 2006年9月19日 2010年4月16日
日本の旗 日本 2007年1月11日 2010年5月11日
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 未署名 2010年9月1日
スペインの旗 スペイン 未署名 2011年9月21日
イタリアの旗 イタリア 未署名 2013年5月6日
 ラトビア 未署名 2014年2月14日
 チェコ 2006年10月13日 2015年3月12日
メキシコの旗 メキシコ 2006年9月25日 2015年9月29日
イラクの旗 イラク 未署名 2015年12月2日
スロバキアの旗 スロバキア 2005年9月15日 2015年12月29日
赤道ギニアの旗 赤道ギニア 未署名 2018年5月30日

日本の対応[編集]

署名 - 2007年1月17日
批准 - 2010年5月11日
現在までの対応:

基本定義[編集]

国家およびその財産に関して免除が認められる具体的範囲等について主に以下のとおり定める。但し、刑事手続および軍事的な活動については対象外としている。

  1. 国は、当該国が明示的に同意した場合等を除き、他の国の裁判所の裁判権からの免除が認められる。
  2. ただし、商業的取引から生じた裁判手続、雇用契約に関する裁判手続等本条約に定める裁判手続については免除が認められない。
  3. 国の財産に対する差押え等は、当該国が明示的に同意した場合等を除き、とられてはならない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]