南米出血熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

南米ウイルス出血熱(なんべいウイルスしゅっけつねつ)とは、南米大陸で見られるアレナウイルス科に属するウイルスによって引き起こされる出血性熱性疾患の総称。

感染症名と病原体ウイルス[編集]

南米地域で病原体となるウイルスが同定されている感染症を以下に記す。

アルゼンチン出血熱
フニンウイルス
ブラジル出血熱
サビアウイルス
ベネズエラ出血熱
ガナリトウイルス
ボリビア出血熱
マチュポウイルス
チャパレ出血熱
チャパレウイルス

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ラッサ熱 - アフリカ大陸で見られるアレナウイルス科ウイルスによる感染症