出血熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

出血熱(しゅっけつねつ)とは、様々なウイルス感染の結果として起こる多様な症候群であるが、たいてい高熱、白血球減少、精神状態の変調、易出血性をきたし、死に至ることも多い。

以下の疾患が知られており、ウイルス性出血熱とも呼ばれる最初の5種(エボラ出血熱、マールブルグ熱、クリミア・コンゴ出血熱、ラッサ熱、南米出血熱)は日本における1種感染症である。これらは特に重篤な症状を来たすことから、まとめて5大出血熱と呼ばれることもある。その中で、致死性の面からも、感染力の面からも、最強のウイルスはエボラウイルスである。

ウイルス性出血熱と出血熱との違いは、1.感染症法の1類感染症に指定されており、2.疫学的に人から人へ感染する経路が成立、3.クリミアコンゴ出血熱と南米出血熱は例外だが、基本的にアフリカサハラ砂漠以南に存在するという違いがある。

主な出血熱の早見表
  エボラ出血熱 マールブルク病  ラッサ熱 南米出血熱 クリミア・コンゴ出血熱 重症熱性血小板減少症候群(SFTS) 腎症候性出血熱 ハンタウイルス肺症候群 黄熱 デング熱(デング出血熱)
病原体 フィロウイルス科エボラウイルス フィロウイルス科マールブルクウイルス アレナウイルス科ラッサウイルス アレナウイルス科のウイルス ブニヤウイルス科クリミア・コンゴ出血熱ウイルス ブニヤウイルス科重症熱性血小板減少症候群ウイルス ブニヤウイルス科ハンタウイルス フラビウイルス科シンノンブレウイルス(新世界ハンタウイルス) フラビウイルス科黄熱ウイルス フラビウイルス科デングウイルス
自然宿主 不明(オオコウモリ科が有力と考えられている 不明(オオコウモリ科が有力と考えられている ネズミ ネズミ ウシ科の大型哺乳類ウシヤギヒツジなど) 不明 ネズミ ネズミ サル ヒト
主な感染経路 感染したヒトや動物(サルなど)の血液排泄物に触れることによる接触感染 感染したヒトや動物(サルなど)の血液や排泄物に触れることによる接触感染 ネズミとその排泄物を介した接触感染 ネズミとその排泄物を介した接触感染 ウイルスを持ったマダニに咬まれることによるベクター感染 ウイルスを持ったマダニに咬まれることによるベクター感染 ネズミとその排泄物を介した接触感染 ネズミとその排泄物を介した接触感染 ウイルスを持ったに刺されることによるベクター感染 ウイルスを持ったカに刺されることによるベクター感染
ヒトからヒトへの伝染 あり あり あり あり あり あり なし なし なし なし
流行地域 アフリカ中央部 アフリカ 西アフリカ 南アメリカ 中国西部、南アジア中央アジア中東東ヨーロッパアフリカ 東アジア日本朝鮮半島、中国東部)、北アメリカ 朝鮮半島、中国、北ヨーロッパ、東ヨーロッパ 北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカ アフリカ、南アメリカ 台湾東南アジア、南アジア、アフリカ、中央アメリカカリブ海地域、南アメリカ、オセアニア
主な症状 発熱頭痛筋肉痛腹痛、水様性下痢嘔吐。進行すると消化器などから出血播種性血管内凝固症候群(DIC)が起こることがある。なお、病名の由来である出血症状はすべての患者にみられるわけではない。 エボラ出血熱に似ているが、発疹肝不全が顕著であることが多い。 発熱、筋肉痛、、下痢、嘔吐など、インフルエンザに似ている。進行すると脱毛、顔の浮腫胸水、消化器からの出血、腎不全などがみられる。麻痺難聴流産などの後遺症がみられることもある。 ラッサ熱に似ている。 発熱、頭痛、筋肉痛、結膜炎紫斑鼻血など。肝不全や腎不全もみられる。出血熱の中で最も出血傾向が顕著である。 発熱、腹痛、下痢、嘔吐など。重症例では消化器から出血することもある。消化器症状が強いのでノロウイルスなどとの鑑別が重要。 発熱、頭痛、嘔吐など。重症例では腎不全と消化器からの出血がみられる。 発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐、下痢、咳、肺水腫呼吸困難 発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐など。重症例では黄疸、肝不全、腎不全。 発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛、発疹、下痢、嘔吐など。重症例では消化器からの出血を起こす。2回目以降の感染で重症化のリスクが高まる。
致死率 40〜90% 25〜80% 重症例の15% 20〜30% 20〜30% 10〜30% 5〜10% 40〜50% 20〜50% 全体の1%以下、重症例では20%
治療法 対症療法 対症療法 リバビリン リバビリン リバビリン 対症療法 リバビリン 対症療法 対症療法 対象療法
予防ワクチン 研究途上 なし なし なし なし なし 日本では未承認 なし 黄熱ワクチン 日本では未承認
感染症法 一類感染症 一類感染症 一類感染症 一類感染症 一類感染症 四類感染症 四類感染症 四類感染症 四類感染症 四類感染症