田原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田原駅
Tahara station 20170811.jpg
たはら
Tahara
網引 (1.1km)
(1.5km) 法華口
所在地 兵庫県加西市田原町字前
所属事業者 北条鉄道
所属路線 北条線
キロ程 4.6km(粟生起点)
電報略号 タワ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
25人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1952年昭和27年)2月18日[1]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

田原駅(たはらえき)は、兵庫県加西市田原町字前にある北条鉄道北条線[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

片面ホーム1面1線[1]。駅が木立に隠れているため、やや分かりにくい。ホーム上には屋根と壁があるかなり小さな待合室がある。駅入口には小さな屋根がある。ホームまでは階段がある。駅前に電話がある。

利用状況[編集]

年度 1日平均乗車人員
2011年(平成23年) 30
2012年(平成24年) 30
2013年(平成25年) 20
2014年(平成26年) 27
2015年(平成27年) 25
2016年(平成28年) 25

駅周辺[編集]

  • 下里川
  • 後藤山古墳(県指定文化財)

その他[編集]

1980年代はじめにたのきんトリオ田原俊彦野村義男近藤真彦)がブームになったとき、当駅および近くの野村駅(現・西脇市駅)の存在が話題になったことがある。中にはこの両駅をわざわざ訪れる人もいた。駅名標がたのきんのファンの落書きだらけだったこともある[1][4]

また、2008年平成20年)12月9日に、三木鉄道より購入した車両を、当駅で軌道に移す作業が行われた[5]

2010年平成22年)7月28日、加西市で栽培が盛んなぶどうをイメージしたパーゴラ(藤棚)の屋根がホームにかかった木造の新駅舎が完成し、記念式典が実施された[3][6]。 新しい待合室には、若き日の田原俊彦の写真も飾られていたが、2011年1月22日に写真がなくなっていることがわかった[7]

隣の駅[編集]

北条鉄道
北条線
網引駅 - 田原駅 - 法華口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』 神戸新聞総合出版センター、2011年12月15日、221頁。ISBN 9784343006028
  2. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 神戸電鉄・能勢電鉄・北条鉄道・北近畿タンゴ鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年6月19日、18-20頁。
  3. ^ a b “北条鉄道田原駅 学生4人で駅舎改築 加西出身の上田さんら ボランティアで工事 温かみある木製の看板やベンチ ヒノキの間伐材活用”. 神戸新聞(朝刊) (神戸新聞社): p. 21(東北). (2010年7月29日) 
  4. ^ たのきんブーム 鉄仮麺ライダー放浪記” (2011年3月25日). 2013年7月27日閲覧。
  5. ^ 北条鉄道、廃止された三木鉄道の車両を購入 - 営業運行は2009年春から”. マイコミジャーナル (2008年12月10日). 2008年12月11日閲覧。
  6. ^ 田原駅駅舎完成記念式典”. 北条鉄道 (2010年7月28日). 2013年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月27日閲覧。
  7. ^ 田原駅のトシちゃん」どこいった? 駅舎の写真消える”. 2011年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]