北条町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北条町駅
Hojomachi Station Kasai Hyogo pref Japan01n.jpg
ほうじょうまち
Hojomachi
播磨横田 (2.2km)
所在地 兵庫県加西市北条町北条駅前町[1]
所属事業者 北条鉄道
所属路線 北条線
キロ程 13.6km(粟生起点)
電報略号 ホテ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1915年大正4年)3月3日[1][2]
テンプレートを表示

北条町駅(ほうじょうまちえき)は、兵庫県加西市北条町北条駅前町にある北条鉄道北条線。同線の終点であり[1]、同市の代表駅である[3]

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

片面ホーム1面1線を有する地上駅[1]。東側に安全側線(留置線として利用)、西側に検修庫へ繋がる分岐線が敷設され、夜間滞泊も設定されている[1]。駅入口に待合室がある。

北条鉄道の本社が併設されている有人駅であるが、定期券・回数券以外の一般旅客は基本的に車内での現金精算のため[注 1]、駅構内に自動券売機・自動改札の設備はなく、また駅員による改札業務もない[1]ATS設置済。男女別の水洗式便所が置かれている。以前は機回し線が敷設されていた。

駅舎は2階建てで、その1階には観光案内所が併設されており[1]、玄関脇のエレベータータワーおよび外階段でアスティアかさいとペデストリアンデッキで接続されている。なおアスティアかさいは2001年まで北条町駅のあった場所である[2]

移転前の駅構造[ソースを編集]

蒸気機関車C12時代[ソースを編集]

蒸気機関車C12が活躍していた当時は混合列車が運行されていた。客車オハ61 120が使用されていた。駅構内の線路配置は旅客・貨物を合わせて5線あった。旅客ホーム島式で1面2線で、旅客上屋はなかった。駅本屋側には貨物ホームがあり、1面1線で、貨物上屋があった。駅本屋の向こう側にも貨物ホームがあり、ここには農業倉庫が建ち並んでいて、農業倉庫と線路の間のホームの幅は、オート三輪が通れる幅があった[4]

駅周辺[ソースを編集]

バス路線[ソースを編集]

「アスティアかさい(北条町駅)」停留所(駅前広場)

「アスティアかさい(北条町駅)」停留所(駅前広場)

  • 高速バス(西日本ジェイアールバス神姫バス
  • 一般路線バス(神姫バス)
    • 野里駅姫路駅方面(61:山下・山田・花北経由、62:大貫・山田・花北経由)
    • 砥堀駅姫路駅方面(81:山下・山田・江鮒経由)
    • 細工所北口・宝殿駅高砂方面
    • 明楽寺・花の宮・大和方面(10:市立加西病院経由、12:加西病院経由せず)
    • 別府・社町駅・社・兵庫教育大学・嬉野台生涯教育センター方面
    • 61・62・81・(系統番号なし):加西市役所・北条営業所方面
  • 加西市コミュニティバス(受託:神姫バス)
    • イオンモール加西北条方面
    • 市街地線:高速北条BS前方面
    • 市街地線:加西市役所・市立加西病院・健康福祉会館・中富口・中富方面
    • 九会線:加西市役所・市立加西病院・フラワーセンター南門前・九会方面
    • フラワーセンター線:西高室・フラワーセンター南門前方面
    • 国正線:加西市役所・市立加西病院・健康福祉会館・別府・東国正方面

なお、当駅から徒歩約10分のところに高速北条バスストップが存在する。

「子ざる駅長」のこと[ソースを編集]

2010年10月16日、当時兵庫県豊岡市のホテル経営者に飼われていた同年生まれのニホンザルの子ザル2匹、「ねひめ」(メス)と「らかん」(オス)が当駅の駅長としてデビューした。旧国鉄北条線から移管された1985年以来赤字続きである一方、2007年に和歌山電鐵にデビューしたネコの駅長「たま駅長」が2010年にその和歌山電鐵の”執行役員”に就任するなど人気が高まっていたことが背景にあった[5]
この子ザル2匹の駅長就任は当時の北条鉄道社長たる加西市長の直談判から実現したものであり、2匹各々には地元特産の播州織でつくられた制服が用意されたほか、前記2匹各々の名前についても北条鉄道側で実施された一般公募によりそれぞれ命名されている[6][7][8]

出勤は月1~2回程度で、当初は子ザル2匹の飼い主である前記ホテル経営者も同伴する形で出勤していた。2011年3月11日に東北地方を中心に東日本大震災に見舞われた折には、その翌月(2011年4月)に飼い主と共に、2匹各々首から小さな募金箱を提げて、利用客に被災者支援の募金を呼びかけた[5][9][10]
しかし、2011年8月に入ってから、出勤の際同伴していた前記飼い主が”体調不良を訴え”たところから「子ざる駅長」たちは”休暇”入りした。そして、子ザルを北条鉄道側に無償貸与することで飼い主と北条鉄道の社長である加西市長との間で合意に達し、兵庫県から飼育許可が下りるのを見計らう形で同年10月15日に復帰する運びとなった[9][11]

その後、2014年後半から2015年にかけての時期には「マキ」という名の「子ざる駅長」が出勤していたが[12][13]、2016年4月7日付けで「当面の間お休み」すると告知したのを最後に現在に至るまで、「子ざる駅長」たちの消息は何一つ伝えられてきていない[14][注 2]

ところで、未だ前記ホテル経営者の同伴の下で「子ざる駅長」たちが出勤していた2011年4月から5月にかけての時期、同年4月に生まれたばかりのメスの赤ちゃんザルの初披露のため、同年5月15日、当駅に赴こうとしていた[7]
しかし、その2日前の5月13日になって飼い主が経営するホテルのもとに「選挙期間中となるので北条町駅に出勤しないように」等の要求が記された匿名のハガキが届いた。折しも前記「5月15日」は加西市長ならびに同市議会議員の選挙の告示日にあたっており、選挙戦への影響を懸念してのことと思われたが、これに対し「子ざる駅長」たちの飼い主たるホテル経営者は「匿名は卑怯であり、要求には応じられない」と憤っていた[7][注 3]

隣の駅[ソースを編集]

北条鉄道
北条線
播磨横田駅 - 北条町駅

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 窓口へ営業時間内に申し出れば、補充券による乗車券を発行する。
  2. ^ 北条鉄道の公式Webサイトに於いて、かつては子ざる駅長の特設ページが設けられており、制服をまとった子ざる駅長の写真画像と子ざる駅長からの”メッセージ”がトップに掲載され、そのすぐ下に関連情報が掲載されていたが、現行(2017年6月18日時点)の公式Webサイト上では、その特設ページ自体が削除されているほか、特設ページへのアクセスリンク(バナー)も2016年3月を最後に削除されている《特設ページ本体の存在については2016年9月18日付けアーカイブが確認可能な最後のものとなっており、関連情報を伴ったものに関しては同年4月4日付けアーカイブが最後となっている》[15][16][17][18][19]
  3. ^ 「子ざる駅長」を誕生させた当時の北条鉄道社長であり加西市長でもある中川暢三が打ち出してきた、この「子ざる駅長」を初めとする北条鉄道存続のための一連の施策に対し「市長の人気取り、政争の具」だと批判する勢力が存在したことが背景にあるとの指摘も為されている。なお、前記2011年4月生まれの赤ちゃんザルの当駅に於ける初お目見えの日として予定されていた同年5月15日に告知され、1週間後の同年5月22日に投票が行われた加西市長選挙では、現職だったその中川は落選、新人で元加西市職員の西村和平が初当選を果たした。西村は中川が打ち出してきた北条鉄道のための施策のうち民間公募社長を解任するなどの行動を起こし、北条鉄道の内部は一時混乱状態と化していた[20][21]

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』 神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、226頁。ISBN 9784343006028
  2. ^ a b c d e f g h 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 神戸電鉄・能勢電鉄・北条鉄道・北近畿タンゴ鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年6月19日、18-19頁。
  3. ^ 北条町(路線図・駅情報)”. 北条鉄道株式会社. 2014年11月8日閲覧。
  4. ^ 『シーナリィ・ガイド』(p42、p198)より。
  5. ^ a b “ライバルはたま駅長?子ザル駅長が誕生 兵庫・北条鉄道”. 朝日新聞. (2010年10月17日). http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201010170021.html 2017年6月18日閲覧。 
  6. ^ “「子ザル駅長」デビュー 兵庫・北条鉄道”. 産経新聞(msn産経ニュース). (2010年10月16日). https://web.archive.org/web/20101124094358/http://sankei.jp.msn.com/life/trend/101016/trd1010161215010-n1.htm 2017年6月18日閲覧。  ※ 現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  7. ^ a b c “子ザル駅長に“横やり” 匿名はがきで「15日の選挙告示日は駅に来ないで」”. 産経新聞(msn産経ニュース). (2011年5月15日). https://web.archive.org/web/20110810182637/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110515/trd11051501300001-n1.htm 2017年6月18日閲覧。  ※ 現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  8. ^ 子ザル君の名前決定!”. 北条鉄道のブログ. 北条鉄道 (2010年10月19日). 2017年6月18日閲覧。
  9. ^ a b “子ザル駅長「しばらく休みます」 10月職場復帰目指す”. 産経新聞(msn産経ニュース). (2011年8月10日). https://web.archive.org/web/20110810034149/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110810/trd11081000460001-n1.htm 2017年6月18日閲覧。  ※ 現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  10. ^ 海上英敏(撮影) (2011年4月4日). “子ザル駅長が被災地支援の募金活動(動画)”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=02135 2017年6月18日閲覧。 →アーカイブ(アーカイブ内では動画再生不可)》
  11. ^ 子ザル駅長が帰ってくる☆”. 北条鉄道のブログ. 北条鉄道 (2011年10月11日). 2017年6月18日閲覧。
  12. ^ 毎日放送(MBS) (2014年11月22日). “せやねん! 2014年11月22日放送回”. gooテレビ番組. NTTレゾナントワイヤーアクション. 2017年6月18日閲覧。
  13. ^ よみうりテレビ(YTV) (2015年5月17日). “すもももももも!ピーチCAFE 2015年5月17日放送回”. gooテレビ番組. NTTレゾナント、ワイヤーアクション. 2017年6月18日閲覧。
  14. ^ お知らせ~子ざる駅長”. 北条鉄道. 2016年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  15. ^ 子ざる駅長”. 北条鉄道 (2016年4月4日). 2017年6月18日閲覧。インターネット・アーカイブより
  16. ^ 子ざる駅長”. 北条鉄道 (2016年9月18日). 2017年6月18日閲覧。 ※ インターネット・アーカイブより
  17. ^ 子ざる駅長”. 北条鉄道. 2016年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  18. ^ 北条鉄道公式サイト・トップページ”. 北条鉄道. 2016年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  19. ^ 北条鉄道公式サイト・トップページ”. 北条鉄道. 2016年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  20. ^ 杉山淳一 (2012年10月12日). “「駅」を失った地域はどうなるのか”. ITmedia ビジネスオンライン. ITmedia. p. 3. 2017年6月18日閲覧。 “全4頁構成中3頁目中程掲載の『北条鉄道の紆余曲折』より”
  21. ^ 加西市長選挙”. 政治山. (株)VOTE FOR (2011年5月22日). 2017年6月18日閲覧。→アーカイブ

参考文献[ソースを編集]

  • 河田耕一「農業倉庫」および「スケール運転をたのしもう」『シーナリィ・ガイド』機芸出版社、1974年
  • 山中章外「10年ひと昔,あの駅は今」『鉄道模型趣味』No.364 1978年9月号、機芸出版社
  • 吉岡壮「35年目のシーナリィガイド,25年目のシーナリィストラクチャーガイド」『鉄道模型趣味』No.703 2002年11月号、機芸出版社

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]