重症熱性血小板減少症候群ウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
重症熱性血小板減少症候群ウイルス
分類(ウイルス)
: 第5群(1本鎖RNA -鎖)
Group V
: (未帰属)
Incertae sedis
: ブニヤウイルス科
Bunyaviridae[1]
: フレボウイルス属
Phlebovirus[1]
: 重症熱性血小板減少症候群ウイルス
Severe fever with thrombocytopenia syndrome virus
学名
Severe fever with thrombocytopenia syndrome virus
Xue-jie Yu et al. 2011[2]
和名
SFTSウイルス[1]
英名
SFTSV[1]

重症熱性血小板減少症候群ウイルス(じゅうしょうねっせいけっしょうばんげんしょうしょうこうぐんういるす・Severe fever with thrombocytopenia syndrome virus)とは、ブニヤウイルス科フレボウイルス属に属するウイルスの一種。重症熱性血小板減少症候群 (SFTS) の病原体として同定されたウイルスである。名称が長いため、しばしば同症候群の頭文字をとってSFTSウイルス (SFTSV) と呼ばれる[1]

発見[編集]

2009年3月から7月にかけて、中国湖北省および河南省で、原因不明の感染症が発生した。2011年になって、于学杰 (Xue-jie Yu) ら[2]によって患者の病理組織から抗原核酸が発見され病原体と特定され、SFTSウイルスと名づけられた[1]。その後、2013年になって日本でもコホートスタディにより2005年秋以降2015年3月までに、感染者が100名以上いたことが報告されている[3]

なお、中国のSFTSウイルスと日本のSFTSウイルスは遺伝子が似ており同一種であると考えられているが、遺伝子の分析から日本で分離された株は独自の群を形成することが明らかになっており、両者は完全に同一のものではないと考えられている。また日本で確認されている4例の患者は、いずれも海外への渡航歴がない。このため、日本のSFTSウイルスは最近発生したものではなくウイルスそのものは昔から存在しており、患者の病原体を同定して初めて発見されたものと考えられている[1][4]

分類とゲノム[編集]

SFTSウイルスのゲノム構造模式図

SFTSウイルスは3分節に分かれるマイナス鎖の1本鎖RNAを有するRNAウイルスであり、クリミア・コンゴ出血熱ウイルスリフトバレー熱ウイルスなどと同じブニヤウイルス科に属する[1]

SFTSウイルスのゲノムは解読されている。L (Large)、M (Medium)、S (Small) の3つのセグメントと、RNA依存性RNAポリメラーゼ (RdRp)、前駆体糖タンパク質 (M)、糖タンパク質N (Gn)、糖タンパク質C (Gc)、核タンパク質 (NP)、非構造タンパク質 (NSs) の6つのタンパク質が発見されている[5]

Lセグメントには、2084個のアミノ酸残基からなるRdRpがエンコードされている[5]

Mセグメントには、糖タンパク質であるGnとGcの前駆体となる、1073個のアミノ酸配列をエンコードしている1つのオープンリーディングフレームが含まれる[5]。SFTSVはGn/Gcの働きによってpH依存性に細胞へ侵入することが知られている。また、この時C型レクチンの一種であるDC-SIGNが細胞膜上のウイルスレセプターとして働く[6]

Sセグメントには、GnとNSsの2つのタンパク質をエンコードする1744個のヌクレオチドを有する。これら2つのタンパク質をコードする遺伝子領域は62塩基対の遺伝子間領域によって2つに分離されている[5]

性質[編集]

ブニヤウイルス科に共通して見られる性質から類推すると、SFTSウイルスは酸や熱に弱く、消毒用アルコールや台所用洗剤、紫外線の照射によって急速に失活すると考えられている[1]

感染経路[編集]

SFTSウイルスを保有するダニの一種であるフタトゲチマダニ

SFTSウイルスはフタトゲチマダニオウシマダニタカサゴキララマダニ[7]といったマダニ科のダニから分離されており、マダニ科のダニが宿主であると考えられているが、どのマダニ種が媒介するのかは特定されていない[3]。また、SFTSウイルスを持つダニに咬まれることにより感染すると考えられているが、咬傷痕が確認できない場合もある[1]。また、感染した患者の血液や体液との接触によるヒト-ヒト感染も報告されている。飛沫感染空気感染は報告されていない[1]

中国の江蘇省における疫学調査では、ヤギ、ウシ、イヌ、ブタ、ニワトリの血清から抗SFTSV抗体が検出されている。また、山東省沂源県の報告ではヤギが83%という高い陽性率を示している。なお、この報告においてヤギが選択された理由は、この地域でヤギがよく飼育されており、かつマダニの吸血を受けていることが多いためである[8]。しかし、この動物が発病したかどうかは確認されていない。また、感染した動物との接触感染も考えられているが、報告されていない[1]

分布[編集]

日本では2015年3月11日時点で100例以上の感染症患者が報告されており[3]、いずれの感染者も西日本で発生している[9]。少なくともそのうち7例ではウイルス学的にSFTSと診断され[10]、また国内で初めて確認された患者の血液からはウイルスが分離されている[1]。当初はマダニからウイルスが検出されることはなかったが、2013年5月23日に確認された山口県の患者に付着していたタカサゴキララマダニからSFTSウイルスが検出されている。ただし、この報告は患者の女性からダニへとウイルスが侵入した可能性を否定するものではない[11]。また、その後の調査から、フタトゲチマダニとタカサゴキララマダニ以外にも複数のマダニ種(キチマダニ、オオトゲチマダニ、ヒゲナガチマダニ等)からSFTSウイルスの遺伝子が検出されている。

現時点では前述の通り西日本において感染者が報告されているが、マダニ科のダニは日本国内に広く分布しており、実際にSFTSウイルスを保有するマダニの分布は日本国内の広い範囲に及ぶ[12]。なお、マダニ科のダニは主に森林や草地などの屋外に生息しており、屋内に生息するコナダニヒョウヒダニとは分布が異なる[1]

2013年に山口県で報告されて以降、主に九州(宮崎県8人)、中国(山口県死者5人)、四国(愛媛県7人)地方で確認され、2015年6月に初めて京都で80歳女性(回復)、2015年9月には、初めて北陸で石川県志賀町の60歳代男性が死亡した。

愛媛県衛生環境研究所でマダニ200匹を検査したところ、ウイルス保有率は6 - 31%、全国調査の5 - 15%より高い[13]

中国では河南省、河北省、遼寧省山東省江蘇省安徽省浙江省で報告されている[1]。また、日本、中国以外に韓国でもSFTSの発生が報告されている[14]

症状[編集]

SFTSウイルスに感染した場合、潜伏期間6日 - 14日を経て、38度以上の発熱や消化器系への症状が発生する。重篤化すると死亡する。致死率は10 - 30%であると考えられている[1]

発熱や頭痛、筋肉痛、失語症などの神経症状、頸部リンパ節の腫れなどを伴う。特に高齢者は重症になりやすい[13]

日本においては、2013年3月4日からSFTSウイルスによる重症熱性血小板減少症候群は四類感染症に指定してされており、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における届出の対象となっている。その定義では、病原体がSFTSウイルスに限ると指定されている[15]

ハートランドウイルス[編集]

2009年にアメリカミズーリ州でSFTSと似た症状を示す患者が2人報告され、患者の体内からSFTSウイルスと近縁のウイルスが発見されている。このウイルスは中国のものと近縁であるが、同一のウイルスではないと考えられており、ハートランドウイルス英語版と名付けられた[16]

アメリカにはSFTSウイルスを媒介するとされるフタトゲチマダニ、オウシマダニは分布しておらず、またこの地域における生態調査で捕獲されるマダニの99.9%がアメリカに広く分布するキララマダニ属のAmblyomma americanumであることから、本種が媒介するものと考えられているが、ハートランドウイルスは検出されていない[16][17][18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での発生について(情報提供及び協力依頼) 厚生労働省
  2. ^ a b “Fever with Thrombocytopenia Associated with a Novel Bunyavirus in China”, The New England Journal of Medicine, http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1010095#t=article 
  3. ^ a b c 高橋徹、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とSFTSウイルス ウイルス Vol.65 (2015) No.1 p.7-16, doi:10.2222/jsv.65.7
  4. ^ Toru Takahashi et al. (2013), “The First Identification and Retrospective Study of Severe Fever With Thrombocytopenia Syndrome in Japan”, J Infect Dis, doi:10.1093/infdis/jit603, PMID 24231186 
  5. ^ a b c d Expression of structural and non-structural proteins of severe fever with thrombocytopenia syndrome bunyavirus National Center for Biotechnology Information
  6. ^ Heike Hofmann et al. (2013), “Severe Fever with Thrombocytopenia Virus Glycoproteins Are Targeted by Neutralizing Antibodies and Can Use DC-SIGN as a Receptor for pH-Dependent Entry into Human and Animal Cell Lines”, J. Virol. 87 (8): 4384-4394, doi:10.1128/JVI.02628-12, PMID 23388721 
  7. ^ 西條政幸、日本における重症熱性血小板減少症候群と今後の課題 日本内科学会雑誌 Vol.103 (2014) No.10 p.2581-2586, doi:10.2169/naika.103.2581
  8. ^ Li Zhao et al. (June 2012), “Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome Virus, Shandong Province, China”, Emerg Infect Dis 18 (6), http://wwwnc.cdc.gov/eid/article/18/6/11-1345_article.htm 
  9. ^ 第1回 厚生科学審議会感染症部会 資料9
  10. ^ “国内で確認された重症熱性血小板減少症候群(SFTS)患者8名の概要(2013年3月13日現在)”, IASR 34: 110, (2013), http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/sfts-iasrd/3458-pr3983.html 
  11. ^ SFTS:マダニからウイルス検出 山口の女性に付着、毎日jp、2013年5月23日
  12. ^ “<速報>重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布調査結果(第二報)”, IASR, (2014), http://www.nih.go.jp/niid/ja/2014-02-19-09-27-24/2242-disease-based/sa/sfts/idsc/iasr-news/4428-pr4094.html 
  13. ^ a b マダニ感染症が北上中、41人死亡読売新聞(ヨミドクター) 2015年9月7日(月)
  14. ^ Kye-Hyung Kim et al. (2013), “Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome, South Korea, 2012”, Emerg Infect Dis 19 (11): 1892-1894, doi:10.3201/eid1911.130792, PMID 24206586 
  15. ^ 重症熱性血小板減少症候群(病原体がフレボウイルス属SFTSウイルスであるものに限る) 厚生労働省
  16. ^ a b “米国で重症熱性疾患から分離された新種のフレボウイルス”, IASR 34: 41, (2013-2), http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/sfts-iasrd/3172-pr3964.html 
  17. ^ Rhipicephalus (Boophilus) microplus. Southern Cattle Tick, Cattle Tick (PDF)”. en:Iowa State University (2007年2月20日). 2013年2月24日閲覧。
  18. ^ Laura K. McMullan et al. (2012), “A New Phlebovirus Associated with Severe Febrile Illness in Missouri”, N Engl J Med 367: 834-841, http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1203378#t=article 

関連項目[編集]