発疹チフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Typhus
camp fever, jail fever, hospital fever, ship fever, famine fever, putrid fever, petechial fever, epidemic louse-borne typhus,[1] louse-borne typhus[2]
Epidemic typhus Burundi.jpg
Rash caused by epidemic typhus
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
感染症内科学[*]
ICD-10 A75.1
ICD-9-CM 080-083
DiseasesDB 29240
MedlinePlus 001363
eMedicine med/2332
MeSH D014438

発疹チフス(ほっしんチフス、: epidemic typhus)は、Rickettsia prowazekiiの感染を原因とする細菌感染症感染症法における四類感染症である。

原因[編集]

リケッチアの一種であるRickettsia prowazaekiiの感染を原因とする。コロモジラミPediculus humanus)またはアタマジラミにより媒介されることが多い。自然感染したムササビが発見されたため、人獣共通感染症の可能性が指摘されている。

疫学[編集]

人口密集地域、不衛生な地域に見られ、衣服に付くシラミやダニが媒介することから、冬期、または寒冷地で流行が見られる。特に戦争・飢饉・牢獄・収容所などに好発し、「戦争熱」・「飢饉熱」などの別称がある。例えば、1812年のナポレオンのロシア遠征などである。第一次世界大戦のロシアでは3000万人が罹患し、10%が死亡した。またナチス・ドイツのユダヤ人強制収容所でも発生し、大きな被害を出したが、これには、アウシュヴィッツをはじめとする収容所が存在したポーランドが、歴史的に、発疹チフスの発生を繰り返して来た土地であった事にも注目する必要がある。『アンネの日記』のアンネ・フランクも、アウシュヴィッツ第二収容所からベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送された後、発疹チフスによって死亡したとされている。

日本では第二次世界大戦中から戦後にかけて流行したが、1955年以降報告されていない。20世紀初頭にはそのほか世界各地でもみられたが、現在ではアフリカ、南米の高地といった寒冷地を中心に発生する。

症状[編集]

潜伏期は1から2週間。発熱頭痛悪寒、手足の疼痛などで突発し、高熱、全身に広がる発疹が特徴的症状である。皮疹は体幹の斑状の紅斑や丘疹からはじまり次第に手足に広ってゆく。手掌、足蹠をおかさないとされる。重症例では点状出血様になる。頭痛・精神錯乱などの脳症状が強いのも特徴である。致死率は年齢により異なり、20歳まででは5%以下であるのに対して、加齢に伴い増加し、60歳以上では100%近くなる。発疹チフスの初感染から回復したヒトに発生する再発型リケッチア症があり、これはブリル病と呼ばれる。

診断[編集]

寒天培地に代表される、培地を用いた培養は成功しない。培養細胞を用いたRickettsia prowazekiiの増殖・培養は設備があれば容易である。血清学的には蛍光抗体法などによって診断され、スタンダードである。また遺伝子工学的にはポリメラーゼ連鎖反応によって診断可能であり、感度特異度・診断までのスピードのどれをとってももっとも優れているが、コンタミネーションに気をつける必要がある。世界的に見ると、本症の流行地においてはこのような高価な最先端の方法は行いづらいという問題がある。

治療[編集]

感受性のある抗生物質が有効である。

予防[編集]

予防は、衣服や寝具なども含め身体を清潔にし、シラミを少なくすることが有効である。流行中の地域では、ドキシサイクリンまたはクロラムフェニコールによる予防効果が示されている。

出典[編集]

  1. ^ Rapini, Ronald P.; Bolognia, Jean L.; Jorizzo, Joseph L. (2007). Dermatology: 2-Volume Set. St. Louis: Mosby. pp. 1130. ISBN 1-4160-2999-0. 
  2. ^ Diseases P-T at sedgleymanor.com”. 2007年7月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 感染症の話 発疹チフス 国立感染症研究所感染症情報センター 2001年第50週(12月10日~12月16日)掲載
  • 高島郁夫、熊谷進編 『獣医公衆衛生学第3版』 文永堂出版 2004年 ISBN 4830031980
  • 山西弘一監修、『標準微生物学 第9版』、医学書院、2006年、ISBN 4260104535

関連項目[編集]

外部リンク[編集]