ブニヤウイルス目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブニヤウイルス目
Sin Nombre hanta virus TEM PHIL 1136 lores.jpg
シンノンブレオルトハンタウイルスの電子顕微鏡写真
分類
レルム : リボウィリア Riboviria
: オルトルナウイルス界 Orthornavirae
: ネガルナウイルス門 Negarnaviricota
亜門 : ポリプロウイルス亜門 Polyploviricotina
: エリオウイルス綱 Ellioviricetes
: ブニヤウイルス目 Bunyavirales

本文参照

ブニヤウイルス目(ブニヤウイルス目、Order Bunyavirales)とはウイルスの分類における1[1]。そのビリオンは92 - 105 nmであり、エンベロープを有する。ゲノムは3分節のマイナス鎖RNAフレボウイルス属およびトスポウイルス属のRNAの一部はプラス鎖で機能する。細胞質内で増殖する。節足動物内で増殖することができる。トスポウイルス属のみ植物ウイルスであり、その他の属は人畜に感染する。

本科には出血熱など重篤な感染症の病原体となるウイルスが多数含まれる。

歴史[編集]

2017年に、国際ウイルス分類委員会 (ICTV)はブニヤウイルス科をブニヤウイルス目に昇格させた[1][2]

分類[編集]

2019年現在、12科4亜科48属383種が属する[1]。いかに代表的なウイルスを示す。

名前の由来[編集]

ブニヤウイルス目のbunyaは最初にウイルスが分離されたウガンダの地名ブニャムウェラ(Bunyamwera)に由来する[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Virus Taxonomy: 2019 Release”. 国際ウイルス分類委員会 (ICTV). 2020年5月12日閲覧。
  2. ^ Adams, Michael J.; Lefkowitz, Elliot J.; King, Andrew M. Q.; Harrach, Balázs; Harrison, Robert L.; Knowles, Nick J.; Kropinski, Andrew M.; Krupovic, Mart et al. (2017-08-01). “Changes to taxonomy and the International Code of Virus Classification and Nomenclature ratified by the International Committee on Taxonomy of Viruses (2017)” (英語). Archives of Virology 162 (8): 2505-2538. doi:10.1007/s00705-017-3358-5. ISSN 0304-8608. PMID 28434098. 
  3. ^ ICTV 9th Report (2011)Bunyaviridae”. 国際ウイルス分類委員会 (ICTV). 2020年5月12日閲覧。

関連項目[編集]